2011年12月22日

ミタさんの微笑〜家政婦のミタ最終回〜

主人公が果たして笑うのか?
ただそれだけのことに、まさに国民的な注目が集まったといえる数字が出た。
視聴率は関東地区で平均40・0%。他地域でも軒並み35%前後を記録している。
視聴率だけでいえば、スポーツイベントや大ニュースでしか出ない数字のレベルである。

すでに「家政婦のミタ」については11月に取り上げていた。
http://blog.livedoor.jp/ktu2003/archives/51924376.html
この時点では、松嶋菜々子ふんする家政婦・三田の強烈なキャラクターがみどころ、と書いておいた。
しかし実は、三田は幼いころに父の事故死について実母に恨まれ、そして弟にストーカーされたことが原因で、夫と息子を失ってしまった、悲しい過去を背負った人物だった。その告白をした8話で視聴率は急上昇し、その勢いは最後まで衰えなかった。

最終回。母親になるよう子供たちに求められた三田は、それを承知するが、態度を豹変させて厳しく子供たちに接するようになる。戸惑う子供たちは、それまでうざがっていた叔母・うららに助けを求める。そして三田は、子供たちにうららと自分のどっちをとるかを迫った。あえて自分が悪役となることで、うららを選ばせようとしたのである。その真意に気付いたうららに対し、三田は7度のビンタを食らわせながら、あなたは考えていることは正しいが、伝え方が間違っている、と諭す。

三田と阿須田家が別れる前夜。ついに「業務命令」で、三田が笑うことを承知する。満面の笑みではなくて、優しい、すこしぎこちない微笑だった。このときの松嶋菜々子の表情は圧巻だった。このシーン、セリフは出演者に考えてもらったらしいとかで、事実上アドリブで展開されていた。演技を超える瞬間である。
そして翌日、末っ子の希衣ちゃんに「わたくしはキイさんのことがだいすきです」と書いた折り紙を渡し、去っていく。ラストは別の家に家政婦としてやってくるところで。

いい最終回だったと思う。笑う、といっても完全に吹っ切れたわけではなく、少し前向きになれた程度。でも笑うことを拒絶し続けたところからすれば、ずいぶんな進歩だ。

母親を自殺で亡くした家庭と、家族を殺された女性の物語。考えてみれば、悲しい悲しいお話なのに、ギャグシーンもかなりあって、三田の強烈なキャラもあって、決して暗くはならなかった。そして、大切な人を亡くしてしまった人々の物語が、2011年のこの時にヒットするというのは説明がついてしまうのかも。三田に笑ってほしかったのは、ドラマの中の人だけではなくて、多くの日本の人々の気持ちでもあったと思いたい。
製作サイドも、当然震災を意識していたようだ。三田の境遇は、多くの傷ついた人々と重なり合った。ただ、人とふれあう中で、お互いの空洞を埋め合わせることはできないけれど、少しだけなら前に進むことができる。それが、あの微笑という表現にこめられたメッセージではあるまいか。

反原発ソングで話題をさらった斉藤和義の主題歌もよかった。それもなんか2011年と結びついてしまう。

視聴率40%は1977年以降の全ドラマ(NHKのぞく)で歴代3位だという。語り継がれる、歴史に残るドラマになった。




ktu2003 at 22:54コメント(0)トラックバック(4)テレビ  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 「家政婦のミタ」第11話〜最終回視聴率40%!! 三田がうららにビンタ7発!!  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2011年12月23日 14:13
「家政婦のミタ」第11話 04年からフジが7年連続で「視聴率3冠王」を記録しているなか、今年は日本テレビとフジテレビの視聴率対決が拮抗していて、日テレは『家政婦のミタ』でフジを引き離したいから、なおも番宣をかけて最終回の視聴率を稼ぎたかった様子。 30%
2. 『家政婦のミタ』最終話  [ ニセモノのくせに生意気だ ]   2011年12月23日 14:29
これまで1度もまともに観たこと無かったけど、ちょっとだけ気になってた「家政婦のミタ」。 もちろん元ネタである市川悦子主演の「家政婦は見た」シリーズは把握しています。 日テレが大プッシュした...
3. 家政婦のミタ  [ AKIRAのドラマノート ]   2011年12月24日 10:31
最終回の感想
4. 《家政婦のミタ》#最終回  [ まぁ、お茶でも ]   2011年12月30日 20:54
父、恵一が戻り、子供たちは、三田さんが、「お母さん」を快諾した事を報告した。 早くお父さんもプロポーズしてとせっついた。 三田さんが、買い物から戻り、恵一は恐る恐る聞いた。 「本当にこの子たちの母親になって くれるのですか?」 「私でよろしければ。」

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ