2012年11月05日

3大学の新設不認可で・・・

田中真紀子文部科学相が大学新設の申請があった3件を不認可とした問題で、不認可とされた秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大(愛知県)は3日、3大学が連携して田中文科相に不認可の撤回を求めていく方針を確認した。(朝日新聞)

やはり、彼女が大臣になるとただでは済まないことが起こるようである。
はじめは、低姿勢に終始していて「気味が悪い」と官僚側が言うほどであった。

この問題に対しては賛否両論がある。いわく、大学は作りすぎなのだから新設など認めなくてもよい。一方で、審議会が答申で認めたものを今ひっくり返すのは社会的影響を考えるとよろしくない、と。

当事者となった大学からしてみれば、自分たちの計画に問題があるならともかくも、一般的な政策判断で不許可というのは納得がいかない、というのは当然であろう。すでに施設面をはじめ準備も整えており、志望している高校生や編入を検討している学生もいた。こうした関係者に対して、どう対応するのかは、決断した以上大臣には責任が生じる。一旦作った大学を倒産させるよりは、新設に歯止めをかけようという発想は、間違っていないだろう。ただそこを社会的影響と勘案しながら、調整していくのが政治家のつとめである。

大臣が指摘したように、なぜ少子化の中で大学が増え続けたのか、という問題はある。まもなく解散命令が出される見通しとなった堀越学園(創造学園大など)は、教員に給料を払うこともできなくなっている。在籍している学生の今後も心配だ。これ以外にも、近年募集を停止した大学・短大は結構な数に上っていて、大学経営が今後も苦しくなっていくであろうことは間違いない。こうした大学も、一応設置基準は満たして設立されたはずである。

とすると、大臣が指摘した、設置基準や審議会の議論そのものに問題があるというのもまた一理あるだろう。新設以外にも、大学院の併設や新たな学部・学科の設置などがどんどん行われているが、学生が果たして確保できるのだろうか?という素朴な疑問はわいてくる。

大学は少なくしたほうが質は上がる、というエリート主義に与するつもりはないが、学校は企業と違ってそう簡単につぶしていいものではない。作ることを慎重にする政策転換は、必要だろう。





ktu2003 at 19:18コメント(0)トラックバック(2)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 田中真紀子文科相、大学の新設答申を卓袱台返し!  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2012年11月06日 16:12
田中真紀子文部科学相が、『大学設置・学校法人審議会』が来春の開学認可を答申していた秋田公立美術大、札幌保健医療大、岡崎女子大の設置を不認可とする政治的な卓袱台返し!!! 『認可ありき』の大学設置許認可制度のあり方は是正すべきだというのは正論だとしても、
2. 万里の長城遭難:日本人死者3人に  大学新設不認可:田中文科相、方針変えず  [ 自分なりの判断のご紹介 ]   2012年11月06日 17:32
今日は日本は冷たい 雨でとても寒い。 現地は大雪で零下 20度にもなって いたというんです から想像を絶し ますね。 やはり、行方不明の 方もお亡くなりに なっていました。 万里の長城遭難...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ