2013年01月15日

映画監督の大島渚氏が死去

「愛のコリーダ」「日本の夜と霧」「戦場のメリークリスマス」をはじめ、日本映画史に残る問題作の数々を撮り、国際的に高い評価を得た映画監督の大島渚(おおしま・なぎさ)さんが、15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。80歳だった。(朝日新聞)

今年もまた多くの訃報を伝えることになってしまうのだろうか・・・・。

京都が生んだ鬼才である。京大卒業後に松竹に入社。映画産業がピークを迎えていたころに監督生活をスタートさせている。戦闘的な作品は、それが出来上がったことがある種の事件性を帯びていた。
1960年「日本の夜と霧」で学生運動を描き、松竹が上映中止としたことに抗議して独立。テレビの世界にも活動を広げた。その時期に、63年の「忘れられた皇軍」がある。在日韓国人傷痍軍人会を扱った。在日問題では、死刑囚を扱った68年の「絞死刑」がある。

そして76年、阿部定事件を扱った「愛のコリーダ」は激しい性描写で大きな話題を呼んだ。日本では修正が入ってオリジナルを現在まで観られないという。しかし海外ではその後評価を高めていき、むしろ海外で有名な映画監督となった。「戦場のメリークリスマス」で俳優・ビートたけしを見出し、坂本龍一を起用した。「御法度」で新人・松田龍平を起用してその魅力を引き出した。その作品も、登場する役者も注目された。

80年代からはテレビコメンテーターとしても活躍。「朝まで生テレビ」「TVタックル」「ボキャブラ天国」などに出演し、歯に衣着せず、暴言をいとわないキャラクターで強い印象を残した。

近年は脳出血の後遺症と闘っており、公の場に出ることは少なくなっていた。

テレビで見せる激情と暴言、一方で非常に社会性・芸術性の高い映画を撮るその鬼才ぶりが、印象に残る。元気だったらきっと今の状況をふまえた映画を何本も撮り、怒りまくっていることだろう。

ktu2003 at 23:22コメント(0)トラックバック(5)訃報  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 【追悼】大島渚さん  [  FUKUHIROのブログ・其の参 ]   2013年01月17日 01:07
訃報:大島渚さん80歳=映画監督 映画監督の大島渚さんが亡くなった。80歳。 大島渚さんは、岡山県玉野市生まれの京都市育ち。 1954年、京都大学を卒業後、松竹に入社。19 59年に『愛と希望の街』で監督デビュー。その後、 『青春残酷物語』、『太陽の墓場』...
2. 追悼大島渚  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2013年01月17日 20:13
YouTube: Nagisa Ōshima 大島渚 大島渚の死については、いろ
3. 大島渚さん 逝去!  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2013年01月18日 09:24
大島渚さん死去=映画監督、タブーに挑み続け―「戦場のメリークリスマス」など(時事通信) - goo ニュース 世界的な映画監督で知られた大島渚氏が15日肺炎で逝去されたそうです。 80歳だそうです。死因は肺炎だそうですから体力低下での志望だったのでしょう。 浜爺...
4. 大島渚さん  [ 落ちこぼれのつぶやき ]   2013年01月18日 22:24
「戦場のメリークリスマス」の大島渚監督が死去(読売新聞) - goo ニュース 亡くなられたのですね。心よりご冥福をお祈りします。 以前から病気をしておられたのてすよね。少し回復されたのかと思っていたのですが残念ですね。 ps 身体が健康でないとやりたいことをやり...
5. 大島渚とニッポンの社長  [ どーか誰にも見つかりませんようにブログ ]   2013年01月19日 10:19
映画監督の大島渚さんが逝去。といっても、監督作品としては「戦場のメリークリスマス」と「忍者武芸帳」しか視てない。ですが、この「忍者武芸帳」という映画については、触れて ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ