2013年03月03日

八重の桜第9回

京都と会津。2つの舞台での物語が続く。

京都政局は一つの転換点を迎えた。会津と薩摩が手を組み、8月18日の政変で長州藩は追い落とされる。覚馬は門の警備で活躍し、洋学所の開設も許可される。容保も天皇の覚えめでたく。

一方、会津では相変わらず平穏な日々が続くが、容保の姉、照姫が帰国し、祐筆を選出することになって、八重が有力候補として浮上。しかし選ばれたのは、友人の高木時尾だった。自分が身を立てられるかもしれないと思った八重はがっかり。だが、尚之助の「八重さんの代わりはいない」との言葉に大感激。

今回は政変が起こったという意味では政治的に重要な回だったが、八重個人の話がようやく展開した。冒頭では子供に銃を教えるシーンが登場。隣家の伊東悌次郎と、時尾の弟、盛之輔。いずれも会津戦争を戦い、伊東は白虎隊士として死ぬ。
尚之助と八重の関係が進展していることが、本をめぐってじゃれ合うシーンや、最後のシーンから描かれた。これまでの回ではこの二人の関係ははっきり描かれなかったので、少し唐突な感じもしたが、時がその間に流れている。

次回予告では八重の縁談の話が出てくるようだ。八重も数えで20歳を迎える1864年。ようやく主人公の物語が動き始めた。

ktu2003 at 22:46コメント(0)トラックバック(2)テレビ  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『八重の桜』第9回「八月の動乱」★容保(綾野剛)、宸翰・御製に感涙  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2013年03月04日 13:31
『八重の桜』第9回「八月の動乱」 秋月悌次郎(北村有起哉)のもとを訪ねた覚馬(西島秀俊)が洋学所設置を語ったうえで「誰もが学び、世界を見る目を養ってこそ、10年後、100年後、この国はもっとよくなる。」 日本を発展させたい前向きな心意気が伝わってきます。 『教
2. 八重の桜〜第九話「八月の動乱」  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2013年03月04日 19:13
第八話「ままならぬ思い」はこちら。 前回の視聴率は15.6%。おや、またフィギュ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ