2013年03月18日

日本1−3プエルトリコ〜痛恨、だが〜

どんなチームでも、勝ち続けることなどできない。
とはいえ、それを期待させるところまではもってきた。WBCでは未知の相手である、中米・プエルトリコ。

先発は満を持して前田。しかし立ち上がりに連続四球を出し、タイムリーを打たれてしまう。その後も毎回のようにヒットを打たれるが、何とか踏ん張り5回を1失点にまとめた。これは十分だろう。
しかし打線が機能しない。低めにボールを集められ、ランナーが出ても返すことができなかった。

7回には能見が2ランを打たれた。6回からの登板だったが、ボールがやや高めに来ていた。このWBC、能見は投手最年長としてのぞんだが、残念ながら結果を残すことができなかった。シーズンに尾を引かねば、と思うが。

そこからは両軍必死の継投とベンチワーク。8回に、ついにチャンスがきた。鳥谷の3塁打、そして井端のライト前タイムリー。今大会もっとも活躍した2人が、またも突破口を開いた。内川も続いて、反撃ムードが高まった。そして打者阿部のとき、痛恨のミスが起きた。内川がスタートしたが、2塁にいた井端はスタートを切らず。おそらくはサインミスと思われるが、内川がアウトになってしまう。これでほぼ万事休すになった。

(修正)ダブルスチールのサインが「いってもいい」という形で出たという。井端のスタートが遅れたのだそうだが、そういう指示はさすがに選手にとって酷だろう。判断が両者一致するとは限らない。スチールのサイン自体もセオリーではないが、打開策として許容するにしても。行くなら行くとはっきりするべきだった。メジャー屈指の捕手を相手にしていることからすると、理解に苦しむが。

プエルトリコはミスも出ていたが、投手はボールを低めに集め、打者はシュアなバッティングに徹していた。やはりトーナメントを勝ち上がるのに何が必要か、きちんと学んでいるといえよう。

今大会の日本、苦しい戦いが続いたが、前の稿でも書いたようによく準決勝までもってきたと思う。ムードはよかった。現役メジャーが一人もいないということを考えれば、私は十分な戦いをしたと評価していいと思っている。ただ、ミスで負けてしまったことは選手たちにとって悔いが残るだろう。

過去2大会はメジャーリーガーがいた。卓越したイチローというプレイヤーもいた。日本の選手のレベルの高さを示したが、今大会は日本プロ野球のレベルの高さを示したということができる。国内組だけでもこれだけできるという。ただ、新たな目標もできた。初めて中米、アメリカ以外のチームと当たり、敗れた。次回以降、組み合わせがどういうふうに決まるかわからないから、序盤からメジャーリーガーを多数そろえる中南米勢と当たることが考えられる。

王座を奪還することは難しい。毎回言っていることだが、次回以降は監督の人選から、チームの編成から、もっときっちりやって、長期的に代表チームをつくることを考えてほしい。欧州勢も強くなってきており、ブラジルの勃興や台湾の復活をみても、このままでは次は上位にいけない。

選手の育成ということで考えると、豊富な投手陣に比べ、どうしても打線が見劣りする。とくに今回は長打を期待できる打者が中田しかいなかった。長距離砲が大勢とはいわずとも、何人かはほしいし、足の速い選手ももっと必要だ。

10日もしないうちにシーズンが待っている。選手たちは高いレベルの試合を経験した。その経験を持ち帰ってチームに伝え、日本の野球を盛り上げてほしい。

http://grouch.flexpromotion.com/trackback.php?UID=1363613400

ktu2003 at 14:14コメント(2)トラックバック(13)プロ野球  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. WBC 侍ジャパンvsプエルトリコ「マエケン忍耐投」も3連覇ならず  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2013年03月18日 15:27
日本1‐3プエルトリコ 2013年3月18日 WBC準決勝 米サンフランシスコAT&Tパーク 過去2大会の優勝監督である王さんと原監督が始球式。 甲子園優勝投手の王さんは、さすがに柔らかい球筋。 −◆− 先発マエケン。 絶妙のコースに投じるも、主審がボールの判
2. <WBC準決勝>日本はプエルトリコに敗れ3連覇ならず  [ つらつら日暮らし ]   2013年03月18日 15:42
やはり、日本一未経験監督の弱さが・・・
18日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)準決勝日本対プエルトリコ戦がAT&Tパークで行われ、1対3で日本はプエルトリコの投手陣を攻略できず準決勝で敗退した。試合 ...
4. 〓2013WBC-007〓  [ 〓虎とウサギがいた部屋〓 ]   2013年03月18日 21:21
episode3068・2323day weight ----kg・percent of body fat ---- 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC POOL-1 San Francisco Round Semifinals Game1 1 - 3 PUR : 東京ドーム・18:00開始・試合時間3:27・観衆33683人 侍ジャパン 7試合 5勝 2敗 勝  S  負 前
5. 残念無念、侍ジャパンはWBC3連覇を逃す!  [ ポケモン的なるブログ ]   2013年03月18日 22:16
一二三四五六七八九計HEPuerto Rico100000200390Japan000000010161 侍ジャパンはプエルトリコに敗れてWBC3連覇はなりませんでした。誠に残念です。 でも、準決勝に進出し、米国でのゲームを戦い抜き、堂々の試合でした。立派な成績です。胸を張って帰国して欲しいと思います
6. 【WBC】侍ジャパン、3連覇の夢消える  [  FUKUHIROのブログ・其の参 ]   2013年03月18日 22:21
(アメリカ・サンフランシスコ) プエルトリコ100 000 200=3 日    本000 000 010=1 <投手> (プ)サンティアゴ−デラトーレ−セデーニョ−フォンタネス−    ロメロ−カブレラ (日)前田健〔広島〕−能見〔阪神〕−攝津〔ソフトバンク
7. PRに負ける  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2013年03月18日 23:14
ダルビッシュの偽者発見試合開始1時間半前から放送する頭のおかしなTBSで中継されたWBC準決勝侍ジャパン対プエルトリコ日本の先発のマエケンは、初回に2者連続フォアボール...
8. PRに負ける  [ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 ]   2013年03月18日 23:15
ダルビッシュ の偽者発見試合開始1時間半前から放送する頭のおかしなTBSで中継さ
9. 日本 1−3 プエルトリコ@AT&T  [ KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中) ]   2013年03月19日 00:02
 というわけで、WBCも準決勝。  準決勝の舞台は、サンフランシスコのAT&Tパーク。 ○第3回WBC準決勝 日本(プール11位)vsプエルトリコ(プール22位) 2 ...
10. [WBC]負けちゃいましたね  [ BBRの雑記帳 ]   2013年03月19日 09:11
まあ、そう簡単に勝ち続けられる相手が並んでいる訳ではありませんし、特に勝手の違う
11. 〓2013WBC-007〓  [ 〓虎とウサギがいた部屋〓 ]   2013年03月19日 19:55
episode3068・2323day weight ----kg・percent of body fat ---- 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC San Francisco Round Semifinals Game1 1 - 3 PUR : 東京ドーム・18:00開始・試合時間3:27・観衆33683人 侍ジャパン 7試合 5勝 2敗 勝  S  負 前田健 2
12. 侍JAPAN終幕。準決勝でプエルトリコに敗れ3連覇ならず。  [ 日刊魔胃蹴 ]   2013年03月19日 22:38
野球世界一決定戦「2013ワールドベースボールクラシック」は、いよいよ準決勝に突入。3大会連続ベスト4進出、東京ラウンドを1位通過を果たし、決勝ラウンドの決戦の地アメリカ・サンフランシスコに乗り込んだ侍JAPAN。日本時間18日に行われた準決勝は、プエルトリコ...
13. 侍ジャパン準決勝で敗れる  [ KOHの四方山話でもしようか? ]   2013年03月20日 16:35
第3回ワールドベースボールクラシック(WBC)準決勝。 日本はプエルトリコと対戦

コメント一覧

1. Posted by はじめ   2013年03月18日 22:07
たぶん重盗は、二塁走者の動きに合わせて、一塁走者が判断するという原則だったのでしょうね。出ている走者の判断に委ねること自体はあるかなと。

井端がフェイク気味(テスト?遅れた?)のスタートだったのを、内川が本気のスタートと思いこみ、下を向いて走った(これがまずかった)。
もっとも、おっしゃるように二人共走ったところで、難しかったと思います。

ストライクゾーンの不安定もあるだろうが、日本の打者は外の変化球に安易に手を出しすぎていたような。

マエケンは、ボールの出し入れにやや苦しみながらも、要所でフィールディングでしのいだのはさすが。相変わらずあの投手にはホレボレしてしまう。

何回だったか、井端がタイムをかけたが間に合わずストライクをとられる場面があった。ああした間の取り方は、日本のプロ野球でも重視され続けたものだったはず。果たして落合監督ならどうだったか、なんて考えてしまいます。

松坂世代が退きはじめ、ハンカチ世代が台頭してきた。次回の大会は、彼らが中心になってくれることを期待したい。一軍定着にも苦しむハンカチ王子はこの大会をどのようにみていたのだろう。

2. Posted by 虎哲   2013年03月19日 09:11
ありがとうございます。
御見立の通りですね。低めをかなり打者が振ってましたから。

>松坂世代が退きはじめ、ハンカチ世代が台頭
今大会はスター・中心選手がいなかったですよね。次世代が4年間でどう育ってくるか、特に打者のスター選手がほしいところです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ