2013年04月01日

八重の桜第13回

さすがに今回は八重メインの回。いつ以来?もしかして初回以来か。

帰国した秋月が山本家を訪問し、覚馬の伝言を伝える。すなわち、縁談を撤回し、尚之助の他藩への移籍をすすめるものだった。佐久間象山の死を伝え、世に容れられなかった才能の例も出す。とにかく自分たちで考えて決めてほしい、とのこと。

尚之助は怒り、八重は動揺する。数日後、尚之助はプロポーズ。はじめは私も断ったが、新しい銃もでき、この腕ならどこででも生きていける、と。これに対し八重は「あなたを会津に縛り付けてはならない」と言うが、尚之助は「あなたとここで生きたい」と宣言し、八重もようやくOKすることになる。家族も喜ぶが、嫁入りといっても居候とのこと。家を出るわけでもない。そこで一計を案じたのが西郷頼母。仲人の秋月邸からの嫁入り行列とすることに。

一方、政局はどんどん進む。長州征討は直前で戦闘を回避。勝と出あった西郷隆盛が説かれて方針を転換。戦意満々だった会津はくじかれてしまう上に、慶喜からも小言を言われる。覚馬・梶原・山川大蔵といったあたりは、功績によって地位をアップさせた。梶原は妻にプレゼント、大蔵は八重の縁談を聞いていささか動揺、と平和ではあるが、覚馬は体の変調を感じる。

自分の想いよりも相手の将来を慮る八重と、八重への想いをストレートにぶつけてきた尚之助。今回はようやく、八重メインになって話がしっかりしたものになった。白無垢姿の顔をなかなか映さなかったのは演出。覚馬の目については、負傷説をとるのかと思いきや病説でいく模様。
次回は結婚式の描写と覚馬の病の描写ということで、幸せの絶頂と危機の到来の両方が描かれていく。

ktu2003 at 06:55コメント(0)トラックバック(6)テレビ  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 八重の桜〜第十三話「鉄砲と花嫁」  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2013年04月01日 07:16
第十二話「蛤御門の戦い」はこちら。 前回の視聴率は13.9%。いまひとつだなあ。
2. 『八重の桜』第13回「鉄砲と花嫁」★白無垢の八重(綾瀬はるか)さん綺麗  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2013年04月01日 11:36
『八重の桜』第13回「鉄砲と花嫁」 「池田屋事件」の責任をとらされて公用方を解任された秋月悌次郎(北村有起哉)が山本家を訪ね、角場で八重(綾瀬はるか)の鉄砲の腕に感心しきり・・・。 秋月「これを川崎殿が一人で作られたのか?」「これなら会津でなくとも高く腕
3. 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか  [ 新ドラマQ ]   2013年04月01日 14:01
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...
4. 八重の桜 第13回  [ 宴の痕 ]   2013年04月01日 23:05
長州にとどめを刺すべく息巻いていた会津藩だったが、長州攻めが中止になり会津藩は出鼻をくじかれる。 その影には西郷吉之助の存在があった。 一方会津では、尚之助に他藩移籍を ...
5. 『八重の桜』第13回  [ 悠雅的生活 ]   2013年04月01日 23:19
鉄砲と花嫁
6. 八重の桜 第13回「鉄砲と花嫁」  [ D☆エディション ]   2013年04月02日 00:37
長州攻めが西郷の和平交渉案により中止に。 会津藩の孤立化の始まり…。 八重の尚之助の結婚はそんなときになります。 後のことを考えると、一番幸せだった日々の思い出になるので ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ