2013年08月15日

終戦記念日〜迷いの結果〜

歴史認識が改めて問われている中での終戦記念日。

安倍首相は靖国へは行かず、玉ぐし料の奉納にとどめた。これは一応中韓へのサインだということだが、「参拝できないおわび」もしている。誰に対するおわびなのだろうか?また、戦没者追悼式では加害責任に言及しなかった。毎年のように歴代首相が言及してきたことを考えると、これもひとつのサインではあるが、所詮その程度しか「色」が出せなかったというわけである。

彼のスタンスは、かつての戦争に対して「謝罪」することへの反感があるのは明らかである。ただそれを自ら率先して表に出すことは、なかなかできなくなっている。中韓もそうだが、アメリカの反発もあるからである。橋下「慰安婦発言」が維新失速を招いたことも目にしている。

中韓も必要以上に反発しないようにしつつ、以前はあまり問題視していなかった閣僚やその他政治家の参拝にも、反発を示すようになっている。「右傾化」への懸念が高まっていることの現れだろう。そして、いまだに首脳会談も行われないなど、関係が冷却したままなのも背景にある。

安倍政権は経済政策優先で支持率を維持し、選挙にも勝利したが、憲法改正や集団的自衛権の容認、歴史認識と外交問題についてはそう簡単ではない。かつてより全体的に世論が右傾化の傾向を強めているとはいえ、消費税増税を控えているという事情もあって、まずは経済を回復軌道に乗せることが優先なのは、実は選挙後も変わっていない。

この夏、戦争を題材にした映画も次々公開され、また戦争に関連する各種の企画も例年になく多い印象がある。対外的な緊張が高まっていることは社会的に明らかである。平和が望ましいのは当然だが、どのようにそれを維持するかをめぐって、方法論をかつてなく真剣に考えるべき時が来ている。潜在的に、そういう認識が広がってきているのだろう。

もちろん近隣諸国とは、イデオロギーや領土をめぐって問題がある。ただ私が考えるのは、少なくとも歴史認識に関していえば、あの第二次大戦を何等かの形で誇りうる面があるとは、思えないということなのである。外交面からみても、軍事的な面からみても、社会状況を考えても、当時の日本はさまざまな間違いを犯していた。それは間違いなのだ、という前提で戦後社会を作り、そして豊かで平和な社会を築くことができた。この戦前・戦後史認識を否定してこれから進んでいくことは、むしろ危険である。

これからどうするか、についてはいろんな考え方があろう。現実にミサイルを飛ばす国がある。軍事力を強化している国がある。アメリカはまたどこかで戦争をするかもしれない。その中で厳しい対応を迫られる時が来るかもしれない。そうした判断の支えになるのは、まずは過去へのきちんとした向き合いだろう。戦争というものが甘くない事態だとまず前提として知っておく。それは、結果的に戦争という選択をせざるを得ないとしても、ある種の覚悟を決めることにつながる。

今の政治家の相次ぐ失言などを聞いていると、まともに歴史を踏まえていないことがよくわかる。こうした手合いが国の外交・防衛に携わっているから心配なのである。

ktu2003 at 20:24コメント(0)トラックバック(2)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

TBありがとう。いつも考えさせられる問題です。
頑張ろう、東日本&ニッポン!今年は、さらなる前進を。o(^-^)o  よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m 人気ブログランキングへ 今日8月15日は、終戦記念日だ。(**)  戦争が終わって、68年。日

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ