2013年10月31日

山本太郎議員、「直訴」

 山本太郎参院議員(無所属)は31日、東京の赤坂御苑で同日に開かれた秋の園遊会で、天皇陛下に手紙を手渡したことを明らかにした。「原発事故での子どもたちの被曝(ひばく)や事故収束作業員の劣悪な労働環境の現状を知ってほしかった」と記者団に説明した。(朝日新聞)

この方法に、眉をひそめる人もたくさんいるのだろう。現在の天皇は政治的権能を持たない。山本議員が個人の立場としての行動であるとしても、国会議員が何らかの政治的意見を直接天皇に対して表明するのは、「天皇の政治利用」と言われても仕方ない。公の場で、公人が公人に手紙を渡すということが、適切な社会的マナーかどうかといえば、否だろう。

ただ、常識的に考えればそうなのだけれども、無所属の、市民運動から出てきた一参院議員が政治的にアピールするには、常識的なことをやっていても力はほとんどない。だからこういう手段に出てたたかれることも、あるいは覚悟の上なのだろうし、また罰する法律もない。

現実の天皇が政治的権能を持たない以上、これで何かが動くという実質的な意味はほとんどない。ただ私が期待しているのは、現天皇・皇后夫妻は、社会的弱者や被災者の状況に対して、少なくとも意識的ではある。こういう事態が起きる意味は何かということを、感じ取ってくれる君主だ、と私は思っている。

今、福島で、日本で起きていることが異常なのである。だから、こんなことぐらい起こっても何の不思議もない。そして以前どこかの稿で書いたように、山本議員は特殊であるにしても、著名人がより政治的・社会的意見を述べるようになっていくであろう、とした見解を変えるつもりもない。

ktu2003 at 19:12コメント(0)トラックバック(9)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 山本太郎氏の「天皇直訴」に思うこと・・・  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2013年11月01日 10:06
10月31日に行われた園遊会で山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を渡した『直訴事件』 「原発事故の収束にあたる労働者が劣悪な環境で作業している現状を知ってほしかった」のだそうな。 −◆− 山本太郎氏曰く「常識的には失礼に当たるかもしれないと思ったが、禁じられ
山本太郎参議院議員が秋の園遊会で 天皇陛下に対して福島第一原子力発電所の現状を認めた手紙を出したということを 「『皇室の政治利用』という点においてけしからん」というのであれば、 皇室関係者を担ぎだして東京オリンピック・パラリンピックの招致のスピーチをさせ
3. 山本太郎 園遊会で 陛下に手紙!!  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2013年11月01日 19:15
陛下への手紙について、山本太郎氏「原発労働者の劣悪環境知ってほしかった」(産経新聞) - goo ニュース 昨日31日山本太郎参院議員が同日行われた秋の園遊会で「天皇陛下に手紙を手渡し」したそうです。 山本議員の言葉によれば「原発事故の収束労働者の悲惨な現状を知...
4. 山本太郎議員に自発的辞職求める  天皇の政治利用は主権回復式典出席などで今回は違う  [ 自分なりの判断のご紹介:ミラー ]   2013年11月02日 19:35
なにか、ある議員の行動について国会が喧しいですね。果てはこんな意見まで。山本太郎議員に自発的辞職求める 世耕官房副長官世耕弘成官房副長官は2日の読売テレビの番組で、山 ...
 どの会派にも所属せず、独立独歩だからってんで、山本太郎叩きはますますエスカレー
6. 山本太郎議員の天皇陛下への手紙  [ 飯大蔵の言いたい事 ]   2013年11月02日 20:53
 山本太郎議員が天皇陛下に渡した手紙は、その場ではすぐに侍従長に渡された。その手紙は天皇陛下に読まれたのだろうか?そんなことも知りたい。  また山本太郎議員は天皇陛下に何かを喋っていた。天皇陛下の応答も含めてどういうやり取りだったのか、そんなことも知りた
7. 天皇陛下に手紙、山本議員にバッシングの嵐で窮地に  [ kintyre's Diary 新館 ]   2013年11月03日 11:06
山本参院議員が園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した行為に対して、閣僚や与野党から「議員辞職ものだ」(下村博文文部科学相)との批判や厳しい対応を求める声が相次いだ。下村氏は記者会見で「(山本氏の行為を認めれば)行事で天皇陛下に手紙を渡すことを認めることになる...
8. 喜望峰:ロシア、シリアと、アメリカ覇権の衰え  [ マスコミに載らない海外記事 ]   2013年11月05日 01:06
2013年11月2日イズラエル・シャミールによるゲスト・コラムアメリカ覇権よ、さらば私が長く尊敬しているイスラエル人ライター、イズラエル・シャミールが、コラムを書いてくれたおかげ、私があえて書くまでもなくなった。読者の皆様方にも、我々二人の考え方の類似をご理解頂
ご意見を読んで私の考えも少し変わりました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ