2015年09月26日

中日、山本昌が引退表明

プロ野球の最年長勝利記録を持つ中日・山本昌(本名、山本昌広)投手(50)が26日、今季限りで引退する意向を明らかにした。49歳11カ月の8月9日に今季初登板、初先発を果たしたが、利き手である左手人さし指を負傷。回復が思わしくなく、以後の1軍登板はなかった。(朝日新聞)

ついにその時がやってきた。
80年代の現役選手がまだプレーしているというのは驚異的だ。水島新司の漫画に登場するキャラクター、岩田鉄五郎は48歳になっても現役でプレーしていて、よれよれのボールを投げているという設定だった。現実に、その年齢まで投げる選手が現れた。

プロ入り以来4年間は一度も勝てず、アメリカ留学を機に才能を開花。通算219勝を挙げた。昨年も9月に阪神を相手に勝利投手になっている。まだ阪神相手なら通用するだろう。速いボールはないが、スクリューボールを武器に、絶妙の投球術で息の長い現役生活を実現した。
今年も調整は順調だったが、キャンプで負傷。そして今季初登板でも指を負傷と、もはや体がついてこなかったのだろう。技術は衰えないが、体が衰えるのだ。

今年は、名選手が続々と引退表明している。中日においても、小笠原、和田、谷繁監督、朝倉と。そして川上もおそらく戦力外と言われている。そんな中で、自分だけが現役を続けるわけにもいかない、という心境になったのだろうと思う。

それにしても50歳にして現役というのはとにかくすごい。今後これを破る選手がはたしていつ出てくるのだろうか?トレーニングの進歩だけでは、なかなか難しい数字であろう。

ktu2003 at 19:33コメント(0)トラックバック(0)プロ野球  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ