2016年01月24日

大関琴奨菊、10年ぶり日本出身力士の優勝

大相撲初場所(東京・国技館)千秋楽の24日、大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が14勝1敗で初優勝を果たした。日本出身力士の優勝は、2006年初場所の大関栃東以来、ちょうど10年ぶりとなった。新入幕から66場所での優勝は、86場所だった旭天鵬に次ぐ歴代2位の記録。(朝日新聞)

まさか日本の国技とも言われている大相撲で、こんなに長く、日本人が優勝できない時代が続くとは思わなかった。横綱ならともかく、優勝は場所の展開次第というところがあるからだ。これも、琴奨菊を含む大関陣の弱さが原因である。また、モンゴル勢には仲間意識があり、部屋は違ってもそういう連帯感が感じられることもあった。

琴奨菊は、琴風を思わせるがぶり寄りが特徴の力士である。2011年に大関に昇進したが、けがが続いて2ケタ勝つこともまれであった。先場所も途中休場している。だが、先々場所あたりをみると、ようやく押しの威力が戻ってきたかという兆しはあった。

私生活で結婚できたことも大きいだろう。彼には一度挫折の経験がある。年齢的に、力士としてそう長い時間が残っているわけではない。引退後の部屋経営など考えると、独身はなかなかつらいところである。そういう安心もあったか。

今場所は3横綱を破るという堂々たる内容だった。とても持続性のある結果だとは思えないが・・・。だが他の大関も含め、大いに刺激になればいいと思う。

子細にみると、白鵬の力もさすがにピークを過ぎたかという印象は強い。そして、上位陣の年齢はほぼ同じくらい。若い照ノ富士はけがでまだ不安定であるし、若手もまだ上位をおびやかす気配がない。好調の嘉風もベテランである。モンゴル勢も、若い世代が育っているかというとそうでもない。いろんな力士にチャンスが出てきている現状ではないかと思う。

ktu2003 at 18:33コメント(1)トラックバック(2)スポーツ全般  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 琴奨菊の優勝と白鵬の無気力  [ 世事熟視〜コソダチP ]   2016年01月25日 15:34
日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たした大関・琴奨菊。 やったーー!! 今場所は15日通して素晴らしい相撲内容でした。 とにかく前へ前へ・・・。 凄い圧力!! スピードも素晴らしい。 −◆− 目の前で琴奨菊の優勝が決まった白鵬。 日馬富士と結びの
 今年の大相撲初場所、琴奨菊が優勝した。永い間、外人力士に優勝をさらわれていた大相撲、久し振りに日本人の力士が優勝した。  しかし、テレビや新聞で日本出身力士優勝と出 ...

コメント一覧

1. Posted by hontino   2016年01月26日 17:46
琴奨菊が横綱になることを期待したい

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ