2016年10月17日

新潟県知事選で原発慎重派勝利

東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が争点となった新潟県知事選は16日、投開票され、再稼働に慎重姿勢で、無所属新顔の医師の米山隆一氏(49)=共産、社民、自由推薦=が、同県長岡市の前市長の森民夫氏(67)=自民、公明推薦=ら無所属新顔3氏を破って初当選した。投票率は53・05%(前回43・95%)だった。(朝日新聞)

まだ原発への不安は大きいようだ。しかも、新潟の原発は東京電力である。事故を起こした当の会社が運営するわけだから、他社の原発ともまた違うだろう。
当初は与党推薦の森氏が勝利するとみられていた。長岡市長としての実績もあった。ところが米山氏が民進を離党して野党統一候補として立ち、原発再稼働の是非を争点とすると、猛烈に追い上げていった。連合の原発に対する立場があったので、民進は自主投票となったが、最終盤で蓮舫代表が応援に入った。勝てそうだという情報が入ったからだろう。それにしても、労組に配慮して原発政策を打ち出せないとは情けない。それでは自民党にとってかわることなど不可能である。

新潟は参院選でも野党連合の候補者が勝っている。この結果は、指摘されているように近い将来の解散・総選挙に不安をもたらすものだ。原発再稼働のスケジュールは大幅に狂うことになる。おそらく国は、再稼働しない場合の国民負担などを示していくのだろうが、それならば言いたい。福島原発の事故によって、日本国民はどれほどの損害を負ったのか。その事故処理にどれほどの負担をしているのか。そのことを抜きに、他の原発を安易に動かしていくことなど許されない。

40年以上を経過した古い原発が、原則廃炉、の方針が骨抜きになり、例外が次々に認められている。どのみち何百年も使えないものであり、廃炉すれば廃棄物の処理が何万年という単位で必要だ。余程の技術革新があって、まったく無害な原発というものでもできない限り、人類の危機につながるものだと思うのである。

ktu2003 at 18:36コメント(0)トラックバック(4)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 新潟知事選で政治に動きを  [ 反戦塾 ]   2016年10月17日 19:52
 前回、土曜日に書いた新潟県知事選は、昨日の投票で野党推薦の米山氏が勝った。当塾としては久々の朗報である。野党と言っても民進党は入っていない。共産・社民・生活改
2. 新潟県知事選の結果から先を読む 〜原発再稼働&解散総選挙〜  [ 51%の真実 ]   2016年10月17日 22:30
 10月16日に新潟県知事選の投開票が行われ、米山氏が当選した。  何となくこの結末は予測していたのだが、それが本当に実現して今夜は久しぶりにメシウマ・酒ウマな週末であった。新潟県民のみなさまには心から感謝したい。  さて新潟県知事選の感想だが、これだけ
3. 北日本は、自・公を選ばない  [ つぶやき古道(コミチ) ]   2016年10月18日 21:34
10月16日(日)に投開票された新潟県知事選は、有利と見られていた与党の自民・公明が推薦する『森民夫氏』を抑えて、野党の共産・自由(旧生活の党と山本太郎となかまたち)・社民・(※民進党)が推薦する『米山隆一氏』が初めての当選を果たしました。 この選挙結果を
4. 新潟知事選で 脱原発派候補圧勝  [ dendrodium ]   2016年10月19日 16:22
新潟知事選 脱原発、民意色濃く 争点化、与党に誤算 毎日新聞2016年10月17日 東京朝刊  与野党対決となった新潟県知事選は、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が主要争点とな ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ