2016年11月12日

映画「この世界の片隅に」

image[3]
















注目していた作品と、注目していた女優が、こんな形で出会うのは、そうそうあることではない。
いろんな思いがこみ上げてくる。

作品の内容については不安はなかった。漫画としてはすでに評価が確立している。それがアニメという手法でもって、どのように再現されるのか。そして主演を務めるのん。彼女を中心とする声優陣の演技。それが問題だった。

あらためてのあらすじ。
広島で生まれ育った浦野すず。ぼーっとしていると言われるが、やさしくて絵を描くのが得意。ある日、幼いころに出会った男性から申し込まれ、是非を考える間もなく、結婚。呉へとやってくる。時に18歳。ぼーっとしていたすずも、それなりに家事をこなし、家になじんでいく。世の中は戦時中で、物資不足。食料もなかなか手に入りずらい。そこを創意工夫で乗り切っていく。嫁ぎ先の家族はみな、やさしい。夫・周作は海軍で事務方に務め、普段は口数も少ないが、すずへの愛情は持っている。出戻りの義姉・径子の当たりは厳しいが、すずの雰囲気に拍子抜けして、だんだんなじんでくる。その娘、晴美とすずは仲良くなる。

呉は海軍の軍港。昭和20年に入って、激しい戦闘を含む空襲が街にやってくる。そしてすずや、その家族に大きなダメージを与えてしまう。それまでの苦しいながらもほのぼのした日常が、崩れ去っていった。失ったものは戻ってこない。ただ、それでも日々を生きていかねばならない。生き残った以上は。

前半はカットを多用し、どんどんエピソードが進んでいく。日常の細やかな描写、そして笑い。その中に戦時の世相は織り込まれていくが、物語の中心ではない。しかし随時表示される年月が、だんだん迫る破局を予感させる。再現される広島の風景、呉の風景。ああ、日本の1930年代、40年代はこうだったのだな、と追体験できるリアリティがある。

そして空襲の描写が非常にインパクトのある、説得力あるものだった。これは原作で表現しづらい部分であろう。飛行機の音、爆弾の降り注ぐ音、衝撃。呉は軍港であり、よく知られる大都市空襲ともまた一味違う。空襲であると同時に、海軍側も応戦するから戦闘でもあるのだ。その光景をみてすずは、絵に描くことを想像する。幼い晴美は兄から教わって軍艦に関する知識がある。そんな戦争や軍事への向き合い方があった。1945年のリアルが、そこにあるだろう。戦争が終わると、また日々を生き抜いていく。すずにとっては日常を生きていくのも人より大変なハンディを背負うことになったのだが。彼女は年齢でいうと2016年では91歳になる。まだ、すずのような体験をした人は生きているのだ。

原作が描かれたのは2007年〜09年。その2年後、日本では巨大な災厄があり、それは戦争になぞらえられた。またその前年には、すずのように、戦争で大きなハンディを背負った人物が漫画の世界で成功していく実話がブームを巻き起こした。そういえば彼も絵が好きだった。

主演ののんの声がどうはまるか。そこに不安があった。だがやはり、彼女はしっかり合わせてきた。彼女のイメージのままに、やさしく、そして時に力強く。2013年にムーブメントを起こした「あまちゃん」。多くの俳優がブレイクして活躍している、今考えてもものすごい作品だった。一人の力だけであろうはずがないとはいえ、そんな作品の主演を務めた実力は、並ではないのだ。そんな彼女が思わぬ2年間を過ごしたことは、この作品と直接関係ないとはいえ、どうしても心にひっかかってしまう。戦時中とは比べようもないけれど、現代には現代の悩みと苦しみがあり、理不尽な圧力がある。本作にはのんの今、そしてこれからの手がかりになるセリフが含まれる。「居場所はなくなりゃせん」「この世界の片隅にうちを見つけてくれてありがとう」

評価を高めて、興行的にも成功すること。それによって、のんという女優の今後が決まってくる。彼女の戦いは続いているが、この作品が大きな武器になることを、切に願う。




ktu2003 at 14:50コメント(0)書評・映画評  

トラックバック一覧

1. この世界の片隅に〜大きな物語への嫌悪  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2016年11月15日 18:52
公式サイト。「夕凪の街 桜の国(2007)」の漫画原作と同じこうの史代原作、アニメーション制作:MAPPA、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督。(声)のん=能年玲奈、細谷佳正、 ...
2. この世界の片隅に  [ Old Dancer's BLOG ]   2016年11月15日 19:52
見終わりました。 号泣?してませんよ。 ただ、もう映画の後半から、ただただ、ずうっと…涙が止まらんだけです。 涙が…ううう…。 だばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだばだば(結局それかい!!) ああ…
「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉 ...
4. この世界の片隅に  [ Akira's VOICE ]   2016年11月16日 12:00
今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!  
5. 『この世界の片隅に』ウチを見つけてくれてありがとう  [ 映画のブログ ]   2016年11月17日 00:12
 映画がはじまる。能年玲奈さんの声が聞こえる。  その瞬間、『この世界の片隅に』の素晴らしさに驚いていた。  ゆっくりとした、温もりのあるモノローグは、『まんが日本昔ばなし』の語りのようだった。  これは凄いことだ。まだはじまって数秒しか経たないのに、
6. 『この世界の片隅に』  [ こねたみっくす ]   2016年11月17日 09:33
ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて。 これは万の言葉を用いても表現することの出来ない、今年の、いや日本映画界における屈指の稀有な傑作。見終わると他の映画 ...
7. この世界の片隅に  監督/片渕 須直  [ 西京極 紫の館 ]   2016年11月27日 22:01
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてば...
8. 映画「この世界の片隅に」  [ FREE TIME ]   2016年11月27日 23:26
映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。
9. この世界の片隅に  [ にきログ ]   2016年12月03日 21:26
さて、こちら評価が高かった映画で見てみたかった作品です 原作者は「夕凪の街 桜の国」は漫画を読んだことがあります こちらは原作未読で戦争ものぐらいの認識で見ました なるほどこういう作品だったんですね あらすじ 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことの
10. この世界の片隅に★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年12月07日 19:05
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した、「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られるこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに...
11. 「この世界の片隅に」 (2016 東京テアトル)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2017年01月08日 09:13
日本のアニメーションは世界一だと思う。その大きな要因はもちろん漫画、劇画の隆盛だ。アニメの原作となることが多いあのメディアは、もう子ども向けである役目をとっくに終え、大人の微妙な心情を描くうえで小説と(は違うアプローチだけれど)ほぼ同じ地点に来た。そん
12. 「この世界の片隅に」  [ 或る日の出来事 ]   2017年01月22日 16:32
すごく評判がいいようだけど…。
13. この世界の片隅に  [ 銀幕大帝α ]   2017年11月14日 12:46
IN THIS CORNER OF THE WORLD 2016年 日本 129分 ドラマ/戦争 劇場公開(2016/11/12) 監督: 片渕須直 脚本: 片渕須直 主題歌: コトリンゴ『悲しくてやりきれない』 声の出演: のん:北條(浦野)すず 細谷佳正:北條周作 稲葉菜月:黒村晴美 尾身美詞:黒村

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ