2016年12月03日

「この世界の片隅に」ヨコハマ映画祭で作品賞

ヨコハマ映画祭実行委員会は3日、来年2月5日に開催される「第38回ヨコハマ映画祭」に先駆け、2016年度の日本映画のベストテン及び各個人賞の選考結果を発表、審査員特別賞を受賞した女優ののん(23)がブログで喜びをコメントした(スポーツ報知)

今、日本の芸能界にかつてなかったことが起きているといっても過言ではない。

ヨコハマ映画祭は来年で38回目を迎えるが、そこで選ばれる賞は民間の映画ファンによるもので、マスコミや芸能事務所などの制約にとらわれない、比較的自由な選考が行われるとして定評がある。歴代、名作や著名な俳優が受賞してきた。
「この世界の片隅に」の作品賞受賞は、アニメーション作品としては38回目にして初めてである。そして審査員特別賞にはのんが選ばれた。受賞理由は「「この世界の片隅に」の作品世界を決定づけた声音の魅力を称えて」とされた。声優を演じた人物が審査員特別賞を受賞したのも初めてである。

昨年来、洗脳・引退危機などネガティブ報道にさらされ、しかもそれに対して事務所は何ら守る行動をとらず、そして契約不履行を主張し続ける。そんなトラブルが公然と語られる中で、作品で最高の仕事をして評価される。これほどに、「芸能」というものの本質的な部分に迫った事実があろうか。

私たちにとって、タレントの契約をはじめとする裏側の問題は関係のないことである。芸能人は、いかに人の心を揺り動かす芸を見せるか、それだけが評価の対象であるべきなのだ。もちろん不祥事やスキャンダルなど、人間的な部分での評価はこれと別にあるだろう。だが、のんの現状、応援する人々の存在をみると、報道で飛び交った人格攻撃の多くは真実ではないと考えられよう。個人事務所を立ち上げた彼女の人格に問題があったなら、そんな応援は絶えてなかったはずである。

映画は総合芸術である。誰か一人の力だけによって作品が成り立つものではないし、多くの人たちのかかわりが必要なものである。それを前提としつつ、やはり作品の主演を務めるということは、その映画の評価についても引き受けなければならない。そんな責任とリスクがある。「この世界の片隅に」におけるのんの演技は、作品の質を高める上で決定的な要素の一つであった。監督も認めるように、「この世界の片隅に」は彼女が主演した作品として記憶されるだろう。

のんの今の芸能活動を通じて、私たちは芸能界の「圧力」なるものがどの範囲に及ぶものであるかを、推し量ることができる。たとえ民放テレビ地上波に出演できないとしても、あるいはその他に露出できない部分があるとしても、まったく芸能活動を封じられるものではないことがわかってきた。また、個人としてできる形で彼女を評価する人や、起用する媒体も多数ある。そのすべてに「圧力」をかけることなどできはしない。もちろん芸能界のこうした悪習を厳しく批判しつつも、すでに活動をはじめているのんに注目し、その活動を評価していくことこそ、重要である。

ktu2003 at 17:36コメント(0)トラックバック(1)芸能  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 『この世界の片隅に』('16初鑑賞106・劇場)  [ みはいる・BのB ]   2016年12月04日 20:40
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 11月19日(土) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 15:10の回を鑑賞。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新トラックバック
稲田防衛相が籠池氏から受けた侮辱? (どーか誰にも見つかりませんようにブログ)
籠池氏証人喚問〜大いに語る〜
森友学園問題は大疑獄事件の匂い (どーか誰にも見つかりませんようにブログ)
籠池氏証人喚問へ
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ