2016年12月16日

日本とロシア

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は16日午後、2日間にわたる首脳会談を終え、首相公邸で共同記者会見を行った(朝日新聞)。

北方領土問題で何らかの進展があるか、と注目された日・ロシアのやりとり。しかし直前になってロシアの姿勢が明らかになってくると、期待はしぼんでいった。

ロシアにとっては平和条約が締結されれば日ソ共同宣言に基づき、2島引き渡しを履行する、というのは確かに約束事項だが、それにしても第二次大戦の結果を日本が認めた上でであり、しかも今は平和条約を結ぶ環境にない、というのである。共同宣言のとき、日本はアメリカの同盟国ではなかった。しかしその後に日米安保改定などで同盟関係を強化している。さらに最近ではクリミア問題でも日本はロシアに対して経済制裁をしている。

私は一連の対ロシア報道の中で、見事にクリミア問題が落ちているのが気になっていた。この問題で日本が制裁に参加している以上、関係の根本的な改善は難しい。もし改善をやるのなら、クリミアに関しては不問とする立場になるが、それは国際社会にとってにわかに受け入れがたいだろう。おのずから、関係改善といっても限界があった。

経済協力の「協議」に合意、というのは、その意味ではあくまでビジネスに徹するしかなかったということでもある。少なくとも北方領土の開発という点では両国が合意できる。だが帰属の問題や法律の適用など、実際に話が動き出すには時間がかかるだろう。せいぜいのところが、多少元島民などの北方領土への往来に関して、手続きを緩和するという程度が成果である。

アメリカにトランプ政権が誕生することも、ロシアの対日姿勢に影響を与えたといわれる。親ロシアと言われるトランプ政権なら、国際社会の雰囲気が変わってくる可能性があり、対日関係を改善する重要性が低下する。外交とはかくも間合いが難しい。

平和的に領土を動かすとなれば、まだまだ一世代以上はかかるのかもしれない。

ktu2003 at 18:22コメント(0)トラックバック(3)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 日露首脳会談  [ 落ちこぼれのつぶやき ]   2016年12月18日 00:37
【日露首脳会談】経済協力、領土に先行 企業案件が倍以上の68件に拡大で「大盤振る舞い」批判の恐れ 何も決まらず、何も変わらずしたがって何も得ることができなかったということですね。 まあ、話し合いは続けていきましょうということですね。 あの盛り上がりは・・...
北方領土は、ロシアのもの。 それとこれとは別に、日露経済協力大歓迎。 プーチン露大統領得意の柔道になぞらえていえば、 開始早々足払い一閃、畳に叩き付けられたのが、 安倍総理である。なんたるザマであるか。 えー、確か、プーチン・安倍の山口会談ってのは、
頑張ろう、東日本&ニッポン!安心と希望を抱ける1年に。o(^-^)o  頑張ろう、熊本&大分!o(^-^)o よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m    【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ