2017年01月21日

米、トランプ政権スタート

「不動産王」と呼ばれ、公職経験のない初の大統領が米国に誕生――。共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日正午(日本時間21日午前2時)、連邦議会議事堂前の就任式で第45代大統領に就任、トランプ時代の幕が開けた。(朝日新聞)

反対派の一部が暴徒化したと伝えられている。それはともかく、就任前の支持率はかなり低い。そして、アメリカ第一主義であることを隠さない。あるいは差別的な言動を隠さない大統領でもある。一方で、反グローバリズムや格差解消、既成政治批判という点では左翼とも共通性を持つ。

さっそくTPPの離脱を表明し、さらにオバマ・ケアと呼ばれる医療保険制度の見直しも宣言した。選挙中に言っていた主張を実行に移し始めている。「就任後100日」で何をするかが、アメリカ大統領にとっては重要だと言われている。トランプ大統領の決断が与える波紋は、これまでのアメリカ大統領に比べても大きいだろう。

演説の内容を聞いていて思ったのは、アメリカはもはや「世界の盟主」でいることに疲れたのだろうということである。アメリカはグローバリズムを進めてきた張本人でもあるが、製造業の衰退などアメリカ自身へのダメージも大きかったようだ。IT産業など、依然として技術力では世界のトップを走る部分もあるものの、産業全般では必ずしもトップともいえなくなってきた。経済成長もおそらくむらがあって、恩恵にあずかれない人が多数いるのだろう。軍事的な面でも、他国を防衛するのはアメリカの利益のためであることを、よりあからさまにしたうえで、費用負担などは求めてくるに違いない。

とくにメキシコや中国との関係は心配である。これまでとは違った形で、武力を使う局面が出てくる可能性がある。最近の「国際秩序」という大義名分ではなく、「アメリカの国益」という本音で戦争をする可能性だ。一方で、ロシアの高笑いが聞こえてきそうである。プーチンはくみしやすしと思っているに違いない。取引すればクリミア問題をうやむやにできるかもしれない。

アメリカ社会がどう動くかも重要だ。マスメディアのスタンスは批判的。著名人も続々と不支持を表明している。ただそういった人たちと、一般人との意識の差がこの結果を生んだともいわれているだけに、彼らが社会の中で宙に浮く可能性もある。

一つ言っておきたい。選挙で選ばれた大統領に対していきなり反対デモをやるのはよくない、という主張があるが、民主主義社会は単なる「白紙委任」ではない。いつでもどこでも、時の政権、権力に反対する自由はあるし、デモをする権利もある。クーデターやテロを企てるならともかく、平和的にデモをする限りなんの問題もない。たとえば日本において、明日共産党政権が誕生したとして、それに不支持を表明することに問題がないのと同じである。



ktu2003 at 19:06コメント(3)トラックバック(5)国際ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 【第45代米大統領】 トランプ大統領就任演説と懸念事項  [ 51%の真実 ]   2017年01月21日 21:34
 1/20(金)正午(日本時間1/21(土)午前2時)に、共和党のドナルド・トランプ氏が宣誓を行い米国の第45代大統領に就任した。その約1分後、トランプ大統領の就任演説が始まった。 (1)「トランプ新大統領誕生! 就任演説全文(英語)」(DIAMONDonline 2017/1/21) -
2. トランプ政権誕生 どうなる これからの日本?  [ dendrodium ]   2017年01月22日 15:03
大統領就任式 トランプ新大統領(中央)の就任演説が行われている連邦議会議事堂前=ワシントンで2017年1月20日、APアメリカの大統領就任式は予定通り終了した様ですね ...
3. 逆シビリアンコントロール  [ 反戦塾 ]   2017年01月22日 21:33
「逆シビリアンコントロール」という言葉があることを書物で見た。日本国憲法第66条の△法◆崙盂嫣輙大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」という規定があ
4. トランプ就任式の感想  [ どーか誰にも見つかりませんようにブログ ]   2017年01月23日 02:07
オバマからトランプへ大統領が変わる瞬間というのをテレビのリモコンも握りながら視聴。NHKとTBSとフジテレビが生中継していましたかね。衛星生中継であるが故に、この瞬間 ...
5. トランプの宣戦布告  [ マスコミに載らない海外記事 ]   2017年01月23日 21:03
2017年1月20日、Paul Craig Roberts トランプ大統領の短い就任演説は、アメリカ支配体制丸ごとに対する宣戦布告だった。支配体制全部に。 トランプは、アメリカ人の敵がまさに国内にいることを実にはっきりとさせた。アメリカの意思を世界に押しつけ、果てしのない金のかかる

コメント一覧

1. Posted by 和久希世   2017年01月22日 15:01
TB有難うございました
処で、こんな情報をご存知ない様ですね。
>国務長官ケリー告白「アメリカは、アサド政権打倒のためにシリアでテロ組織ISISを支援した」
http://www.k2o.co.jp/blog4/2017/01/post-323.php

これまでのアメリカも、自分たちの利益のために軍を動かしていたようですよ。
と言うより、軍を動かせない時は、傀儡を使って他国を侵略していたのが実情のようですね。

シリアのアサドはロシアの援軍で救われそうですが、
イラクのフセイン、リビアのカダフィーは惨殺されました。
殺されたフセインやカダフィーは、どういう悪い事をしたのか詳しい事を知りませんが、
アメリカに比べたら、それ程の悪人ではなかったという風に思えるのですが・・・・・

2. Posted by 虎哲   2017年01月22日 19:02
ありがとうございます。
>これまでのアメリカ
もちろんそうであることは、歴史的に明らかになっています。問題は、トランプ氏は「取り繕う」ことさえしないだろうということです。アメリカという国家が曲がりなりにも体現する人類の「普遍的価値」をかなぐり捨てるとすれば、過激派の主張にますます正当性を与えることにもなります。
3. Posted by メロンぱんち   2017年01月23日 02:21
ああ、そういえば、あの反トランプの抗議デモの様子というのは、暴徒化は好ましくないものの、抗議集会が開催されているという部分は、何故か健全に感じてしまうんですよね。まさしく民主主義というのは、そういうものだろうなと思うので。

翻って今の日本の場合、プロ市民ではない一般的な有権者を集めての抗議集会などを開催できるだろうかなんて考えてしまったりします。

トランプ政権に対する日本という構図だと、やはり、色々と振り回されそうで不安の方が多いかなと眺めています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ