2017年04月26日

今村復興大臣更迭

今村雅弘復興相は26日朝、東日本大震災をめぐり「東北で良かった」などと発言した責任をとり、首相官邸で安倍晋三首相に辞表を提出した。辞表の提出後、今村氏は記者団に「大変申し訳ない。深く反省している」などと述べた(朝日新聞)。>

首相の目の前での失言だった。
今月初旬の自主避難者に対する「自己責任」発言があったばかりの今村氏だったが、派閥の集まりで「お騒がせしております」と前置きしてからの発言である。この種の、「首都圏だったら」的な発言や見解はたびたび発せられてきたのだが、これこそが日本の東京一極集中や、地方の疲弊を招いている、東京中心主義的な見方である。

日本は島国で、4つの大きな島と無数のその他の島からなる。決して広大な土地ではない。そこにひしめき合う人々が、運命共同体として生きてきたのが日本の歴史である。日本のどこで起こったことであれ、まったく関係しないことなどあり得ないのだ。たとえばチェルノブイリ級の原発事故が襲ったならば、日本全土が汚染されてしまう。巨大地震があれば日本中が揺れる。それを、東日本大震災で体験したのではなかったか。

震災からの復興は国家的課題なのだ。その担当大臣が、これまでも不適切な発言をしたり、スキャンダルに見舞われたりするなどして、力を発揮しているとはいえなかった。人選も、およそ政権が重視しているとは言い難い、力のそれほどない政治家ばかりである。今村氏も比例の下位選出である。復興担当といえば、務台政務官の辞任もあった。国家的課題であるとの意識がなさすぎる。

さすがに、後任の吉野氏は福島選出で、復興問題に継続して取り組んでいる人のようだが、なぜそういう人選が最初からできないのか。派閥順送りで、専門外ないしは関心の薄い分野に取り組ませても、官僚のいいなりになる上、むしろ足を引っ張ってしまう。何人か、安倍政権でもそういう大臣が見受けられる。

野党の足元が揺らいでいるのも、こういう失言が続発する原因である。民進党は蓮舫代表のおひざ元で議員が続々と離党し、都議選で議席の確保すら難しいかもしれないというありさま。野党共闘も自公政権にとってかわる展望はない。

安倍政権の支持率は今も高い。だからといって、政治家のかじ取りに国民がついていくとは限らない。笛吹けど踊らない。そういうムードが、国も地方も覆っているのではないか。

ktu2003 at 19:01コメント(0)トラックバック(1)国内ニュース  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 今村復興相辞任に思う  [ dendrodium ]   2017年04月28日 20:09
今村雅弘復興相が辞任の意向 東日本大震災めぐる不適切発言で【UPDATE】 The Huffington Post  |  ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ