2019年08月14日

夏の甲子園第9日〜公立3タテ〜

台風接近のため明日の順延が決定された。こういう事前発表は好ましい。明後日のどの時点まで影響が残るだろうか。

仙台育英8−5鳴門
育英が初回に小濃のホームラン含め4点を先制。4回にはさらに2点を追加。裏に鳴門は猛反撃を見せ、5点を入れて1点差に迫ったが、育英は継投に入ってその後の反撃を断った。

鶴岡東9−5習志野
鶴岡東が2回に5点をあげて習志野先発・山内をKO。習志野は中盤から反撃を見せるが、鶴岡東は8・9回に丸山の2打席連続ホームランなど、リリーフした飯塚も攻略。

関東一6−5熊本工
関東一先制し、熊工が同点としたが、5回にエラーがらみで関東一が4点を勝ち越し。熊工も終盤に反撃したものの、4失策がすべて失点に結び付いたのが響いた。

公立勢が3連敗は予想外だった。鳴門と熊本工はいずれも守備が崩れてしまった。そして、大きく先行されて追いつけない程度の反撃に終わる、というのも共通点だった。とくに驚いたのは鶴岡東の力強さである。長打力もあるし投手陣は6人いる。

ベスト16になるが、東日本勢が優勢にみえる。特にパワーという点で、中国・九州勢がやや非力か。四国勢がすべて敗退した。


ktu2003 at 19:21コメント(0)高校野球  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ