2019年09月15日

第1回MGC開催

スポーツを盛り上げるには、それなりの舞台を用意することが重要である。
日本でもっとも成功したのが野球、甲子園であろう。世界的にはサッカーのワールドカップであり、オリンピックがある。
オリンピック選考会ということだから4年に1回の開催になるのかもしれないが、新たな可能性を示すスポーツイベントになるのではないか。

MGC。マラソン・グランド・チャンピオンシップ。
毎回のように選考で物議をかもしていた男女のマラソン。だが世界との差は開く一方。根本的な選考方法の変更が行われた。今回は開催国でもあり、好成績を残すことは至上命題。そこで考えられたのが、来年の五輪本番とほぼ同じコースで、夏場に開催し、そこでの勝者を五輪代表として送り込む。

極めて明快である。まず出場資格を設け、いわゆる1レースだけの「一発屋」が代表とならないよう、しばりをかける。特定のレースで一定以上のタイムを出した選手だけに出場を認める。そして上位2名が五輪代表として内定。3位の選手については「有力候補」とする。そして残り1枠は、それぞれ設定タイムを設けて、それを指定のレースで上回る選手が出ない限り3位の選手を選出する。男子については日本新記録、女子は指定レースの過去最高タイム。ハードルは相当高い。

そして今大会の出場選手は、普段なら一同に会することのない、有力選手ばかりという顔ぶれになった。まさにガチンコ勝負。そうだったからなのか、前半からハイペースになった。男子は、設楽悠太が飛び出し、独走する展開。しかし失速して、最終的には中村匠吾が勝った。2位は服部勇馬。女子は中盤から前田穂南が飛び出し、そのまま逃げ切り。2位には鈴木亜由子が入った。

わかりやすいし面白い。この大会で2位に入ればオリンピック。ダメだったらタイムで逆転。目標を立てやすい。ギャラリーにとってもわかりやすい。そして、とりあえず日本で最強の選手を送り出せる可能性は大幅に上がったと思う。ただ、世界との差は大きく開いている。あくまでも日本の選手の中での勝利。スピードに秀でた外国の選手とどう渡り合うか。

日本にとってマラソンは、最初の五輪出場から100年以上にわたる伝統がある種目。国民的人気も高い。その五輪選考にこういうイベントができたことは、競技の人気を高め、五輪選考会が国民的注目を集める方法としても面白い。もちろん、本番で結果が出ないといけないのだけれど。

ktu2003 at 15:38コメント(0)スポーツ全般  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ