2020年01月26日

徳勝龍、20年ぶり幕尻優勝

大相撲初場所の千秋楽が26日、東京・国技館であり、西前頭17枚目の徳勝龍(33)=本名・青木誠、奈良県出身、木瀬部屋=が初優勝を果たした。この日結びの一番で大関貴景勝を下し、14勝1敗とした。(朝日新聞)

平幕優勝も最近はちょっと多くなってきているが、一番驚きの優勝だったといっていい。
何しろ幕内では一番下の番付。先場所は十両にいた力士である。三役経験もないし、三賞もなかった。幕内と十両をいったりきたり。優勝どころか、ちまたの話題になることすらなかったのである。

それが、早々に横綱2人が休場、大関豪栄道はカド番で負け越し、という上位総崩れの中で、勝ち星を重ねていった。上位が実力拮抗して、互いに星をつぶし合ったのも幸いした。そして14日目、ともに単独トップだった正代を破って、大きく前進していた。

おりしも場所中、近大時代の恩師・伊東監督が急逝した。いいはなむけになった。勝った瞬間表情を崩して泣いたその表情には、感動させられた。地味なことだがこれまで休場が一度もないという。力士としてのピークは過ぎているだろうが、優勝はずっと歴史に残る。誇りに思ってこれからも頑張ってほしいところだ。

白鵬、鶴竜の両横綱も年齢的なものか、衰えが目立ってきたようである。大関も豪栄道が陥落して貴景勝1人になった。ただ後釜を担う力士がまだよくわからない。しばらく優勝争いは混沌とした状況が続きそうである。今回徳勝龍が勝ったように、思わぬ力士が栄冠を勝ち取るチャンスもありそうだ。非常に先の読みにくい時代に相撲界は入っている。

ktu2003 at 19:00コメント(0)スポーツ全般  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ