2020年02月11日

野村克也氏が死去

野村克也










プロ野球の往年の名捕手で戦後初の3冠王であり、監督としても3度の日本一に輝くなど活躍した野村克也(のむら・かつや)元楽天監督が11日、亡くなったことが明らかになった。84歳だった。(毎日新聞)

沙知代夫人の死後、衰えは顕著ではあったが、先月も各種の行事に顔を出していただけに、急なことで驚きである。
1954年に南海(現・ソフトバンク)に入団。高校時代はまったく無名の選手で、テスト生として入団した。すぐに戦力外になりかけたが懇願して残してもらい、努力を重ねて3年目にレギュラーを確保した。そして57年には30本塁打を放ち、本塁打王のタイトルを獲得。打者として、また捕手として常勝・南海の中心になった。肩の弱さや変化球への弱さなど、弱点をトレーニングと創意工夫で克服していった。投手のクセを見抜き、過去のデータから配球を読んだ。相手打者に対しては「ささやき戦術」を駆使して心理的な圧力をかけた。61年からは8年連続の本塁打王、62年から6年連続の打点王と、捕手ながらパリーグの最強打者としても君臨。65年にはついに戦後初の三冠王に輝く。また、弱いといわれた肩も克服して、長く盗塁阻止率は4割台を維持した。

70年からは監督兼捕手となり、弱体化していた南海を立て直して73年にはリーグ優勝を果たした。30代前半という若さから、40代まで兼任監督を長く続けるというのは、空前絶後のことである。しかし沙知代夫人の現場介入などで球団との軋轢が深まり、ついに退団して78年にロッテ、79年には西武といずれも一捕手に戻ってプレー、45歳まで現役を続けるのである。通算成績は3017試合、2901安打、657本塁打、1988打点、.277。3017試合は谷繁に破られるまで歴代1位、安打・本塁打・打点はいずれも歴代2位である。

スコアラーを活用したデータ駆使や、投手のクセの分析、クイックモーションなど、今や野球界で当たり前になっていることを、プロ野球の世界で定着させたのは彼の功績である。これによって日本の野球はレベルが大きく上がった。解説においては「野村スコープ」を画面に見せ、打者への攻め方を示して人々の野球に対する見方を大きく変えた。

90年からはヤクルトの監督に就任。弱小チームにデータ重視の緻密な野球を持ち込み、池山・広沢といったヤンチャな選手を使いこなし、古田を英才教育で日本を代表する捕手に育てて、92年にはリーグ優勝、そして93・95・97年には日本一に輝いた。「ID野球」は野球界のひとつひとつのプレーに理論や根拠を持たせた、という意味で大きかった。感覚や才能だけではないスポーツの世界を見せ、それはおそらく様々な競技に影響を与えている。そして一度は戦力外になった選手をよみがえらせることも多く、「再生工場」と呼ばれた。99年からはこれも弱小・阪神の監督となり、結局チームを浮かび上がらせることができず、妻の逮捕で辞任したものの、後任・星野仙一に遺産を残した。同じパターンを新球団・楽天でも繰り返すことになる。

野村の教えを受けた多くの選手が、今や指導者として活躍している。口をそろえてその野球観の影響を語る。そして本人は、最晩年まで野球への関心を失わず、独特のぼやき口調で意見を述べ続けていた。多数の著書もある。もし「野球学」という学問があれば、彼は間違いなく第一人者であろう。一方で人間関係では好悪が激しく、沙知代夫人をめぐって多くの軋轢を招き、私生活でも苦労は絶えなかったが、常に妻への愛を語っていた。

スター性という意味では王・長嶋に一歩を譲る。しかし野球界に与えた影響という意味でいえば、あるいは彼ら以上だったかもしれない。昨年金田が亡くなり、続いての野村の旅立ちは、いよいよ「昭和のプロ野球」のレジェンドたちが歴史になろうとしているのを、実感する。


ktu2003 at 11:21コメント(0)プロ野球  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ