2021年11月28日

ヤクルト、20年ぶり日本一

そういえば日本シリーズって、こういう緊張感があったな、と思ってしまった。
しかし6戦すべてが接戦というのは、過去になかったことである。最後は延長12回に及ぶ戦いになった。

ともに2年連続最下位のチーム同士である。前年最下位チーム同士の日本シリーズは初めてだった。下馬評では絶対的エースを持つオリックスの優勢が伝えられた。

しかしヤクルトはよく対策をねっていたようである。何度も対戦を重ねているパリーグ勢が歯が立たなかった山本由伸に球数を投げさせ、対戦した2試合とも先制点を挙げた。そしてオリックスの中心打者を、全体としてはよく抑えきった。オリックスが本来の力を出せなかったというわけではない。しかし中継ぎ陣が痛打を浴びる場面や、エラーが失点に結び付くなどした。
それにしても見ごたえがあった。中心選手がちゃんと活躍したから、というのはある。両軍の采配にも明確な作戦ミスは少なく、まさに紙一重の差だった。プロ同士はこうでないといけない。

今シーズンは延長戦がなく、9回打切りという異例のシーズンになったことも、例年と違う結果が出た要因かもしれない。なので来年もこの両チームが上位、という保証はない。セパの格差もセリーグチームが9年ぶりに勝ったことでいったん沈静化するのだろうか。

なお前年最下位球団の日本一は61年ぶり。あの三原マジックといわれた大洋の優勝以来なのだ。いかに今年が異例のシーズンだったかがうかがえるというもの。

ktu2003 at 11:54コメント(0)プロ野球  

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
最新コメント
livedoor プロフィール

ktu2003

  • ライブドアブログ