2007年05月29日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070528-00000005-maip-soci
 3歳馬の頂点を争う中央競馬の第74回東京優駿(日本ダービー、G1)は27日、東京競馬場の芝2400メートルに18頭が出走して行われ、牝馬でただ1頭参戦した単勝3番人気のウオッカ(四位洋文騎手)が優勝した。牝馬のダービー制覇は1937年のヒサトモ、43年のクリフジに続き、64年ぶり3頭目の快挙。今秋には世界最高峰レースといわれるフランスの凱旋(がいせん)門賞に挑戦する計画もある。


[PR] 1年で660本もの万馬券が取れた!確変万馬券予想法(ソフト付)



 ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター。タニノギムレットは02年のダービー馬で父子2代の制覇。四位騎手、角居勝彦調教師ともダービー初勝利。北海道新ひだか町のカントリー牧場生産。馬主は谷水雄三氏。7戦5勝で、G1は昨年の阪神ジュベナイルフィリーズに次いで2勝目。獲得賞金3億6647万円。
 また、皇太子さまが同レースを観戦。宮内庁東宮職などによると、優勝したウオッカがウイニングラン後に貴賓室前に来ると、立ち上がって拍手をした。皇太子さまは「いいレースを見せていただきました」と話したという。安倍晋三首相も昭恵夫人と観戦した。【田内隆弘、真鍋光之】
◆中央競馬関連ブログ記事
【天中取勝の中央競馬 雑感】 荒れま... - “中央競馬”何でも言いたい放題 (5月29日7時10分)

競馬 - ○皇太子さま、ダービー観戦=... - 競馬情報最新トピック (5月29日5時26分)

疑惑抱え突然の死・松岡農相、3日前... - わたしのブログ (5月29日4時39分)

しつこいようですがアングロアラブ - ももも、すももも (5月29日2時5分)

それではない、おとなの愛情の読み物 - tamana cafe (5月29日1時27分)



(08:26)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔