2007年06月14日

東京外為市場・7日=ドル121円前半、2週ぶり円高水準から急速に値を戻す

         ドル/円      ユーロ/ドル      ユーロ/円
17時現在   121.25/28  1.3494/99  163.61/70
正午現在   121.08/13  1.3501/04  163.48/57
9時現在   120.89/94  1.3496/01  163.21/27
前日東京17時 121.27/32  1.3520/25  163.98/05
前日NY17時 121.05/08  1.3501/04  163.48/56
 [東京 7日 ロイター] 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から円安が進み121円前半で取引されている。


[PR] 『元証券会社社員が明かす!3万円を3ヶ月間で100倍にする就寝直前30分超少額投資法!』


米国や欧州などの株価が前日に下落したことを受けて、ドルは前日海外市場から東京市場の序盤にかけて、約2週間ぶり円高水準となる120円後半に一時下落したが、東京市場では国内の機関投資家や投資信託、輸入企業などの円売りが対ドル、対ユーロともに強まり、121円前半を急速に回復した。
 東京市場では円がじり安となった。円安地合いが長期化する中、ドル/円が約2週間ぶりの円高水準へ一時下落したことで「海外投資のチャンスと見た国内勢の円売りが一気に強まった」(国内金融機関)という。7日の取引で円売りに動いたのは、国内の機関投資家や投資信託、輸入企業などが中心だったもようで「日経平均株価(の出足)が軟調だったことや、円金利の上昇を手がかりとする円買い仕掛けが、ことごとく跳ね返された」(外資系金融機関)という...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

◆中国株関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)