2010年03月14日

京都市内・・・「セアカゴケグモ」相次ぎ見つかる 

オーストラリア原産の毒グモ「セアカゴケグモ」は、ヒメグモ科ゴケグモ属の仲間。人間を噛むメスは体長1センチ前後。
特徴は、背中にある砂時計形の赤い縦じまでオス(無害)には赤い模様はないそうですよ。噛まれると、激しい痛みや腫れ、めまいや吐き気などを起こし、国内では死亡例はないもののオーストラリアでは死亡例もあるそうで、クモといえども大変こわい生き物ですね。

明日葉 青汁スキンケア 毛穴アットローン おまとめローン 低金利

京都市内では2006年の初確認以降2009年には、伏見区や南区で大量発生しているのだとか。きちっとした駆除方法を確立してほしいものですね。


〔ヤフー!ニュースより http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100314-00000155-mailo-l26 〕

ku0098 at 14:28│Comments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔