こんばんは。組織の末端です。
suto
今、この記事を書いているのは飲み会が終わった後でして、

今日はちょっとはしゃぎすぎてしまい、

ワインのデキャンタを数本とビールを500mlくらい飲みましたが、

明日はヒロロさんのブログがお休みということで、

ちゃんと書けるのかどうかも怪しいですが、

酔っ払いが書きます。


今日のテーマは、

「スライダーク」

です!

さて、このスライダークですが、

魔法の迷宮のコインボスであること以外は、全く知りません。

というのも、この2か月間、ほぼ仕事とファイナルファンタジー10と飲み会とたまにブログ執筆しかしておらず、

あ、そうそうFF10って面白いですね。FF15が面白かったので評価の高いFF10をやってみたのですが、
9c4e9edf - コピー
これは面白い!


さてさて、今日は雷と風の領域はおろか、水の領域すらクリアしていないこの私が、


スライダークについて書きます!


まず、わたくしが知っているスライダークの情報を整理します。


【スライダークとは?】
その1 コインボスである。
その2 どうせスターには席はない。



これだけですね!


もうこれで終わってしまいそうですが!

奇特な読者様に、少しでも興味関心を持たせ!

あわよくば最後にパネルをクリックしてもらい!

このブログに少しでも貢献するために!
14
妄想で話を広げなければっっ!


さて、テーマはスライダークですが・・・

ドラクエ10プレイしている人なら、

スライダーク=ゲーム内の不毛なアクセサリーをくれる敵

と連想するでしょうが、

ドラクエ10をプレイしていない人が

「スライダーク」

から何を想像するのか、

そしてどのスライダークが一番それっぽいのか妄想してみます。


題して、

第1回いろんなスライダーク選手権大会【妄想】

元ネタは

魔法の迷宮ボスモンスター
「死神スライダーク」

1


エントリーNO1
ドイツの若き皇帝
「カール・ハインツ・スライダーク」

カールハインツシュナイダー


エントリーNO2
伊藤智仁の
「高速スライダーク」

伊藤ともひと


エントリーNO3
マエケンの
「キレのあるスライダーク」

まえけん


エントリーNO4
ダルビッシュ有の
「消えるスライダーク」

だるびっしゅ


エントリーNO5
大塚晶文の
「縦スライダーク」

おおつか


エントリーNO6
岩瀬仁紀の
「胸元をえぐるスライダーク」

いわせ


エントリーNO7
マー君の
「リバーススライダーク」

まーくん


エントリーNO7
落合に打てないと言わしめた
「郭秦源のスライダーク」

かくたいげん


エントリーNO8
NPB史上最高のスライダークは
「ジェフ・ウィリアムスのスライダーク」

うぃりあむす


エントリーNO9
カットボールより変化量が
「多いのがスライダーク」

うえはら


エントリーNO10
ストレートの握りから人差し指と中指を外側に持ってきて
「投げるのがスライダーク」

まつざか


エントリーNO11
直球と思ってスイングに行った打者のバットの芯を外して凡打に打ち取る目的で使われるのはカットボールだが、ストライクからボールに大きく変化させ打者の空振りを
「狙うのがスライダーク」

さいとうまさき


エントリーはこれで終わりです。

2
果たしてどれが一番それっぽいスライダークなのか???


・・・



でも、なんかどうでもよくなってきたのでもうこれで今日は終わりますね。