2012年07月22日

RIMG1076
先日、研究所から離れた深い森に「ライトトラップ」を仕掛けました。
このトラップは、夜間、虫の光に集まる性質を利用して採集(調査)する方法です。
今回は、森の中の開けた場所に車を止め、白いシーツを掛け、
発電機を使用して水銀灯の明かりをつけました。

RIMG1141

18:30頃から明かりをつけ、22:30頃まで観察しました。
かなりの「ガ」の仲間が来ています。「ガ」の幼虫は植物を食べるので、これだけの成虫が集まるということは、この森が豊であるという事の証明になります。
細かく見ると、「ガ」の種類から、具体的に森にどのような植物があるのかも分かります。

RIMG1100
運がよければこんな子にも会えるかもしれません。
この厳ついクワガタは「ミヤマクワガタ」の♂(オス)です。
名前の通り、平地よりも標高の高い(寒冷な)山地を好みます。(ミヤマ、とは奥山の意味があります。)

RIMG1152
研究所前に仕掛けた蛍光灯には、やはり沢山の「ガ」と写真の昆虫が集まりました。
左上から順に、「スジクワガタ♀」、「コクワガタ♂」、「ミヤマクワガタ♀(小)」、「ミヤマクワガタ♀(中)」、「カムドムシ♀」です。因みに、森にある木の種類が大きく違うと、集まる(生息している)「クワガタ」の種類も
違います。

昆虫を調べることによって、周りの環境の色々な事がわかるのです。
しかし、調査する事より、単純に捕まえる事の方が楽しくて、いつの間にか目的がすり替わっている事も。。。(笑)



kubokawablogkubokawablog at 09:46コメント(5) 

2012年07月20日

RIMG0631
ト、トンボがハートの形に!連結しています。これは、結婚が成立したモノサシトンボの様子です。
先頭がオスで、しっぽ(腹)の先端で、後ろのメスをしっかりと捕まえています。
写真の行動でメスは卵を受精させているのです。
この際、全てのトンボがハートの形にはなず、限られた種類限定で見られます。

RIMG0447
「ギンヤンマ」は連結した状態で、後ろのメスが水中の水草に卵を産み付けています。
卵の生み方も、種類によってかなり違いますが、受精の際は、オス、メスがリング状に連結します。
なかなかロマンチックな結婚式でしょ

RIMG1129
雨上がり。踏み石の上にもハートの形がっ
イーハトーブの世界は「愛」に満ちあふれているのです






kubokawablogkubokawablog at 18:30コメント(0) 

2012年07月18日

しばらく前になりますが、以前UPした、間違い探し?!Vol.1の答え合わせをやります!
写真1と写真2をじっくり見て下さい。

kosanae
この写真1は「コサナエ」というトンボです。
dabido
そして、写真2は「ダビドサナエ」というトンボでした!

赤丸の部分:「前胸部」の模様が違います。

黄色の部分:胸の横にある黒線の本数が違います。写真1は一本、写真2は二本線です。

青色の部分:腹(しっぽ)の模様が違います。

似ている種類でも、しっかり見ると意外に違う部分が多いのです!

kubokawablogkubokawablog at 08:56コメント(2) 
QRコード
QRコード