2012年06月

2012年06月28日

RIMG0399
本日も快晴。栗駒山の雪もだいぶ解けました。
写真右の肌色の斜面は、4年前の岩手内陸地震の際に崩れた所です。

RIMG0417
朝方、車を走らせていたら電線に大きな鳥が止まっている事に気付きました。
これは、タカの仲間で「ノスリ」といいます。大きさはカラスよりも一回りほど大きいです。

RIMG0425
タカというと、険しい顔と鋭い目つきを想像するかもしれませんが、「ノスリ」は丸くて黒目が大きい目をしていて、とてもおっとりした表情をしています。
しかし、ヘビやカエルを空中から狙って、急降下をして一気に仕留めたり、時には小鳥を獲物にする事もあります。

やはりタカはタカなのですね~。かわいい顔をしていますが、外見だけでは判断できないという良い例です。(笑)







kubokawablogkubokawablog at 17:51コメント(4) 

2012年06月27日

今週からまた雲一つない晴天が続いています。今日は乾燥注意報も出ていました。
田んぼやため池の水は、また少なくなってきました。生き物たちは大丈夫でしょうか?!

RIMG0283
ため池を網ですくってみたら、変な(失礼)生き物がつかまりました!
オタマジャクシに見えるかもしれませんが、これは「クロサンショウウオ」の子供です。
最初はオタマジャクシと似た姿をしていて、時期に足が生え手が生えてきます。
ですが、足の形がカエルのようなジャンプするための形になっていません。大人まであともう少し。干上がる前に頑張ってください!
(人事ですが…)

RIMG0301
田んぼの畦には小指の爪よりも小さなバッタが!(゜0゜;))
大きさは6㎜ほどしかない生まれたての「コバネイナゴ」です。これから脱皮を繰り返して大きくなるわけです。
草と同じ色をしています。カエルに食べられないように頑張って下さい!(カエルも必死ですが…)

RIMG0287
水を張った田んぼの中には沢山の足跡が!
これはタヌキの足跡です。田んぼの中で何をしたのでしょうか?虫や小魚を食べたかったか?
暑くて水浴びしたかったのか?(笑)

水不足と暑く乾いた日々は、人間にとっても大変で人事ではありません。皆さまも熱射病にかからないように、適度に水分の補給をしましょう! 
(*`0´*)\






kubokawablogkubokawablog at 17:51コメント(2) 

2012年06月26日

RIMG000
かなり分かりにくいですが、キツツキの仲間の「アオゲラ」の写真を撮ったのでUPしました。
「アオゲラ」はハトよりも一回りくらい小さな鳥で、頭と頬が赤、背中は黄緑色をしています。
鳴き声は「ケッ、ケッ」または「ケレケレケレケレッ」など。「ピョーピョー」という変わった声も出します。
最近は都市部の公園でも希に見られるようです。
撮影は知勝院、樹木葬墓地内で。

RIMG0302
知勝院寺務所前の湿地で、青みがかった大きな鳥の羽を発見!
誰の落とし物でしょうか…

RIMG0375
たぶん、羽の落とし主はこの鳥、「アオサギ」です。よく、田んぼや湿地に入って、カエルやオタマジャクシ、小魚などを食べている姿を見かけます。大きさは日本のサギの中で最大で、全長98㎝ほどになります。他のサギ類と同様に、河川や沼などに集団繁殖地(コロニー)を作る習性があります。

山道や森の縁などを歩いていても、落ちている鳥の羽を見付ける事があると思います。
誰の(どの種の)羽か調べて見るのも、意外と楽しいものです。
ちょっとした「動物探偵」になった気分が味わえるかも!(笑)


kubokawablogkubokawablog at 18:02コメント(2) 

2012年06月25日

RIMG0222
先週、台風と大雨が通り過ぎた後、少しぐずついた天気になりました。
長倉第二墓地から見える棚田の風景も、モヤモヤした感じに見えました。

RIMG0288
曇りでもこのチョウは元気!「ウラナミヒメジャノメ」です。
田んぼの畦に咲いていたバラ科の「ナワシロイチゴ」の花に来ていました。

RIMG0338
森の中で「コクワガタ」にも出会いました。「コナラ」の樹液をナメに来ていました。オスには立派なキバ(大アゴ)があって、この子は大きさは3.5㎝くらいでした。

6月下旬で、まだ昼間、しかも曇り!「コクワガタ」は早い内から活発に活動するようです。
野生では冬を越して1~2年くらい、飼育すると5年ほど生きます。

あ、気付けばもう7月でしたね。。。
今年もクワガタやカブトムシたちは子供たちのヒーローとして頑張るのでしょうね(笑)

注) 写真は、「コクワガタ」なく「スジクワガタ」です。申し訳ありません。
   「スジクワガタ」は前者よりも小型で、オオアゴの形が異なり、背中に細かい縦型のスジがあります。










kubokawablogkubokawablog at 16:45コメント(2) 

2012年06月21日

時が進むにつれ、次々と新しい生き物たちが表れます。

RIMG0280
これは「モノサシトンボ♀」です。
お腹(しっぽ)の節がまるでモノサシの目盛りの様なのでこの名前が付きました。

RIMG0279
こちらは「モノサシトンボ♂」です。
同じ種類でもオスとメスで色が違います。都市公園の池にもいることがあります。
幼虫(ヤゴ)は細長い形をしていて、水の中で生活しています。

RIMG0304
「ニホンアカガエル」の子ガエルを発見!
オタマジャクシから変態して間もないようで、目玉があまり飛び出ていませんね。
ち、小さい。。。 ((*´∇`*))人  元気にそだってね☆




kubokawablogkubokawablog at 18:53コメント(4) 
QRコード
QRコード