2013年02月

2013年02月28日

RIMG1168
















知勝院に20羽ほどの「エナガ」の群れが飛来しました。本種は、研究所の周辺で一年中見られますが、群れは一つの場所に留まらず、山々を移動して生活しているようです。
現在、植物の冬芽を美味しそうに食べています。

RIMG1167


















大きさはスズメくらいですが、体に比べて尾羽が長い事が特徴です。体型も眼も、丸っこくて可愛らしい。

RIMG1164


















水分補給のため、雪をついばんでいます。というより、なめているのでしょうか?

RIMG1178






















仲良く水分補給。(*´ー`*)

エナガ110115-15yama[1]

















こちらは、研究所に協力を頂いている方に、以前、撮影して頂いた写真です。
小さな舌が見えます。やはり、なめていたのですね。

ちょっと、舌切りスズメを思い出しました。



kubokawablogkubokawablog at 18:19コメント(2) 

2013年02月27日


RIMG1154



















「カッカッカッカ」… 森の木々から音がします。
幹を突っつく「コゲラ」。小さくて、スズメと同じくらいの大きさですが、やはりキツツキの仲間ですね。
器用に虫を探しています。

RIMG1153















こちらは、「コガラ」。シジュウカラの仲間ですが、お腹のネクタイ模様が無いことで区別できます。
スズメよりも小さな鳥で、やや高所の山地に生息します。研究所周辺では、今のところ、冬期のみ記録があります。この季節、高所では、雪が多く積り、寒く、エサも少ないので、本種は里地まで下ってくるのです。
「キツツキ」の仲間ではありませんが、器用に幹を突っついて虫を探します。

RIMG0090

















こちらが「シジュウカラ」です。胸からお腹にかけてネクタイがあります。
同じように幹を突っついて虫を探しています。

冬の静けさの中、「突っつき屋」の出す音は、よく目立ちます。

kubokawablogkubokawablog at 17:57コメント(2) 

2013年02月26日

RIMG1166


















雪の上を変な虫が沢山歩いていました。これは、「クロカワゲラ」という昆虫の一種です。翅の無い仲間では、「セッケイカワゲラ」などがありますが、本種は翅があるので、それとは違いますね。「クロカワゲラ」の一種の中には、翅の無いものもいるようです。

大きさは15mm程度で、幼虫は沢や川に暮らしています。成虫は冬に現われ、口は殆ど退化しています。そのため、何も食べずに、結婚、産卵して直ぐに死んでしまいます。謎の多い昆虫です。


RIMG1156




















本種は、このような沢に生息しています。何故、寒い時期を選んで羽化するのでしょうか?夏に比べて天敵は少ないかもしれませんが、冬でも鳥は沢山いるので、大変そうです。
所で、錫杖(しゃくじょう)の様なモノが雪にたくさん刺さっているようにみえますね。なんでしょう?

RIMG1157

































これは、「ウバユリ」というユリ科の植物の痕跡です。写真は、植物体の先端部ですが、袋状のモノの中に沢山の種が入っていました。秋、この袋は時期が来ると、自動的に弾けて、中の種が辺りに飛び散る様になっています。

残念ながら、花の写真が手元になかったので、UPは夏の花の時期までお待ち下さい。覚えていれば。。。

kubokawablogkubokawablog at 22:38コメント(2) 

2013年02月24日

RIMG1131

























先日、旧正月のイベントで飾った「ミズキ団子」を、快晴の元、撮影しました。やはり、直ぐに捨ててしまうには、もったいないですよね?ミズキの木も本物ですが、団子(お餅)も本物で、食紅で色づけされています。

RIMG1136




















ところが、昨日以上に、本日は猛吹雪になりました。写真は車から撮影。道路が霞んで見えにくかったです。

RIMG1133
















それでも、「ブナとイヌブナの森」へ行ってきました。冬期でも、野鳥の定点観察のために、月に最低3回訪れています。森と呼ぶより、山と言った方が正しい当場所の山頂付近から写真撮影。小さくて分かりにくいですが、写真中央部の白い部分は集落が見えているのです。

登山中も音をたてて吹雪いていましたが、数分だけ太陽が出て、晴れました。すると、隠れていた鳥たちが一斉に鳴き始め、姿を現しました。コガラ、ヒガラなどのカラ類、アオゲラ、コゲラなどのキツツキ類が記録されましたが、さと研究員の腕前では、鳥の写真は撮れませんでした。。。(>3<)

kubokawablogkubokawablog at 14:57コメント(2) 

2013年02月23日

RIMG1130
















だいぶ雪が解けたと思いましたが、再びの吹雪。3月が終わるまで
除雪は油断できません。

RIMG1129

















こちら、再びUPの冬に見られる「ウソ」。前回は知勝院で6羽くらいを確認しましたが、辺りの山々を訪れるたびに、数十羽の本種に出会います。去年はそれほどいた記憶がないのですが。。。
種類によっては、その年によって、日本や地域に渡る数が大きくかわるのです。

RIMG1132
















冬眠中のこんな虫もいました。調べたところ、「ジュウロクホシテントウ」というテントウムシの仲間でした。
アカマツなどの針葉樹林に生息し、長野県では「絶滅危惧種(Ⅱ類)」に指定されていました。
結構、珍しい種類ではないでしょうか??

皆さん、春までもう少しがんばりましょう。。。!


以前UPの「ウソ」のページはこちら。↓
2013年01月17日 かわいらしいウソ




kubokawablogkubokawablog at 20:58コメント(2) 
QRコード
QRコード