2014年04月

2014年04月30日

知勝院周辺よりも、春の訪れが遅い長倉地区。
ついに、この地にも新緑の季節がやってきました!

P4290483
緑と青のコントラストが素晴らしい。

P4290502

現在、こちらの「クロモジ」の木の花は満開です。
葉や幹を傷つけると、ハッカの様ないい香りがします。
和菓子に使う楊枝の材料として有名です。

P4290649
おや?キクザキイチゲ…に、そっくりな、
「アズマイチゲ」がさいていましたよ。(上の写真)

キクザキイチゲよりも、葉の切れ込みが少なく、
花弁が多いのが特徴。後、青い花の本種はいない。

P4290514

こちらが「キクザキイチゲ」。
菊のように、葉の切れ込みが強いのが特徴。

ちょっと珍しい、桃色掛った白い花の本種です。
なるほど、アズマイチゲより花弁が太い気がしますね。

虫も植物も、似たのが多くて、区別が大変。




                   ※下のタグ、「キクザキイチゲ」から、
                 ↓以前の関連記事をご覧頂けます!↓






kubokawablogkubokawablog at 12:15コメント(4) 

2014年04月29日

P4280398
現在の第一墓地。新緑と共に様々な花が咲いています。
上の写真は、毎春おなじみ、「タチツボスミレ」です。

P4280433

開花のピークは過ぎてしまいましたが、
こちらの「オオヤマザクラ」も咲いています。

P4280439
北側斜面の一部では、「カタクリ」が少し咲いています。
他の場所では、花が終わった所が多いです。

きっと、北斜面は、日当たりが悪いので、花が長持ちしているのでしょう。墓地内で、ここからもうちょっと数が増えてくれると嬉しいですが、発芽から花が咲くまでは、7年ほどもかかるのです。




kubokawablogkubokawablog at 17:40コメント(4) 

2014年04月28日

P4280381
知勝院の第一墓地を始め、周辺の山々は新緑の季節を迎えました。
上の写真は、「コナラ」の木の新芽です。

輝く銀色と桃色の毛をつけています。
すでに小さな虫もついていました。ゾウムシの一種でしょうか。

P4280459
上は、墓地の中には4本ほどしかない「ブナ」の木の新緑です。
本種は、他の樹種より芽吹くのが早いようです。
新しい葉には産毛が多いですが、じきに消えていきます。

P4280470
まるで、バンザイをしているようなこちらは、
「ミヤマガマズミ」の新芽です。
忙しく、来月には花を咲かせてしまいます。

季節の移り変わりは、あっという間ですよ。



kubokawablogkubokawablog at 22:46コメント(2) 

2014年04月27日

P4090135
冬眠から目覚めたタテハチョウ(上はヒオドシチョウ)の仲間たち。
これからメスとオスが結ばれ、産卵します。

体力をつけるために、春一番に現れる「フキ」の花の蜜を吸いに来ます。当地域の方言で、「フキ」は、「バッケ」と呼ばれています。

P4090343
こちらは、「シータテハ」。
春のタテハチョウは姿が似たものが多い。ノ( ´ Д `;)

P4150789
翅の裏面は、枯れ葉に似せて、地味な配色のものが多い。
その中、上の「アカタテハ」は割と複雑な模様をしています。

P4150864
こちらは、「アカタテハ」の表面。他種も同様に、地面に止まって、
翅を広げて、日向ぼっこをしている事がよくあります。

冬を越えて浴びる光は、さぞ心地良い事でしょう。



※関連記事は下記の「タグ」からどうぞ!⇩

kubokawablogkubokawablog at 18:01コメント(4) 

2014年04月26日

気が付けば色々な花が今春も咲いていました。
そして、散っていくのでした…

P4220347
上の写真は、4月下旬頃から咲き始める「ニリンソウ」の大群落です。やや日陰の湿った環境を好みます。とある山中を流れる沢沿いで、今年も見られました。

P4110586
こちらは、白花の「キクザキイチゲ」の大群落です。
花の時期は意外と長く、4月中は見られるといった感じです。
青い花の本種もありますが、やはり白花の群落には混じらない。

P4230202
春の花畑には欠かせない、上の写真は、「カタクリ」の大群落です。
既に開花のピークは過ぎてきていますが、標高の高い宮城県との県境付近では、これから満開となります。当地域では、これから、スミレ花畑の季節ですね。♪



kubokawablogkubokawablog at 08:10コメント(4) 
QRコード
QRコード