2014年07月

2014年07月30日

P7300051
とある林の中で見つけたユリ。
葉が輪っか状に付く(輪生)、その名も「クルマユリ」。

当地域では、群生するほど多くはありませんが、
ちらほら見られます。

P7300165
おや?「クルマユリ」の群生?!
いいえ。似ていますが、こちらは「コオニユリ」の群生です。

湿った場所に多く見られます。
水がよく染み出る田んぼの畔で撮影。

P7300176
現在、知勝院の敷地内では、上の写真の
「ヤマユリ」がたくさん咲いています。見頃です。

P7300189
知勝院本堂の前では、
ちょっと不気味な「ウバユリ」の花がいっぱいです。

ちょっと終り気味。そういえば、もう8月でした…




kubokawablogkubokawablog at 21:49コメント(4) 

2014年07月29日

P6270262
いんやぁ~… すっかり夏になりました。
梅雨明けです。

P7260067
「オニヤンマ」。
さすがに暑すぎると、虫たちもあまり元気がない。

P7210021
「ヤマユリ」。咲きました。
アジサイもまだ元気いっぱい。

P7250046

秋の七草、「キキョウ」がもう咲いています。
それでも今は、夏ですね~。



kubokawablogkubokawablog at 23:26コメント(5) 

2014年07月28日

ついに来てしまいました。

P7260073
知勝院寺務所前のため池に、ウシガエルの卵の塊を発見。
ここ数年、年に数匹、親蛙を捕まえた事はありましたが、
今回、卵は初めてでした。

写真の黄色のラインの内側に卵の塊がありますが、見えにくい。
今月26日の土曜に見つけ、早急に取り除きました。。。

P7280079
また、本日、別のため池でウシガエルの卵塊(らんかい)を発見。
「胴長」を着用して、取り除きました。

これを見逃すと、5千~4万のオタマジャクシが孵ってしまいます。

P7280093
またまた、違うため池でウシガエルの卵塊を発見。
またまた胴長を履きなおして防除。

写真はマヌケなポーズですが、アミを遠くへ投げるように振り落とし、
水深が深すぎて行けない所にある卵塊を捕っている様子です。

P7280102
水没ギリギリ!(じつはちょっと水没、いや、だいぶでした…)
ウシガエルの繁殖期は9月まで続きます。

気は、まったく抜けません。


※関連ページについては、
下記のタグ「ウシガエル防除」からどうぞ!↓





kubokawablogkubokawablog at 20:27コメント(5) 

2014年07月26日

P7110213
スジクワ君の冒険の故郷の舞台となったのは、
じつは、当協議会の再生事業地でした。

P7220091
事業地内のヤナギの林は、放棄された田んぼの後にできたものです。
現在、林の中は明るくなり、生き物が入って来やすい環境となりました。

季節が進んで、樹液が出ている木がだんだん増えています。
上の写真は、樹液にやって来た「ミヤマクワガタ」のオス。

P7220060
黄緑色が美しい「アオカナブン」がいっぱいです。
木の裂け目の中には「コクワガタ」がよく入り込んでいます。

「スジクワガタ」も、もちろんいますよ。

P71409170
「シロスジカミキリ」がいました。
この種類は、固い生木にも卵を産みます。

産卵の時に傷ついた樹皮や、幼虫が木の中を食べ、蛹を経て、
外に出る時に開ける穴から、樹液がよく出ます。

樹液にはチョウも、怖いですがスズメバチなど色々な虫が集まります。
これからが楽しみです。(*^ー^*)ノ



※以下、お話の舞台と、紹介のリンク!↓

第1話 旅立ち = 新・再生事業地 → 新・再生事業地 草刈り~
第2話 兜の森  = 馬土農園           →  無農薬田んぼ アメおくれ
第3話 オバケの森 = 新・再生事業地
第4話 花園      =  長倉第二墓地    →  朝~長倉Vol.7
第5話 川、樹液の木 = 久保川 → たっこたい民泊プロジェクト
第6話 目覚め = 新・再生事業地

※スジクワ君の冒険 第1話は下記からどうぞ!↓
2014年07月10日
第1話 スジクワ君の冒険 旅立ち



kubokawablogkubokawablog at 03:00コメント(4) 

2014年07月24日

ちょっと長かったスジクワ君の話も無事に終わりました。
今までと、何か違う事をやってみようと思い、
突然と始まった妙なお話でした。。。(笑)

今回、第3話で登場したオバケのネタばらしをします!

P7110126
まず、このオバケ?の正体。
ある昆虫が怒っている所を正面から撮影しました。

P7110144
その正体は「ノコギリクワガタ」のオスでした。
ヤナギの林にもすんでいて、昼間は木の高い所にいます。
写真の彼は、体長6.5㎝ほどでした。

木を蹴るとビックリして落ちて来ます。
カエルもよく落ちてきます。

P7110171

さぁ、このオバケ?の正体は… 昆虫ですよ…

P7110167
「ゴマダラカミキリ」でした!大きさは3㎝くらいかな。

この成虫が卵を産むためにヤナギの幹を傷つけた所や、
その幼虫が木の中を食べ、外に出る時に開ける穴から樹液が出ます。

カブト、クワガタには大事な存在なのです。
オバケとは、失礼いたしました~ )))


※スジクワ君の冒険は下記から読めます。↓
2014年07月10日
第1話 スジクワ君の冒険 旅立ち



kubokawablogkubokawablog at 23:43コメント(4) 
QRコード
QRコード