2014年10月

2014年10月30日

RIMG0222
サケです。おいしそう?
久保川の下流域には今頃になると「サケ」が来ます。

RIMG0150
この「サケ」たちは、ここで生まれ、海で育ち、繁殖のために帰ってきたのです。

全身全霊をかけた旅路。傷だらけで痛々しい。
繁殖後、力尽きていきます。最後は故郷で…次の命が生まれる。

来月1日、2日は自然観察会「里山の学校」を行います。
初日は「サケ」の観察ですが、ちょうどよさそうなタイミングです。

「サケ」たちよ、ありがとう。




kubokawablogkubokawablog at 23:47コメント(3) 

2014年10月29日

もうしばらく、紅葉に関する記事が続きそうです。

PA290060
須川岳(栗駒山)。雪がだいぶ積もってます。

11月上旬に、栗駒山で何かイベントがあるようで、
車道の除雪が大変そうです。

紅葉と雪山。いいですね。

PA290224
もう白鳥(オオハクチョウ)が来ていました。
雪ではありませんが、白と紅葉。やはりいいですね。

PA290072
一際、黄色く紅葉した樹木は?きれいだな。

PA290090
これは「タカノツメ」という樹木の紅葉。

3枚の葉が、鳥の足型のようにな配置になっているので、
これに見立てて、この和名が付きました。

新芽は山菜として頂けます。独特の苦みが美味。

PA290102
沢に「タカノツメ」の葉が流れていました。
そのそばで、紅と黄色のモミジ。「コハウチワカエデ」です。

やはり、モミジの種類で紅葉する色が微妙に違いますね。
紅葉の美しさは東北ならではだと思います。


※紅葉の関連記事は下記のタグからどうぞ!↓








kubokawablogkubokawablog at 21:56コメント(4) 

2014年10月28日

野鳥定点観察のために「ブナ、イヌブナの森」へ。
ちょうどよい紅葉の時期。ですが今日は小雨が…

PA280009
ところが、森に入ってしばらくすると、雲が途切れて青空が!
太陽が顔を出し、木々の葉が燃えるように輝き始めました。

PA280027
森の尾根筋はイヌブナが多い。黄色いですね。

PA280032
赤い葉が混じる。カエデの仲間ですね。
「イタヤカエデ」は黄色く紅葉します。紅くはならないのか??

PA280036
やはり、林床(りんしょう)も紅葉。
落ち葉と、「イヌブナ」の根元に生える「ウリハダカエデ」は紅くなってます。

PA280034
「ブナ」よりも「イヌブナ」の寿命は短く、強風に弱いです。

写真のように「イヌブナ」の大木が倒れると、一気に森が明るくなり、その場所には、新しい命(植物)が芽生えます。

PA280040
この後、また曇って雨模様。
もう少し、紅葉を楽しみたいですね。


※関連記事は下記の「タグ」からどうぞ!↓




kubokawablogkubokawablog at 23:54コメント(5) 

2014年10月27日

昨日、長倉へ行ったのです。
昨日の記事、「朝~長倉Vol.10」に追加です。

PA260056
久しぶりに、第二墓地山頂からの風景をUPします。
当地の紅葉は最盛期を過ぎていましたが…

PA260060
あまりにも鮮やかな「ハウチワカエデ」が残っていました。
カエデが紅葉したものをモミジと呼ぶそうです。

モミジの種類によって、微妙に紅葉した時の色が違います。

PA260063
山道には黄色い葉がいっぱい。「アオハダ」の葉ですね。
散っても尚美しい。

PA260077
狂い咲きの「ヤマツツジ」。まだ咲いていました。
黄色い葉と桃色の花。やはり違和感が…。

青々とした葉と桃色の花があって、
はじめて「ヤマツツジ」という感じが。。すると思いますよ。


※関連記事は下記の「タグ」からどうぞ!↓




kubokawablogkubokawablog at 20:18コメント(3) 

2014年10月26日

PA260089
全然結果を報告しないでお馴染みの野鳥観察のために長倉第二墓地へ…

当地での紅葉のピークは過ぎた様子。
やや寒い朝でしたが、日差しは暖かポカポカ

小春日和でした。
PA260051














第二墓地北向き斜面の様子。

こ~ん~な~小春日和の~
穏やかな日は~ 朝日の優しさが~ しみてくるぅ~♪
PA260083
霜はまだ下りません。朝露のアート。
花は「ゲンノショウコ」。蜘蛛の糸とのコラボレーション。

ネックレスをしているようですね。(*´ー`*)

PA260091
太陽が昇り気温が上昇すると、朝露が水蒸気となっていきます。
稲刈り後の田んぼで幻想的な風景。

さとやまの四季はいつでも美しい。。


※関連記事は、下記の「タグ」からどうぞ!↓




kubokawablogkubokawablog at 16:29コメント(2) 
QRコード
QRコード