2017年10月

2017年10月26日

久しぶりの「今日の水辺公園」。
夕方になって日が陰ると、すっかり寂しい雰囲気に。。⇓
_A260138
本日、日中はかなり暖かく、小春日和に。
色々な生き物に出会いました。

_A260348
秋なのにチョウが?まだまだいます。
しかも写真の「シータテハ」は成虫のまま越冬します。
羽のギザギザ、ボロボロな様子は羽化した時から。
枯れ葉に擬態しているのですね。日向ぼっこ中です。

_A260331
こちらも地面に止まって日向ぼっこ。「ネキトンボ」です。

_A260292
「アマガエル」。本人は完全に葉っぱになりきっているつもり。
葉っぱの色や落ち葉の色に合わせて、
体の色を黄色っぽく変えています。

_A260366
久保川流域の紅葉の最盛期は今週末から週明けとなりそうです。
台風が迫っていますが、雨が降るのは月曜だけ、という予報です。

思いっきり自然の中でぶらぶらしたいですね~。


※関連記事は、下記の「タグ」をクリックしてご覧ください!⇓




kubokawablogkubokawablog at 23:14コメント(4) 

2017年10月25日

_A250100
久保川流域の紅葉はまだこれから。
まだ、稲刈りに追われる農家さんも少なくない状態です。
ふと一息、耳を澄ませば鳥の声、そっと探せば小さな出会い。

_A250014
染まり始めた木々を背景に「エナガ」が参上。
木に隠れている虫を探して食べていました。

_A250031
カンボク(トリクワズ)の木にて。果実は尋常ではない苦さ。
やはり鳥たちは口を付けません。

_A250070
「ヤマガラ」は好物のエゴノキの種子を食べています。
秋の里山には、鳥たちの冬支度に欠かせない食べ物が多くあります。

_A250088
変わった髪型の小鳥を見つけました。カシラダカですね。
冬に日本へ飛来する鳥が、もう久保川にいます。
もう、冬が来るのですか…?

_A250109
カシラダカに混じって、子の小鳥は??あ、「アオジ」の雌ですね。
これは夏鳥。日本で繁殖して南方へ渡り越冬するのです。

今は鳥の渡りの時期。帰る夏鳥と来る冬鳥と出会える贅沢な季節です。


kubokawablogkubokawablog at 23:59コメント(4) 

2017年10月24日

一日の日が短い秋。あっという間に日が暮れていきます。
ブログを更新する前に…
秋を後追いして、生き物たちを写真で紹介しましょう。
_A010173
知勝院の事務所前から。秋に目立つ花といえばノギクの花。
淡い紫色のノコンギクでしょう。たまに白花も見られます。

_9190094
アザミも秋を代表する花ですね。
蜜を求め、その花にきたのは、「スジボソヤマキチョウ」。
久保川流域では稀なチョウです。

_9190066
黄色っぽいトンボ。。なので「キトンボ」という、そのまんまの種名。
アキアカネと並んで、晩秋まで見られるトンボです。絶滅危惧種。

_9190126
カエルもまだいますが、そろそろ冬眠でしょうか。
おやすみなさい。
写真の「トウキョウダルマガエル」も絶滅危惧種です。


9月の下旬から先週にかけて撮影した生き物写真でした。
続きは、また後程…


kubokawablogkubokawablog at 14:27コメント(6) 

2017年10月23日

10月16日。知勝院の合同慰霊祭(メモリアル)のオプション、
須川岳の旅へ参加してきました!須川岳(栗駒山)の登山です。
10月登山、さと研究員は、これで3回目です。

_A160704
残念ながら紅葉はほぼ終息。
須川温泉の登山口から賽の河原を経由。昭和湖を目指します。

_A160707
当日、天気が心配でしたが何とかなりました。

_A160717
賽の河原→名残が原→昭和湖へ
上の写真は、その間で一番の難所。(?)

_A160723
_A160794
紅葉終息、といっても中々きれいでした。

_A160741
もう氷柱が…寒いです。

_A160768
山頂付近から岩手県側。今日も鳥海山が見えました。

_A160775
登山は樹木葬契約者12名とスタッフが参加。
私は後方グループ7人と一緒に山頂まで。

次の登山は来年の5月を予定。
また行けるでしょうかね。行きたいです!








kubokawablogkubokawablog at 12:46コメント(4) 

2017年10月21日

地元紙、岩手日日新聞に隔週土曜連載中!
「里山スケッチ」が岩日のHPで閲覧可能になりました。
※10月21日(土)の記事は、下記をクリックしてご覧いただけます。⇩
https://www.iwanichi.co.jp/special1/special1_cat/satoyamasketch/
宜しくお願いします!

さて、そろそろ里山も紅葉の最盛期が近いです。
久保川流域では再来週のはじめあたりが見頃となるでしょうか?

でも、さと研究員が気になるのは…?
  ⇓
_A120140
やっぱり野鳥のこと。 だって私、「鳥追い人」ですから。

寒さを避け、餌を求めて野鳥たちが里へ下りて来る時期です。
ノリウツギの木に止まったのは「エナガ」。

別名、「えなっち」と呼ばれます。。。ごめんなさい、嘘です。

_A12014
撮影後も写真の編集で、つい遊んでしまいます。
鳥好きなので。


今現在台風が近づいていて、今月23日は直撃でしょうか。
しばらく撮影はお休みです。




kubokawablogkubokawablog at 15:06コメント(4) 
QRコード
QRコード