2018年09月

2018年09月30日

地元紙、岩手日日新聞に隔週土曜連載中!
「里山スケッチ」が岩日のHPで閲覧可能になりました。

※9月30日(日)の記事は、下記をクリックしてご覧いただけます。⇩
https://www.iwanichi.co.jp/special1/special1_cat/satoyamasketch/

宜しくお願いします!


かなり時間がたちましたが。。
同紙掲載の記事。さと研究員、岩手環境アドバイザー名義で、
自然観察会を行いました。よろしければご覧ください。⇓
(※画像上、左クリックで拡大してご覧いただけます。)
2018.9.13狐禅寺寺子屋
岩手日日新聞、2018.9.13 掲載



kubokawablogkubokawablog at 09:55コメント(4) 

2018年09月29日

曇天の久保川流域。肌寒い。。
だいぶ秋めいてまいりました。
_9290021
知勝院事務所前。モミジが少しずつ色付き始めました。

_9290003
「センブリ」が咲く。
それは、他の秋の花が終わりに近いことを意味します。

_9290016
中でも「アキノキリンソウ」は晩秋まで咲いています。

_9290006
「カツラ」の色付きはだいぶ進みましたね。
今頃は須川岳の山頂が紅葉の見ごろでしょう。

_9280006
花泉町には「オオハクチョウ」が既に飛来しています。
稲刈りが終わる頃になれば、
落ちもみを食べに久保川流域にもやってくるでしょう。

今から楽しみですね。



kubokawablogkubokawablog at 22:37コメント(4) 

2018年09月28日

久保川流域を離れ、岩手と宮城の県境へ・・・
岩手県、花と泉の町、花泉町を訪れました。
_9280094
気候は殆ど宮城県と変わりません。
久保川流域に比べれば、開けた場所が多く、
温暖で雪が少ない地域です。

_9280092
本日は、少しだけ汗ばむ陽気。半袖でも大丈夫でした。

西日が差す金色の水田の一角、水が張られた場所が?
ここは、春に苗箱を並べて稲を育てていた所です。
今は湿地のようになっています。

どんな生き物がいるでしょうか?⇓
_9280001 (2)
水辺といえばトンボ。「ノシメトンボ」です。

_9280025
「シオカラトンボ」。平地に普通のトンボです。
久保川では少ない種類です。

_9280011 (2)
秋といえば「アキアカネ」。
後ろにはアブが飛んでいます。

_9280074
風さえも紅く染めるほどの色合い。
田園に揺れる「ヒガンバナ」。

_9280050
そして、「コバネイナゴ」。稲の葉を食べてしまう害虫です。
しかし、虫が暮らす田んぼは安全である証拠。
農薬で虫がまったくいない田んぼは、不気味です。


水田雑草、病害虫の問題は深刻なものですが、低農薬、
または無農薬で安全を重視し、努力する農家の皆さんがいます。

消費者は、そのことを理解し、人と食、命に感謝して「いただく」ことを忘れてはいけませんね。




kubokawablogkubokawablog at 21:06コメント(6) 

2018年09月27日

本日は朝から雨が降っていたので撮影断念。
昨日と先週末に撮影した写真から紹介しますよ。

_9260018
⇑昨日は、こんなに晴天でした。知勝院事務所前では、
究極に苦い「カンボク」の果実がたくさん実っています。

_9220082
秋に元気な虫といえば、スズメバチの仲間です。
「キイロスズメバチ」は花をよく訪れて蜜を採取します。

_9220094_9220114
林の中、キイロスズメバチがよく訪れていたのは、上の花々。
「オヤリハグマ」(左)  と「オクモミジハグマ」(右) です。
キク科の野草、あまり蜜がありそうな花には見えませんがね…

_9260211
秋の華やぐ季節は、春以上にさまざまな虫が集まります。
アザミには蝶の姿がお似合いです。写真は「キタテハ」。

_9260299
今度は「キアゲハ」がやってきました。と思ったら花に先客が?
アザミの花、よく見るとクモとコガネムシの仲間がいます。
アザミは皆に大人気ですね。

_9260432
クモは、花に集まる虫を獲物として狙い・・・
トンボは羽を休める場として植物を利用します。

日没前、ツリガネニンジンで眠る「アキアカネ」がいました。
雨の日はどうしていることでしょう。今日の最高気温は14℃。
寒かったーー。


kubokawablogkubokawablog at 22:15コメント(4) 

2018年09月26日

_9260026
朝から晴天の水辺公園。
明日は雨のようなので、午前中に撮影を。。

_9260007
紅葉はまだまだですが、果実は色付き、実りつつあります。
赤い実は「ウメモドキ」。これを食べる生き物は少ない。
餌が少ない冬、スズメやベニマシコが口にします。

_9260082
ミズキの黒い実を「ヒヨドリ」がついばんでいました。

_9260083
「ホオジロ」は水浴びした後のようです。
午前中、濡れてしまって寒くはないのか??

_9260136
何か視線を感じ、見上げると「ニホンカモシカ」が。
鳥も動物も、秋の実りを求めているようです。
そんな、あなた達の姿を、さと研究員は求めているのです。

・・・もちつ、もたれつ  ?


※関連記事は、下記の「タグ」をクリックしてご覧ください!⇓


kubokawablogkubokawablog at 21:53コメント(4) 
QRコード
QRコード