2013年10月31日

本日は、ぽかぽかと小春日和。
こんな日は、草陰に隠れていた虫たちが舞い始める。

P1060355

アザミの花に来たのは、黄色い蝶。その名は「キタキチョウ」。
本種は、なんと成虫で越冬します。

あ、小さな「ヒラタアブ」の仲間も来ていましたね。(*´ー`*)

P1060354

こっちにも蝶が。これは「イチモンジセセリ」ですね。
羽に漢字の一文字模様が見えるでしょうか?
これが和名の由来になっています。

P1060227

こちらも「イチモンジセセリ」。
葉に止まるメスに、後ろからオスが求愛のアプローチ。
微笑ましい。

P1060353

こちらでは、「ヤマトシジミ」のオスが翅を広げて、日向ぼっこ中。

本種の翅の表面は水色っぽいですが、
メスは黒っぽい色をしているので見分けは簡単です。


小春日和と言うだけの事はあって、写真の雰囲気も春先の様。
されど、アザミは秋に咲く植物なのでバレてしまう。(笑)


kubokawablogkubokawablog at 22:19コメント(2) 

コメント一覧

2. Posted by カワセミ   2013年11月01日 12:05
まさに雰囲気は春のような。ヒラタアブ、キタキチョウ、一文字模様のイチモンジセセリ、ヤマトシジミ達ののどかに過ごせた一日でしたね。
キタキチョウは成虫で越冬するそうでどこにそのパワーをためているのでしょうか?
1. Posted by さくら   2013年11月01日 11:00
黄色いキタキチョウ、羽に漢字の一文字模様のあるイチモンジセセリ、水色のヤマトシジミが日向ぼっこ。厳しい冬を控え小春日和の平和ないい一日でしたね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード