2018年04月20日

早春が過ぎ、春へと移り変わる久保川流域・・・
_4190008
知勝院、第一墓地からの展望。
野生の桜、「オオヤマザクラ」が満開です。

_4190025
虫たちも活動をはじめました。
葉の上でひなたぼっこしているのは、
「スギタニルリシジミ」です。

_4190061
「ニリンソウ」。来週には花盛りとなるでしょうが、
月曜からしばらく天気があまり良くないそうです。

_4190212
早春といえば、フクジュソウやカタクリですが、
春といえばスミレやサクラソウでしょう。
写真は「エイザンスミレ」です。

_4190445_4190089
「スミレサイシン」に・ ・ ・  「アズマイチゲ」も

_4190109
初夏の開花をめざして、
「バイケイソウ」がぐんぐんと葉を茂らせています。

_4190553
林のまわりでは、「キクザキイチゲ」が楽しめます。
早春から春まで、花の息が長い野草です。

_4190045
早春の代名詞発見!「ヒメギフチョウ」です。
岩手県内での生息地は、かなり局所的。
希少なアゲハチョウの仲間です。そっと見守りましょう。

_4190378
新緑の季節は、もう来ていました。
アカハラとコサメビタキのさえずりが心地よく響きます。

さて、明日はどんな出会いがあるでしょうか??



kubokawablogkubokawablog at 19:51コメント(2) 

コメント一覧

2. Posted by さと研究員   2018年04月28日 14:26
さくら さま
当地域内で、ヒメギフチョウは毎年出会うことが難しい希少種です。来年も、もちろん出会えることを願っています。鳥のさえずりの季節はこれからですね。花も短いですが、鳥の恋の季節もあっという間です。
1. Posted by さくら   2018年04月20日 20:43
 久保川流域は百花繚乱春真っ只中!希少なアゲハチョウ「ヒメギフチョウ」の羽の模様凝ってますね!鳥のさえずりも心地よく響くそうで聞いてみたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード