2018年04月21日

_4200939
昨日、撮影した「カタクリ」。
本日は、もう枯れていました。短し花の命であります。

_4130183
もうだいぶ夏鳥が入ってきていますね。
3月下旬には、上の写真の「サシバ」が流域へやってきました。
昨日あたりから、オオルリが鳴き始めました。

_4180056
こちらは「オナガ」。主に久保川の下流、
町場に近いところにいるので、
研究所付近にいるかぎり、あまり目にする機会がありません。
流域では初めて撮影しました。

_4210013
今日は知勝院のため池で「クサシギ」を見ました。
春と秋の渡りの時期に日本へやってくるシギです。
夏鳥ではありませんね。

今年もキビタキとオオルリ
できればコルリを撮影したいです。


※関連記事は、下記の「タグ」をクリックしてご覧ください!⇓


kubokawablogkubokawablog at 23:23コメント(4) 

コメント一覧

4. Posted by さと研究員   2018年04月28日 15:16
カワセミ さま
オナガ。姿は美しいですが、鳴き声が。。。
やはり、カラスの仲間です。
ですが、天敵はカラス。
カラスが増えすぎてオナガは少なくなりました。
3. Posted by さと研究員   2018年04月28日 15:13
さくら さま
クサシギは渡りの時期しか入ってこない野鳥なので、ちょっと珍しかったです。
シギの類は逃げ足が速く警戒心も強いので撮影は結構難しいのです。
2. Posted by カワセミ   2018年04月24日 09:21
夏鳥たちの飛来楽しみです。オナガはこんなに美しかった!かと素敵な写真に嬉しくなりました。撮影ありがとうございます。
1. Posted by さくら   2018年04月22日 11:14
 短命のカタクリは枯れだし、夏鳥もだいぶ入ってきているそうで、キラキラ輝く水辺にたたずむ渡り鳥のクサシギのUPは初夏を感じます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード