2018年05月06日

久保川流域で「ヤマツツジ」が花盛りとなりました。
今回は知勝院第一墓地の中で撮影です。
たくさん撮りました。

_5050186
アカマツ林の低木といえば「ヤマツツジ」です。
乾燥に強く、尾根筋に多く自生します。

_5050056
今年は、例年よりたくさん咲いた気がします。
雪解けが急だったので、一気に活動を始めたのかもしれません。

_5050078_5050027
去年は雪が多かったので、休眠をしっかりとったのでしょう。

_5050157
春の暖かさで深い眠りから目覚めたので、
花を多く咲かせることができたのかもしれません。

_5050293
流域ではゴールデンウィーク後に花盛りとなりますが、
今年は若干ですが開花が早まりました。

岩手県のツツジの名所、「室根山」での開花も、
同じく早くなるでしょうか。5月下旬が楽しみです。



kubokawablogkubokawablog at 22:15コメント(4) 

コメント一覧

4. Posted by さと研究員   2018年06月10日 22:09
カワセミ さま
室根山の花盛りにはギリギリ間に合いましたが、当日、時間が無く、15分しか滞在できませんでした。撮影をするとなると、物足りない時間でした。
3. Posted by さと研究員   2018年06月10日 21:54
さくら さま
急激な刺激でたくさんの花が咲きましたが、
その後がどうなるかはわかりませんね。
代償があるような気がします。
2. Posted by カワセミ   2018年05月17日 08:21
ヤマツツジがきれいですね。自然の中に合った色ですね。岩手県のツツジの名所「室根山」の開花も5月下旬頃とか楽しみですね。
1. Posted by さくら   2018年05月07日 10:08
 ヤマツツジが本当に沢山花を咲かせていますね。去年雪が多くてしっかり休眠がとれ雪解けが急で深い眠りから目覚めたのではということですが、植物にとって自然界の急激な変化は刺激になっていいこともあるのですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード