2018年08月02日

_7190024
当協議会が従事している「ウシガエル防除活動」。
カゴ罠による侵略的外来種のウシガエルの捕獲により、
その個体数の密度を低くし、維持、
生態系を回復させることを目的としています。

_7190001
罠、アナゴカゴを溜池の水中に設置します。ウシガエルの物陰に隠れる習性を利用して、罠にかけます。

罠の中のペットボトルは、罠の水没と
罠に入る生き物(希少種)の溺死を防ぐためのものです。

「浮き」となるペットボトルは針金で固定されています。
詳しくは後程。

_7190003
今回は一工夫。水にぬれても破けない、丈夫な布
ということで、「防草シート」を使用し、
罠全体を覆って更にウシガエルを呼び込む作戦です。

_7190005
覆い隠すとこのような感じです。これをこのまま水中に設置します。
罠に紐をつけて、ため池へ投げ、定期的に引き上げます。

罠を溜池へ投げ入れる時、シートの面が下にならないように
「浮き」であるペットボトルを針金で固定。
ペットボトルを固定した面にシートを被せます。
  ⇓
シートを被せる面と反対側に、
罠の中身の出し入れ口がくるようにします。
出し入れ口がシートで塞がってしまうと、
中の取り出しが大変です!

_7190021
このように設置。シートがあった方が自然な雰囲気です。
当方のカゴ罠設置では、
シートがあった方がウシガエルの入りがよいと感じています。

_7190013
8月2日。とある溜池にて、「シートトラップ」を12個仕掛け、
一週間後に回収。
17匹のウシガエル(大型個体x1、子ガエルx16)を捕獲成功。

地道に続けることが最も重要です。


※関連記事は、下記の「タグ」をクリックしてご覧下さい!⇓





kubokawablogkubokawablog at 22:48コメント(4) 

コメント一覧

4. Posted by さと研究員   2018年08月05日 15:21
カワセミ 
ウシガエル防除なしに自然再生は達成できない、というほど深刻な状態となっています。これ以上、個体密度が増加、拡散しないように最善をつくします。
3. Posted by さと研究員   2018年08月05日 15:13
さくら さま
もっと効率的な防除の方法がないかどうか、さらに試行錯誤し、新しい罠を工夫、作成することが求められています。また新しい手段を考えていきます。
2. Posted by カワセミ   2018年08月04日 23:08
「シートトラップ」で既に他の溜池で12個仕掛け17匹のウシガエルの捕獲に成功との事。カゴ罠の様々な工夫や設置場所の工夫などさくらさん同様本当に頭が下がります。
1. Posted by さくら   2018年08月03日 11:48
ウシガエル捕獲用のカゴ罠にも希少種溺死予防の為のペットボトル、水に濡れても破けない防草シートの使用、中身の取り出しを考えたシートの位置等々様々な工夫をされているのですね。頭が下がります。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード