2018年09月01日

8月30日の晩、激しい雷雨に見舞われた一関地域。
翌日の久保川はいつになく増水し、荒れ狂う川への変貌。⇓
_8310008
それでも、2015年の大氾濫に比べれば大したことはありません。
31日は、雨が降ったり止んだりを繰り返しました。

_8310054
雨でも野外で活動。休耕田では「ミソハギ」が咲いていました。
お盆に供えられる花ですが、今頃が花盛りでしょうか。
花にはたくさんの虫が集まるのです。

_8310202
「ヒメウラナミジャノメ」

_8310218_8310257
「オオイチモンジセセリ」   「コバネイナゴ」

_8310119
背景に咲くのは「ユウガギク」。。。
雨が強まったので、やむなく退散です。

_8310383
夕暮れ時。明日も天気が思わしくなさそう。
ということで、本日9月1日も悪天候の久保川流域なのでした。




kubokawablogkubokawablog at 20:46コメント(4) 

コメント一覧

4. Posted by さと研究員   2018年09月29日 22:53
カワセミ さま
雲行きが怪しいとは、まさにこのことですね。後日、雨はしばらく続きました。
3. Posted by さと研究員   2018年09月29日 22:41
さくら さま
この後もしばらく雨が続きました。曇り空の通りでした。
田んぼが乾燥しないと、秋の稲刈りが大変なので、心配です。
2. Posted by カワセミ   2018年09月03日 00:01
休耕田に咲くミソハギの撮影は雨の中、花も虫も元気ですね。
こちらも雨が降ったり止んだり、久保川流域の雲、今にも落ちてきそうなまっくろな雲ですね。ちょっと怖いですね。
1. Posted by さくら   2018年09月01日 21:54
 なんか空模様が怪しげですね。大雨にならないといいですが。休耕田に咲くお盆の花ミソハギにはいろいろな虫が集まってきていますね。雨の中での撮影有難うございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード