鱒釣りの見聞録@東日本 

東日本の本流と渓流と湖を、基本的にミノーで攻める(頑張るw)オヤジの備忘録的ブログ。 ITO. CRAFT、SIMMS、Cardinalを酒肴しているけど、大物をビシバシ釣るような腕はありません… 釣り自体ちょっとブランクがあるので、リハビリしながら感を取り戻します(泣

最終戦。

久々の更新(笑

なんせ仕事の年間最大の山場を4月から6月に設定しているもんだから、終わると廃人になってたw

そんな中でもちょろっとアチコチの川を覗いているので簡単な纏めを。


6月後半秋田~岩手の2泊3日の旅。

横手川:初のブラウントラウト

CIMG1688

ちっさw こんなん2匹とイワナ泣尺で終わる。

岩手は和賀川でヤマメぼちぼち。


お盆休みは閉伊川中流域の1泊2日の旅。

CIMG1708

この日もイワナとヤマメに遊んでもらって終わり。

初河川はポイント絞れなくて大変だ。

鹿の角を拾った。


ほいで、今日はシーズン締めくくり(C&Rの特別解禁はあるけど)を江合川で。

CIMG1715

53cm

実はコレ7月だったかに小さな堰堤プールで発見していた奴。 俺の勝ち。








本流中流域

はぁ~・・・去年もこの川で深いため息をついたな~


サクラマスが少量ながら遡上する、スーパーヤマメが育つとして有名な河川。

その川の中流域の一級ポイントの淵。

何度か山夷68StypeⅡをキャストした後、蝦夷スプーン41-7gにチェンジ。

淵は手前で深い巻き返しが出来、砂が舞う。その向こう側へスプーンを落とし、ボトムは取れないので、

ヒラヒラとフォールの基本操作。

繰り返す事だぶん3投目。

「ゴンッ」と来て、シーン・・・ 今のはデカいだろー!!! はぁ~泣 スプーン小さかったかな・・・

その後に再バイトなどある訳なく、移動。

次のポイントで幅広な26cmのヤマメをダウンで釣るも、さっきのバイトが忘れられない。

いつまでのEXCロクマルに残る、ニジマス40cmクラスを超えるなんとも言えない感触。

絶対今季はスーパーな奴釣ってやる!

炎天下でカップラーメン食べて帰宅。

IMG_0965



雨あがりの鱒(小説風)

前日夕方より雨。強まったり、弱くなったり。

天気予報は当たった訳だ。

山の気温、川の水温は同じ12℃を差す。

雨のせいで、上流より落ち葉などの堆積物が流れて来るが、まだ笹濁りであった。

川に降り2時間程経過。8寸岩魚をようやく釣り上げたころ、雨があがった。

見上げる奥羽山脈から、雲とも煙ともとれる白い水分の塊が上空へ流れ始める。

風が吹くと、洗われた新緑が色を取り戻した。

白泡が巻く落ち込み。流れ出る筋。それが消える深み。

5lb.ラインの先にはフランス生まれの金属製のルアー。

ひったくる魚信に戦いを挑む。相手はこの川の平均サイズを超えている大きさであろうか。

6フィートのロッドは最大限の曲線を描いてそのチカラに対抗し、リールはチカラを削ぐため糸を出す。

戦いの末ネットに収まったのは、鼻先に完治した傷跡をもった46cmの虹鱒。

その後同じ淵で、これを切っ掛けのように5本のニジマスをリリースする事になった。

またポツポツと雨が落ちて来ると虹鱒のあたりは完全に消え、そして雨は音を立てて天より落ちて来た。



IMG_0898



2015年に8年ぶりに復帰したトラウト好きなオヤジです。 ランキングに参加してます よろしければ↓をポチッと。
にほんブログ村
livedoor 天気
ギャラリー
  • 最終戦。
  • 最終戦。
  • 最終戦。
  • 本流中流域
  • 雨あがりの鱒(小説風)
  • イワナイワナイウメッシュ~
  • イワナイワナイウメッシュ~
  • イワナイワナイウメッシュ~
  • C&R区間特別解禁PARAT2