2006年06月23日

宮本直樹さんを捜しています!その2

二通りのケースについて考えてみる

1)東京港から乗船していなかった場合

2)乗船したが徳島港で下船していた場合

上記のケースについて考える前に、「くちなし」は長年拉致問題に取り組んできた者として、拉致事件に巻き込まれたとして宮本直樹さんの事件を考えている事を予め御了承頂きたく思います。

宮本直樹さんが拉致事件とは無関係の失踪事件であったとしても、真相が究明される事、家族と再会されることが本望であります事も付け加えさせて頂きます。

宮本直樹さんと北朝鮮との関係

直樹さん御本人と北朝鮮との関係は全く思い当たらないと聞いております。そこで、小生の独断で先日、直樹さんと縁のある土地を歩いてみました。

捜索願が提出されている警察が、尾久警察署03−3810−0110です。

都電荒川線の荒川遊園地から近い場所に警察はあります。都電に乗車すると大塚、早稲田へも行ける事ができ、そこから池袋は程近い距離。

荒川区内の朝鮮総連は日暮里に支部があり、朝鮮学校もあったりと比較的活発な活動をしている様子が感じられた。

しかし何ら関係など見出せない。差し障りない程度で聞き込みをするが、在日の部落が見つからない。そこで、知人である、我が草に連絡、日暮里支部会員の名簿を入手できないか相談するが断られた。

全く打つ手が無いまま時間が過ぎる。その時、目にしたのが朝鮮学校の子供達。中学生だと思うが、ある方向に流れる様に歩いている事に気が付き、尾行してみると、昔は部落であった臭いのする?住宅街についた。駅から、それほど遠くない距離。

この場所で数軒、拉致、失踪に関して聞いてみた。すると数軒訊ねて返ってきた言葉に驚愕した。

小生の問いは、「宮本直樹さん失踪事件をご存知ですか?拉致された可能性も捨てきれない事件だと思うのですが?」

近隣の方の答え「失踪事件?知らないなぁー。拉致?そー言えば、昔の話だが、聞いた事があるが、思い出せない。ちょっと待ちなさい」

数分待たされ、近所の家に案内すると言う。正直、一瞬身構える程、緊張が走ったが考えすぎであった。

案内された家の主人は、「宮本とは、北朝鮮の工作員の事だろ?大韓航空機爆破事件に関係していたとか、当時、騒がれ取材にも来ていたが、給食屋だと記憶するが、西日暮里で商売してた程度しか思い出せない」

宮本直樹さんを捜していたら宮本明に辿り着いた

西新井事件の宮本明。1985年、重病のまま入院先の病院から行方不明になっている男。北朝鮮の工作員、朴が小住健蔵になりすまし世界中にスパイネットワークを構築しようとしたスパイ事件。小住さんの部屋の保証人が宮本で、宮本の会社の専務に名を連ねていたのが小住さん。

西新井事件、大韓航空機と話を出していると難しくなるので簡単に記すと、2002年に失踪した宮本直樹さんは、池袋、新大久保などを訪れる事が多かった。

この行動エリアと「宮本明」なる人物の行動エリアが重複する。田口八重子さんが勤務していた「ハリウッド」「杯一」が池袋北口にある。都電早稲田から近い高田馬場のベビーホテルに子供を預けていた田口八重子さん。先に記した様に、田口八重子さんの行動エリアと偶然一致した。

「宮本明」なる人物はには弟がいる。直樹さんとは逆であるが、一方が行方不明になっている事は共通している。

「宮本明」なる人物について調べていると気になる事が判明する。宮本が行方不明になり残された資産を処分した人物が総連の人間であり購入した人物が四国の方であった。更に、大韓航空機の「蜂谷真由美」にパスポートデータを悪用された人物も四国の方であった。

20年が経過して日暮里で見つけた奇妙な偶然

宮本直樹さんを捜していたら奇妙な、数奇な運命を感じさせる過去の事件を思い出させてくれた。直樹さんが、徳島港で下船していたらと考えている矢先に、四国と云う共通点も出てきた。

「偶然は必然を生み出す」と常々申し上げているが、北朝鮮、拉致事件に取り組んでいると不思議な関係、奇妙な一致に度々遭遇する。

知人に言われる事がある。「一致する事を探し出そうとするからだよ」と。本当に探し出そうとして見つかるのだろうか?数学的な確率で、どの程度なのだろうか?無意識の内に共通点を探し出そうとしているのだろうか?もしもそうであるなら、「くちなし」はある種の病気かもしれない。

病人「くちなし」が気になる事をもう一点記す。その1で記した直樹さんの遺留品だが、健康食品に関する本と記したが、この本に関して詳しくしらないのだが、宮本明に関する四国の二名の内、どちらかが健康食品関連なんて有り得ませんよね。

宮本直樹さんを捜しています!その3へ続く

同胞救出!奪還せよ!くちなし拝

 



kuchinashi_tou at 00:05│Comments(0)TrackBack(0)拉致被害者 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔