口之島ダイビングサービス最新情報

2014年4月、トカラ・口之島初のPADIダイブリゾートとして、口之島ダイビングサービスがOPENします。日本最後の秘境&宝の海!トカラの今を発信します。 HP http://www.kuchinoshima-ds.com YOUTUBE http://www.youtube.com/kuchinoshimads facebook https://www.facebook.com/kuchinoshimads

ログ

7/21(金)夜-23(日)五島列島・上五島ツアー

こんにちは。
今回はトカラ・口之島ツアーがないので、九州離島ツアー第2弾!
五島列島・上五島ツアーに行ってきました。

出発は21(金)23:45 博多埠頭第2ターミナル。
ということで、早めに博多入りした方と

博多ポートタワー登ったり
20170721_170653

博多名物水炊きを食べたり
20170721_200311

20245750_884996678321342_8924252016906098508_n

帰着した23(日)も天神で飲んだくれたりと、福岡ナイトも満喫しながら・・・

フェリー太古は上五島に到着
20170722_060420


22(土)大潮 晴 水温25-28℃ 透明度 高麗25m 壺ヶ瀬8m
1本目 高麗曽根:西の浅り
2本目 高麗曽根:魔王のテラス
3本目 壺ヶ瀬

23(日)大潮 晴 水温25℃ 透明度5m
1本目 歩いてポン


IMG_4250

IMG_4253


風は多少吹いてるけど、高麗曽根へGO
BlogPaint

IMG_4255


透明度は抜群・・・
IMG_4267


ただ・・・
魚が少ない・・・
IMG_4258

IMG_4265

IMG_4269

完全に外れたって感じ。

高麗では至るとこにサーモクラインが出来てた。
水温差が3℃もあると、変温動物の魚はサーモクラインのある場所からは逃げるんじゃないかな?
高麗曽根は至る所にサーモクラインが出来てたので、完全に困った状態である。

ということで、3本目は壺ヶ瀬に移動。
透明度は悪いけど、サーモクラインはなく、水温は26℃とちょっと低めで安定してた。
透明度も8m位と低いレベルで安定((+_+))

ということで、今日はここが一番魚多かった。
モアイと呼ばれる岩にはキンメモドキやクロホシイシモチがぐっちゃり。
IMG_4278

IMG_4276

アーチの入り口にはイサキが群れ
IMG_4298

IMG_4295

IMG_4289

アーチの上は幻想的なダイバーの泡
IMG_4301

浅場にはゴトウギンポ
P7220248


臥蛇遠征して、2ダイブ外れて、口之島に戻って平瀬がやっぱり当たったという気分である。
やっぱり鉄板ポイントは外れがないから、無難である。

23(日)はお昼のフェリーに乗るので、午前中に1本ビーチダイブ。
920a7702

全く歩く必要がなく、ラダーで上がるので流れのないボートダイブと同じである。

透明度は・・・・・
まあ、悪い(笑)

それは織り込み済なので、のんびりマクロガイド。

深場に行くと、アカオビハナダイがいたり
やたら目立つヒラタエイやオドリカクレエビを見たり
P7230261

P7230269

P7230273


と・・・・いろいろ被写体はいるけど、
メインはこの子
P7230249

P7230256

P7230279

ここで潜るとほぼ100%見れるタツノオトシゴ祭り

高麗曽根は外れたって感じでしたが、上五島の食い倒れは外しなし(笑)

絶対お勧めのペンションの食事
20170722_193131

20370767_885529418268068_1101157417_n

20370752_885529364934740_695990512_n

20370601_885529378268072_1425251833_n

20370229_885529384934738_794452215_n

20292160_885529358268074_1218681548_n

20292159_885529338268076_817760799_n


なんてったって朝食からこのボリューム(笑)
20245364_884996758321334_8259517690050195942_n


お昼の五島うどん
20245663_884996788321331_4378943741467442635_n


スーパーの五島うどんのお土産コーナー
20170722_185456

20170722_185508


陸では外れがないから助かるな~

次はリベンジ高麗か?
それとも五島南方沖で見れるマッコウクジラのスキンダイブツアーか?
また色々企画したいですね。

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

7/14(金)夜ー17(月・祝)ツアーログ

梅雨空けた!
今年の海の日は快晴べた凪(^^♪

今回は関東、関西、中国地区からのご参加の皆様
P7150001


7/15(土) 小潮 晴 水温29℃ 透明度20m
1本目 エボシの離れ
2本目 芽瀬・南ウィング
3本目 平瀬No1


今回の皆さんはベテラン揃いなのですが…
初トカラの方もいたので念のためエボシの離れでチェックダイブ。

流れ見るといつもと逆なので、いつものエギジット側からエントリー。
ということで、いきなりサンゴ畑とキンギョハナダイ、ハナゴイ、グルクンって感じ。
IMG_1652

IMG_1647

P7152998


コブシメの卵紹介するも、ほぼ全員スルー((+_+))
ガイドとしては落胆しながらも(泣)
全員がっつり回遊魚オンリーということが、チェックできたと前向きにとらえよう(笑)

小型のイソマグロが4本位通過すると・・・
バラクーダ部隊(解説)が並走して激写。
※解説
正式名称は神子元バラクーダ部隊(まあ僕が読んでるだけかも)
急速に口之島DSで増殖してる回遊魚オンリーのダイバー。
フィンは必ずバラクーダ。
回遊魚を見ると無意識にロングダッシュする習性あり。
主に神子元を中心にトカラ、与那国、パラオ等に現れる。
圧倒的に関東在住の比率が高い(と思う)。
たまに突っ込みすぎてガイドに注意されるときがあるらしい。
※本人が言ってた(笑)
IMG_1686

P7153016

チェックダイブが終了し、今回の参加者も回遊魚以外一切いらないという事が
確認できたので、2本目は芽瀬遠征に決定。

鉄板の北ウィングにエントリー。
めっちゃ濁ってるし、流れ速くてGTロックにつかまれないので、即浮上し再エントリー。

開拓中に南ウィングに変更し、再エントリー!

濁ってるけど、エントリー直後はツムブリ&ムロアジ祭り
IMG_1678


深場からGT上がってきた
P7153041

その後はチーンって感じ。

午前中は平瀬ブン流れだったので、午後に回したら午後の方がさらに流れてる…
潮汐上は午後の方が弱くなるが、黒潮は気まぐれである。
激流れでも平瀬は僕のメインポイント。
流れの逃げ場は分かるので、No1限定のギンガメ狙い

No1にたどり着く前にボウズハギを追い回すアオチビキに遭遇
P7153049

アオチビキ、釣ると高いんだけど、ダイバーには不人気
顔にシャープさがないからかな・・・

No1はいつも通りなのですが・・・
たまに通過するイソマグロにバラクーダ部隊がやっぱり激写。
P7153014

P7153063

よくもまあロングダッシュすること(笑)
その姿と心意気に水中で思わず拍手を送りたくなる!

ギンガメの群れは明日腐るほど見れるはずなので、今回はイソマグロ追っかけてよし(^_-)-☆
明日、山ほどギンガメ見れる見れる???

7/16(土) 小潮 晴 水温27-29℃ 透明度15-20m
1本目 臥蛇島・木場立神
2本目 小臥蛇島・雄神瀬
3本目 小臥蛇島・沖の瀬


快晴・べた凪・ベテラン揃いと来れば・・・
臥蛇デイトリップ!!
P7160009


つるつるの海面を走ること1時間強
20170716_091218


上トカラの大物ポイントの顔
臥蛇島・木場立神に到着
20170716_092717

P7160011

山ほどギンガメとくとご覧ください。
IMG_1719

P7163102

P7163112

P7163121

P7163122

こんなに沢山みれるから、昨日はギンガメ激写しなくても慌てる必要がなかったのでした。

2本目は雄神瀬。
3本目は沖の瀬。
どちらも海況&ダイビングスキルなど条件が揃った時以外入れないポイント。
今回は条件をクリアしてるのでエントリー!!

潮は早いけど、みんな無事着底し、ドロップオフのおつかまり台でスタンバイするが・・・

とにかく濁ってる・・・
IMG_1742

ギンガメの群れや特大のGTやイソマグロが出るが、写真は全員アウトって感じ。
写ったのは手前にいたテングハギモドキの群れだけ。

昼休みは小臥蛇島の海底温泉でスキンダイブ!
P7160016

P7160017

P7160020

白いのは湯の花で、海底から泡が出てる
P7161611

岩肌からは水蒸気まで出てるよ
BlogPaint


スイカ食べたり、遠征帰りはビールタイム!!
P7160024

P7160026

夏満喫って感じ。

口之島に戻ると、夕日が綺麗。
被写体がいいからねーーーー
20170716_183520

20170716_192152


7/17(月・祝) 小潮 晴 水温28-29℃ 透明度15m
1本目 平瀬No2
2本目 平瀬No2


昨日よりさらに濁って、ごみの多い潮になってきた。
ここまで濁るトカラが珍しい。

昨日はギンガメはお腹いっぱい見たので、No1は着底せず素通り。
素通りしながら、中層でギンガメ集めてみたら、いい感じで写真撮れたね~
IMG_1767

P7173221


目的はNo2のイソマグロ。
この時期は春に比べると小型で群れも小さいけど、夏でも見れる確率有!
濁ってるけど水温はちょっと落ちてたので期待しながら、No2へ移動。

No2の手前の水底はテングハギモドキ祭り
IMG_1781

テングハギモドキにはバラクーダ部隊は反応せず。
こいつも群れるけど、あまり人気なし。。。
かわいそうな奴らである。

No2の岩にはホワイトチップ
P7173176


そして、読み通り小型だけどイソマグロの群れ
P7173189

P7173196

まずはNo2の岩につかまって、マグロが目の前を通過するのを待つ。。。
目の前を通過する時がシャッターチャンス。

最後は、つかまってる岩を離れてイソマグロと並走。
ここがバラクーダ部隊の本領発揮。
誰よりも近く&長くイソマグロと並走!(^^)!
P7173243

P7173253

バラクーダはこんな時に本領発揮って感じですよね~
長くて小回りは利きずらいけど、ロングダッシュはバラクーダに勝るフィンなしって感じです。

今回はトカラにしてはニゴニゴだったけど、連日快晴&べた凪。
臥蛇デイトリップ&芽瀬&平瀬と上トカラ大物ポイント制覇できたから、ラッキーな3日間だったかな。

次回は7月最後の口之島ツアー。
このツアーも臥蛇デイトリップ予定!
ご参加の皆さん、凪祈願しててくださいね。

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

7/7(金)夜ー9(日)ツアーログ

こんにちは。
2週間ぶりにトカラツアー再会(^^♪
7月1発目は広島から松山さん率いるファーストステージ様と東京&福岡からのなじみのゲストさんのご来島。
P7080006

DSC_0073


7/8(土)大潮 曇 水温29℃ 透明度20m
1本目 スパワールド
2本目 平瀬No1
3本目 芽瀬・北ウィング
4本目 芽瀬・南ウィング


朝は南西の風が強かったので、凪の東側のスパワールドでチェックダイブ。
水深20mの水底に皆さん華麗に集合(^_-)-☆

海底からの泡(大学の先生の話だと「たぎり」というらしい)と湯の花に皆さんびっくり。
DSC_0094

P7080135


近くにはハナビラクマノミがいたり
P7080139


高確率でアオウミガメがいる岩があったりします。
IMG_2838


チェックダイブも無事終了!
南西の風なのでエントリーポイントは波はあるけど、
赤瀬近くまで流されればエギジットポイントは凪という状態!
ブン流れてるので、これは出来そう!と判断して平瀬にエントリー!

予想通り・・・ブン流れ(^^ゞ
ということで、No1限定でギンガメ狙い
IMG_5163


たまにイソマグロも通過
IMG_5175


いやー・・・速かった

昼飯食べる頃は凪になってきた!
でも、日曜日の予報を見ると午前中が波が高い予報になってる。。。
船長&松山さんと相談して、急遽芽瀬遠征2ダイブに変更!

くにさんがここに座った時は遠征ポジションなのです(^_-)-☆
P7080003


口之島が遠くに見える。
P7080158


まずは鉄板に北ウィング

GTロックに無事捕まる。
ホワイトチップや特大のイソマグロ通過
P7080160


すごく愛想のいいカスミアジ
P7080856


GTは見れず・・・

鉄板の北ウィングにしては、今回は魚影が薄い・・・
もう1回北ウィングに入るという選択肢もあったけど・・・
松山さんのサポートもあるので、開拓中の南ウィングへ。

魚探で水深20mの中層にムロアジ&ツムブリの群れ発見。
群れの真上からエントリーし、中層20mの魚群を目指す。

ツムブリ、ムロアジ、ニザダイの群れの中から・・・
P7080889


カマストガリ大接近
P7080169

IMG_5229


最後にツムブリ引き連れたタイガーまで登場!
カツオなんかも見れましたよ。

もう少しデータ揃えたら公開できるかな?

日曜日の午前中はやっぱり時化だったので、ファーストステージのみなさんはぷち観光

北緯30度線
20170709_100005


帰りのフェリーはファーストステージさんとターナーは操舵室見学。

ターナーとなぜか背番号15のKURODA
20170709_123420


ファーストステージさま、お気に入り頂き9月も再来島決定!
ありがとうございます。
今度は2日間、ダイビングできますように。

水中写真はファーストステージのゲスト様からお借りましたm(_ _)m

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

6/24(土)-25(日)玄界灘クルーズ

こんにちは。
高木です。

6月下旬は2週続けて、トカラ・口之島ツアーお休みです。
トカラ・口之島ツアーがお休みの時は、九州離島ツアーを開催しています。

今回は口之島DSのゲストさんと本店のブルーアース21小倉のメンバー合同で玄界灘クルーズに行ってきました。
クルーズの行程は下記の通り
3f58be10


1日目の6/24(土)は壱岐方面、
2日目の6/25(日)は沖ノ島方面。
風向きなど海況に合わせてフレキシブに動きます。

口之島DSのゲストさんは金曜日に小倉入り。
居酒屋&角打ちをと2軒はしごして、栄養補給完了!

1日目は壱岐方面に出発。
大潮 曇のち大雨 水温20-21℃ 透明度10-15m
1本目 二神島:キューブロック
2本目 小二神島:ウォール
3本目 壱岐:郷瀬


キューブロックの名の通り四角岩がゴロゴロ
P6243776


キンメモドキがぐちゃっと
P6243818


特大ヒラメ
P6243829


ソフトコーラルいっぱい
P6243845

P6243862

P6254049


ヒラマサ、タカベ、イサキ、タカサゴの群れいっぱいだったのですが・・・
糸島に戻ってきた時が大雨で写真頂くどころではなく・・・・
写真少しでごめんなさいm(_ _)m

まさちゃんの200本記念は小二神島。
二神島が玄界灘の臥蛇島、小二神島が小臥蛇島ってとこかな。
P6240005

P6243796


夜は博多ナイト!
博多といえばもつ鍋
20170624_195112

20170624_194431

20170624_194530

今気が付いたけど・・・右手に持ってる200本記念ログシール反対向き(笑)

もつ鍋⇒スタンディング⇒焼き鳥とはしご。
恥ずかしげもなく、博多駅構内をギョサンで歩きましたよ~

2日目は沖ノ島に出発。
大潮 曇のち晴 水温21℃ 透明度15-20m
1本目 トライアングル
2本目 インペリアル
3本目 シークレットポイント


待望の沖ノ島へ
P6240001


どこもかしこもソフトコーラルいっぱい
P6253915

P6253912

P6253900

P6253895


階段らしき地形
P6253976


イサキ、カンパチ、タカベ、タカサゴはそこらじゅうにいっぱい
P6253949

P6253943

P6253957

P6253931

P6253930


福岡ではレアな魚達も
P6253966

P6254020

P6254038


水面休息中は釣り
アッキー、まさちゃんともに人生初釣りらしい
P6250008

P6250012

まさちゃんは1匹、アッキーは・・・・

晴れてるの時のカレーは美味い
P6250015

19399725_867060936781583_5070911898367613325_n


2日間で壱岐&沖ノ島の海も楽しめて、アフターは博多の夜で遊べる。
1泊2日で内容の濃いツアーになりましたね。

次回の沖ノ島日帰りクルーズは
8/18(金)、8/19(土)、8/22(火)
の8月下旬集中コース。

ぜひ、ご参加下さいね。
水中写真はまさちゃん撮影。
200本おめでとー

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

6/16(金)夜-18(日)ツアーログ

こんにちは。
6月最後のトカラ。
今回は宮﨑から初見参! SUPER NATURAL さまご一行と
東京、埼玉、山梨、鹿児島からのゲストの皆様。
P6170003

P6170153

P6170004


今回はリピーターのにゃんさん以外は初トカラの皆様ばかり。
いつもは半分程度はリピーターの方なので、すごく新鮮な感じ。

17(土)小潮 曇 水温26-27℃ 透明度20-25m
1本目 平瀬No2
2本目 芽瀬・北ウィング
3本目 平瀬No1⇒イソバナポイント
4本目 エボシの離れ


日曜日が北風が吹く予報だったので、今日4ダイブに変更。

流れても良い時間帯ですが、平瀬の流れが見るからに緩い。。。
午後、潮が止まりそうだったので、チェックダイブから平瀬へ。

潜降後、初トカラの皆さんの表情見ても余裕しゃくしゃく。
流れも緩かったので、No1素通りして、No2へ。
と言っても、これくらいは流れてるけどね(笑)
P6170041


単発のマダラトビエイ
P6170012


特大GTと奥はイソマグロ艦隊
P6170022

6月のトビウオシーズンはGT遭遇率高いですね(*^^*)

イソマグロ艦隊が目の前を横切る
P6172719

P6172720


最後に、ギンガメ編隊を横目にフロート上げてエギジット
P6170050


午後から風が出る予報だったので、午前中の内に芽瀬遠征

潜降直後、出た~
半年ぶりのタイガーシャーク
P6170118

大接近だったのですが、みんな慌ててピンとのあってない写真ばかり
唯一撮れてる写真もピントがレンズについた泡にあってるぞーーー

これくらい近かったのですが・・・
b0132d2f

※以前、芽瀬で撮影したタイガー

前回も潜降直後にタイガー登場。
一瞬たりとも気を抜かず・・・

その後は、カマストガリ
P6172714


ツムブリ
P6172731


テングハギモドキの壁
P6170065


特大GT出るが、これも写真には撮れず・・・

お昼食べて、3本目は平瀬。
流れチェックに行くが、流れすごく緩い。。。

ということで、No1⇒イソバナコース。
ギンガメいるけど、バラバラで全く固まってない。。。
一応、ギンガメ呼んでみるけど、反応いまいち・・・
P6170161


まあ、予想通りの展開なので、さっさとイソバナポイントへ。
P6170102

P6170110

P6170120


流れがないので、落ち着いてゆっくり撮れますね!

本日のラストダイブは浅場のポイントもあるエボシの離れ。
エボシに行くのも久しぶり。

定番のハナビラクマノミ&特大のウミウチワ
P6170139

P6170144

台風で折れちゃいましたが、かなり復活してますよ

キンギョハナダイやアカネハナゴイ
P6170244


エボシのサンゴの隙間にオオアカボシサンゴガニなど
P6170177 (2)

P6170265


でも、一番嬉しかったのはこいつ
P6170181

今年初コブシメ
※ちなみにこの子はメス

ブリーフィングで、もうそろそろコブシメの産卵時期。
口之島は6月中旬~7月中旬位。
沖縄より若干遅め。
エボシにはコブシメの産卵にうってつけのサンゴがあるのです。
そこで、何度か産卵活動を見たことがあるのでした。
その話をブリーフィングで説明していたので、まさにビンゴ!
P6170192

P6170177


産みたてホヤホヤの卵
BlogPaint


狙い通りの生物お見せできると、ガイド冥利につきますね。
でも、コブシメが数個体産卵活動していたのに、
興味なく中層でツムブリやウメイロモドキと戯れるダイバーが3名ほど
回遊魚一本やり・・・分かりやすい方たちだ(笑)

18(日)小潮 晴 水温27度 透明度20m
1本目 平瀬No2


快晴の日の出
P6173239


でも・・・・・
うーーーーん、
透明度悪いし、クラゲなどのプランクトン多い。
流れも弱いし・・・
こんな場合は黒潮が遠ざかってる証である。

多少流れはあるので、NO2へイソマグロ&サメ狙い

No1のギンガメやツムブリは無視して・・・
P6182743

P6182744


まあ、無視と言っても、写真は撮ってるので完全無視ではない(笑)

No2は予想通りイソマグロ編隊
P6182752

P6182775

P6182782

P6182784


ホワイトチップもいたが、暗くて写真にへ撮れず。。。

最後はNo2の根から離れて、イソマグロ編隊と並走しながら、フロート上げてエギジット。

帰りは天気が良かったので、フェリーとしまバックに全員で記念写真
P6180008


次回のトカラは7月から再開ですよ。
宿が11月中旬迄かなり込み合ってきました。
ご予約はお早めにお願いしまーす。

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

6/9(金)夜ー11(日)臥蛇デイトリップ&屋久島ログ

こんにちは。
タイトルの通り、今年1発目の臥蛇デイトリップに行ってきました。
26ffe855

20170609_151515

そして、急遽屋久島観光も・・・

今回のフェリーとしまは珍しい条件つき運航。
6/9(金)の下り便は通常運航。
ただし、6/11(日)の上り便(鹿児島行き)は低気圧通過予報の為、6/10(土)午前中に運航するかどうか決定するとの発表。
10(土)はべた凪で臥蛇遠征に行ける予報。。。
まあ、6/11(日)は運航するだとろうと・・・
万一、欠航(月曜日に延期)になった場合は、海春丸が早くなったので屋久島まで送迎してもらうというセーフティネットもあるので、予定通りツアー開催。

リピーターさん中心の猛者揃い
IMG_4229


6/10(土) 大潮 曇のち雨 水温26℃ 透明度30m
1本目 臥蛇島・木場立神
2本目 小臥蛇島・雄神瀬
3本目 口之島・平瀬No2


1本目は臥蛇エリアの顔「木場立神」
回遊魚⇒洞窟のスタンダードコース

良くいる割れ目からギンガメおびき寄せたりして、遊んでみたが・・・
IMG_6660

IMG_0733


そんな事しなくても沖の深場から浅場までギンガメ三昧でした。
IMG_0749

IMG_6674

IMG_6676


ツムブリも多かったですよ。
IMG_6706


流れの裏に回ると洞窟があったり、プチ地形も楽しめるのです。
IMG_0766

IMG_0764

IMG_0768


2本目は木場立神の沖の深場コースを流そうかと思ったましたが・・・
「日曜日のフェリーとしまの上り便欠航」の連絡。
可能性は0ではなかったけど、欠航はしないかなと思ってたので、急遽プラン変更。

口之島に戻りながら、ダイビングということで、滅多に行かない小臥蛇島の雄神瀬をチェック。
水深80mから10mまで立ち上がってる巨大ビルのような沈み瀬。
いつも流れが速く、強烈なダウンカレントをかっくらうポイント。
ラッキーな事に流れも非常に緩いので、雄神瀬のおつかまり台目指して、エントリー即水深20mへ。
全員無事おつかまり台へ。
IMG_6688


深場から冷たい潮が上がってきてて、ここだけ水温24℃。
ただ・・・・魚が少ない。
イソマグロちょろちょろって感じ。
流れが緩かったので、後半はいつもと違うルートで回ってみた。
今回は完全にスカって感じだけど、雄神瀬に潜ったことに意義があるよね~

お弁当を食べながら移動して、3本目は口之島の鉄板ポイント平瀬。
流れが緩かったので、No2でイソマグロ狙い

と・・・その前にリピーターのYさんの700本記念
口之島で記念ダイブになるように、なんと湖で潜ってきたらしい
IMG_0797


平瀬は僕の庭!
経験値からどの流れでどこに魚いるかの確率は抜群に高いね~
どんぴしゃイソマグロ
IMG_0841

IMG_0814

IMG_6700


No2の岩から離れながらギンガメと並走
IMG_6703


安全停止中にサワラ
IMG_6707


この時点でまだ14時。
民宿に戻ってシャワーを浴びて、15時50分に屋久島に向け口之島出港
20170610_154723

ビール片手に約2時間30分のクルージング
20170610_154639

20170610_154835


18時20分、屋久島の一湊港に到着
IMG_0865


1.口之島⇒臥蛇島 40キロ
2.臥蛇島⇒口之島 40キロ
3.口之島⇒屋久島・一湊 90キロ
1日合計 170キロの船移動!!
BlogPaint

これも海春丸がエンジン交換したからできる離れ業

屋久島到着後はどうしたかって?
私がいつもお世話になってる エバーブルー屋久島 さんが宿の手配から居酒屋の予約・送迎まで全て行ってくれた!
前田さん、斎藤さん、いつもありがとう。
神に見えました(^_-)-☆
20170610_200754

20170610_195133


6/11(日)
早く帰る方は10:45発のトッピーで鹿児島へ
20170611_103947


僕はって?
くにさんと屋久島でダイビング
エバーブルーさんに器材を借りて、僕はレンタルウェット
IMG_4230


・・・の予定でしたが、猛烈な雨&風
20170611_082623

ボート出港中止になり、ダイビングは中止。

フェリーとしま欠航もうなずけるよな・・・っていう位の風。
最近の天気予報の精度すごいな~

ということで、僕とくにさんは13:30のフェリー屋久島で鹿児島へ
20170611_125816

錦江湾に入るころはピーカン
20170611_165621

鹿児島って南北に長いなって痛感。

色んな方に助けられながら、今年1発目の臥蛇デイトリップも無事終了!
7&8月の臥蛇デイトリップはほぼ満席。
9&10月分の臥蛇デイトリップは残席ありますよ。
ツアー開催予定日 ご確認下さいね。

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

6/2(金)夜-4(日)ツアーログ

こんにちは。
6月1発目は平岡さん率いる ハイタイドスクーバ さんの恒例のチャーターツアー。
P6030478

P6030001


毎年抱腹絶倒の2日間、今年はどんなことになったのか・・・

6/3(土)小潮 晴 水温26℃ 透明度30m
1本目 ロストワールド
2本目 芽瀬・北ウィング
3本目 平瀬No2


ほとんどがリピーターの皆さんなのですが、リピーターの方も潜ったことのないロストワールドへ。
砂地でまずは集合写真。
P6030480


ここの砂地は、いつきても常に透明度50m近くある。。。
水深25mでダイバーの影が水底の砂地に映る
P6030090


まあ、その分魚は少ないけどね。

昨年の夏に白化したサンゴも復活!
P6030487


大きなアザミサンゴはゴロゴロあるし
P6030097


ハマクマノミやハナゴンベもいる
P6030157

P6030117


全員チェックダイブもクリアしたので、
2&3本目は口之島王道コースの芽瀬遠征&平瀬へ。

この時期はギンガメがペアリングで群れがギンガメの群れが小さい
P6030210


よって、イソマグロ1本勝負
P6030228

P6030243

スナップショット 1 (2017-06-04 15-49)


夜はBBQの後に、港前で臨時BAR開設
P6030007

P6030018

P6030024


6/4(日)長潮 晴 水温26℃ 透明度30m
1本目 平瀬No2
2本目 丸瀬


早朝から元気に出港!!
P6040563


流れが弱い時間帯だったので、No2で1本勝負
狙い通りイソマグロ三昧
P6040575

スナップショット 1 (2017-06-04 16-27)

スナップショット 1 (2017-06-04 16-28)

スナップショット 2 (2017-06-04 16-22)


マダラトビエイも!
スナップショット 1 (2017-06-04 16-25)

スナップショット 1 (2017-06-04 16-22)


写真には写ってないけど、カマストガリザメも接近。
遠くにはニタリらしい姿も見えたけど、これは一瞬で消えた。。。
証拠写真がほしかった。。。

北風が吹いて、平瀬エリアが時化てきたので2本目は丸瀬へ。
流れは全くなかったので、アカヒメジやコショウダイ狙いのフォトダイブですよーってブリーフィング
P6040308

P6040303


流れがなかったので、浅場に移動してアカホシサンゴガニを見てた時に
平岡さんから激しいベル!
スナップショット 2 (2017-06-04 13-21)


今年初マンタ登場

今回は口之島大物オールコンプリートって感じ。

100本、300本、350本の記念ダイブもトカラに合わせて頂き、僕も大感激
P6030005

P6030501

P6040641


帰りのフェリーはハイタイドスクーバさんでフェリーとしま操舵室占拠(笑)
20170604_123952

P6040678


天気には恵まれるし、大物はいっぱい見れるし、夜も楽しいし・・・
水陸楽しい週末でしたね。
皆さんからめっちゃ元気頂きました。

さあ、今週末は今年1発目の臥蛇デイトリップの予定。
凪祈願中!

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

5/19(金)夜-21(日)ツアーログ

こんにちは。
5月第2弾の9泊10日のロングトカラ!
GW明けの関東ショップさんツアーの〆は東京の尾下さん率いるリピーターショップ アリエス さんご一行。
P5200034


今年一番の快晴&べた凪の平瀬。
期待持てますな~
P5200036


5/20(土)長潮 晴 水温26-27℃ 透明度30m
1本目 平瀬No1
2本目 芽瀬・北ウィング
3本目 丸瀬


流れチェックすると、凪なのにNo1とNo2のエリアだけ潮波がバリバリ立ってる。。。
流れMAXって感じ(*_*;

リピーター中心だし、尾下さんもいらっしゃるので、1本目からNo1限定で。
流れに逆らって泳いでるギンガメいっぱい
M9335993

M9335983

M9335984


午後から風が吹く予報だったので、凪のうちに芽瀬遠征
P5200037


芽瀬は流れが緩く、潮はいつもと逆から流れてる。
これだから自然相手は分からんね。。。

透明度抜群!
黒潮に溶け込む感覚だね。
M9336000


ツムブリに巻かれ
M9336012


丸太のようなイソマグロの群れ
M9336016

M9335978


GTロックにはロウニンアジやカマストガリザメも

午後から丸瀬へ。
今度は潮が全く流れない。。。
ということで、隠れ根でアカヒメジやムスジコショウダイのフィッシュウォッチング
M9336064


夕方、希望者でプチ観光

平瀬海水浴場
沖に見えるのが遠征ポイントの臥蛇島、小臥蛇島です。
20170520_164027

20170520_164005


北緯30度線
20170520_164843


フリイ岳展望台
20170520_170518

20170520_171953


5/21(日)若潮 曇 水温26-27℃ 透明度30m
1本目 平瀬No1⇒No2
2本目 平瀬No1


〆のリクエストはやっぱり平瀬!

ギンガメアジ
M9336089


マダラトビエイ
M9336126


マダラトビエイとギンガメアジのコラボ
M9336124


イソマグロ編隊
M9336097

M9336098

M9336102


ロウニンアジ
M9336104

M9336107


写真には写ってないけど、これにカマストガリザメも混ざるという素晴らしい〆

名残惜しいけど、帰りのフェリーが来た
20170521_122322


5月第2弾の9泊10日のロングトカラ
GW同様、1日も中止なく16ダイブ無事終了。

期間中に黒潮直撃、透明度&水温もグングンUP。
6月はついにトビウオシーズン到来。
そして待望の臥蛇デイトリップもスタートします。
さあ、どんな水中ドラマが待ってるかな。

トカラは10日間ほどしばしお休み。
しっかり休息&ダイエット(美味いもの食べ過ぎて太った…)
6月以降をお楽しみに!!

水中写真は尾下さん撮影です。

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

5/15(月)夜-18(木)ツアーログ

こんにちは。
高木です。
関東ショップ&サービス様第2弾!
伊豆で有名な現地サービス 渡辺さん率いる ドルフィンウェーブ さんご一行と千葉&福岡からのリピーターのみなさん。
P5160011


今回は1日長い毎年定番化してる健康診断便。

5/16(火) 中潮 曇時々雨 水温26℃ 透明度30m
1本目 丸瀬
2本目 平瀬No1
3本目 平瀬No2
4本目 芽瀬・北ウィング


チェックダイブも兼ねて、丸瀬へ。
渡辺さん率いる精鋭揃いなので、流れてる丸瀬も問題なく綺麗に潜降。
アカヒメジやムスジコウショウダイの群れる隠れ根でマダラトビエイやイソマグロを待つが・・・・作戦失敗。
P5160031


やっぱりマダラトビエイの編隊飛行シーズンは終了なんだろうね。
まあ、単体はまだ見れるはず。

期待して、平瀬No1へ。

マダラトビエイは1枚いたけど、一瞬で消えた。
ギンガメアジいっぱい。
P5160239

P5160205


でも、ペアリングが早くも始まった。
黒いのがオス。
ペアリング中のオスは必ずメスの下にいる。
P5160175


3本目はOさんの1,000本記念。
P5160319


今月2回も来島頂いたので、気合十分!!
平瀬No1はスルーして、No2で勝負。
これ大当たり

カマストガリザメ大接近
P5160441

イソマグロが目の前を悠然と行き来する
P5160502


マダラトビエイやギンガメアジもNo2の沖側にいたね。

いい記念ダイブになったね。
夕食時は船長と僕から1,000本記念品プレゼント
P5160012


通常は1日3ダイブだけど、明日から北風が吹きそうなので、凪の内に芽瀬遠征。
ということで、4ダイブ目は芽瀬・北ウィング

潜降直後の5分間が祭り!!

特大ツムブリに巻かれ
P5160559


丸太のようなイソマグロが悠然と通り
P5160055


ハンマーも登場

5/16(水)小潮 晴 水温26℃ 透明度30m
1本目 ラビリンス
2本目 ラビリンス
PM  島内観光


やはり北風が吹いてきたので、タンク2本積んで島の南側へ。
P5170016

P5170014

P5170013


南側といえばラビリンス。
北風が吹くときに潜る南側の代表的なポイント。
流れてない時は迷路のような地形ポイント。
流れる時は、砂地で回遊魚を見るというすごく変わったポイント。
回遊魚を見たい方はギャンブル要素の高いポイントである。

今回のゲストさんは回遊魚オンリーリクエスト。。。
実はラビリンスは今年の初潜り。
まだ、今年のデータがないんです。。
ここは流れないと回遊魚は一切見れないので、流れることを期待して・・・

エントリーして、砂地で海底温泉をちょっとご紹介。
砂地に手を突っ込むを暖かい。
そんな前菜は手短に、回遊魚の通るポイントへ。

平瀬に負けない流れ!
ここで回遊魚待ち
P5170746


ビンゴ!!

イソマグロの群れ
P5170626

P5170630

P5170678

P5170688


マダラトビエイがすぐ近くでホバリング
P5170718


バラクーダフィンを履いたゲストさんが最後尾から一気に僕を抜かして、イソマグロの群れの真下まで泳いだスピードには驚いた(笑)
さすが、神子元で鍛えたバラクーダ精鋭部隊は早かった!

水面休息中は恒さんの釣りタイム
P5170017

恒さんはここには魚がいないとブツブツつぶやいて、1時間粘って坊主
魚探には反応はあるんだけどねー(笑)

北風が収まらないので、午後は無理せず、島内観光

フリイ岳
P5170019

P5170025

野生牛
P5170028

セランマ温泉で宴会
P5170029


5/17(木)小潮 晴 水温26℃ 透明度30m
1本目 丸瀬


北風が止むのを期待したけど、まだ平瀬エリアはブン流れ・・・波もたってるので無理せず丸瀬へ。

案の定、丸瀬もけっこうな流れ。

潜降直後にツムブリに囲まれた
P5180842

P5180916

P5180863


イソマグロも定期的に通過
P5180875


平瀬には潜れなかったけど、いい〆になったね。

ちょうど真次さんが口之島に戻っていたので、帰りのフェリーで操舵室見学
jpeg

jpeg

jpeg

船長、真次さんいつもありがとうございます。

今宵の天文館ナイトSPはリクエストで蒸ししゃぶ&鹿児島ラーメンコース。
20170518_212716

20170518_223406

20170518_223424


さあ、今日の夜から関東ショップさん第3弾!
リピーターの尾下さん率いる アリエス さんのご来島。
週末は風向き良さそうなので、平瀬三昧できるかも?

現地報告&ログをこうご期待!

水中写真はよしゆきさん(漢字違うけど、僕と同じ名前だからすごく良い方)からお借りしました。

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

5/12(金)夜ー14(日)ツアーログ

こんにちは。
高木です。
GW終了後は関東のショップ&サービスさん中心のツアーが続きます。
第1弾は千葉の顔(*^^*) トカラリピーターの楠本さん率いる フィズ の皆さんと神奈川、愛知からのお越しの皆さん。
P5130013

P5130006


フェリーとしま出港当日は鹿児島は記録的な雨と強風。
20170512_200533

LCC利用の方は鹿児島空港に着陸できずに当日キャンセルというアクシデント・・・
JAL、ANAは大丈夫でした。
鹿児島空港は山の中にあるので、霧が発生しやすいのです。
先月もLCC利用の方は、鹿児島空港に着陸できなかった。
ここ一番の時はやっぱり大手が安心なのかな・・・
来年のガイドブックからはアクセスでLCC削除しようかと思うくらいですね。

行きのフェリーは寝てる体が浮いたかと思う位揺れましたね(*_*;

ということで、午前中はダイビング中止。
フェリーで寝れなかったかたは、しばし朝寝。

観光希望の方は少し朝寝して、プチ観光。
北緯30度線や赤瀬をご案内した後、久しぶりにフリイ岳展望台に上ってみました。
20170513_105650


登山道の草木を島の方が刈って頂いてたので、すごく歩きやすくなってます!!
20170513_110410


400段位上って、頂上到着
20170513_110825

20170513_110936


風が収まってきたので、午後からダイビングスタート

13(土) 中潮 曇 水温26℃ 透明度25m
1本目 スパワールド
2本目 戸尻沖の根


西側は時化てたので、東側で2ダイブ。
先週まで東側は23℃だったのに、一気に3℃も水温が上がって、透明度もグーンとUP。
黒潮直撃中ですね~

フィズさんは初スパワールド
P5130008 (2)

P5130054

以前もご案内したのですが、その時はポイント外しちゃって・・・・
やっとご案内できました!
物凄い気泡&湯の花、暖かい砂地

今年初の戸尻・沖の根。
東側唯一のギャンブル要素が強い回遊魚ポイント。
P5130050

ニザダイやウメイロモドキの群れ
ここでは何故かカンパチを見ることも多いんですよね。

東側はカメ遭遇率が非常に高いんです。
P5130035


楠本さんは老眼にも負けず(失礼)、目がマクロにもなってました!
P5130030

P5130039

P5130045

P5130042

60代でこの目は奇跡です!
というか、東側とはいえトカラでマクロに走るところが一味違いますね~
さすが関東ダイビング業界の生き神様の域に達してますな(笑)

夜のBBQは季節限定の大名だけとシビ(キハダマグロ)のかぶと焼き
P5130005

P5130008

いや~ 贅沢贅沢

14(日) 中潮 晴 水温26℃ 透明度30m
1本目 平瀬No1
2本目 丸瀬


黒潮直撃中なので、平瀬はMAX速い!!
水温も上がったので、マダラトビエイはNo1の瀬の上に1枚のみ。
今シーズンのマダラトビエイ編隊飛行は終了かな?
ハンマー見るなら、芽瀬に行けば見れるけど、平瀬のハンマーも終了かな?

とてもNo2に行ける流れではなかったので、ギンガメウォッチング
IMG_2062

IMG_2059

流れ速すぎて、みんな写真がブレブレ
それくらい早かった・・・

平瀬エリアが北風&潮波のダブルパンチで波がたってきたので、2本目は丸瀬へ。
IMG_2069

P5140065

水温が高くなったけど、ダメ元でマダラトビエイ狙ってみたけど・・・外れ

定番のアカヒメジやコショウダイ、ホワイトチップ見て、
流れの弱い平瀬海水浴場側に逃げると、ところどころに綺麗なイソバナがあるんです。

帰りのフェリーが到着
20170514_122426


楠本さんのポケットから紙テープが
20170514_123544

20170514_124343

さすが!
と思ってたら・・・

フェリーとしまの船長が気を利かして、離岸時に「蛍の光」をスピーカーから流してくれた!
さすが×10倍!!
さすがフェリーとしまの船長、気の使い方が違いますね。

鹿児島市内に戻って、天文館で黒豚オンパレード
20170514_211746_001

黒豚の蒸ししゃsぶ
20170514_211057

黒豚の生ハム
20170514_205643

黒豚の卵焼き
20170514_205346

まじ、美味しかった!!

9泊10日のロングトカラ、前半戦終了。
今日の夜から関東ショップ&サービス様第2弾!
伊豆のドルフィンウェーブさまの初参戦。
海況良さそうです。
遠征できるかな?
こうご期待。

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

5/6(土)&7(日)ログ

GW後半戦、最後のログです。

5/7(金)鹿児島23:00出港のフェリーで3名到着。
東京、兵庫、そして初の海外在住の方のご参加。
GW最終週末も満員御礼!
BlogPaint


5/6(土) 若潮 曇 水温23-24℃ 透明度20-25m
1本目 スパワールド
2本目 平瀬No1
3本目 丸瀬⇒平瀬No1


フェリー到着組のチェックダイブも兼ねて東側のスパワールドへ。
P5060330

P5060644


ここにもハナビラクマノミ
IMG_2676


東側はカメ率高いです
P5060682


この日はクニさんの誕生日
前日、食堂で参加者で寄せ書きしたフラッグで記念写真
IMG_2662

BlogPaint


チェックダイブも無事終了し、多少波がありますが丸瀬&平瀬エリアへ
P5060336

P5060346

IMG_2728

P5060725


今日のアイドルはこの子
IMG_2711

IMG_2715

丸瀬の隠れ根で人懐っこく泳いでくれたアオウミガメ

ちなみに額の形&数でウミガメは見分ける事ができますよ。
P5060747


早めに3ダイブ終了したので、夕方はフリータイム
観光に行ったり・・・
北緯30度線
P5060037

野生牛エリア
P5060038

P5060789

川で足湯
P5060039

露天風呂で足湯
P5060362


セランマ温泉に入らず往復ランニングするつわものがいたり・・
P5060780

でも帰りに迷って、泣きが入ってたら、島の方(ふじ荘の息子さん)に助けられた上に・・・
大名だけまでもらって帰ってきました(笑)
ちょうど夕食はBBQだったので、ラッキー!!
P5060812


民宿なかむら初のバースディケーキも用意して頂き
P5060048

P5060052

BlogPaint


GW最後の口之島の夜は盛り上がったね~

5/7(日) 中潮 晴 水温24℃ 透明度25m
1本目 平瀬No1

GWに口之島滞在中初めてのピーカンって感じ!
G0011400


No1では定番のギンガメアジ
P5070816

P5070385


マダラトビエイは一瞬だったけど、特大GT登場
G0031415


やっぱり晴れるって気持ちいいね。
P5070392

フェリー乗船まで少し時間があったので・・・

くにさんは釣りしたり
20170507_102508

ダイビングは超ベテランですが、釣りは体験ダイバー並み(笑)
次回まで要研究ですな。

トカラ海峡買って
P5070825

フェリー乗船前にすでに飲んでた人いたけど(笑)

5月の風物詩ユリ
P5070393


フェリー乗船後は久しぶりに操舵室見学させて頂きました。
P5070425

P5070428

BlogPaint

船長、しんじさん、いつもありがとうございます。

これにてGWログ終了。
9泊10日23ダイブ。
今年は潮が速いし、晴&凪の日が少なかったので非常に疲れました。
でも、ご参加頂いた方皆さん楽しい方ばかりで、ほんと楽しかったです!!

まだ全身筋肉痛って感じですが・・・
また、今週末から9泊10日の旅が始まります。
あと数日英気を養って、頑張ってきますね。

また、FBの現地報告やブログお楽しみに。

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

5/4(木)&5(金)ログ

こんにちは。
高木です。
GW9泊10日23ダイブ無事終了しました!
今年はとにかく潮が速い((+_+))
さすがにバテバテで、後半戦現地からUPする気力は残ってませんでした。。。
ということで後半戦を2部構成でブログUP!

5/3(水)23:00鹿児島出港のフェリーで7名到着。
関東からのゲストさん中心に、大阪、福岡からの参加者も含め満員御礼
P5040029


船の周りに浮いている茶色のもの・・・
これ藻なんです。
P5040429

毎年春に流れてくるのですが、今年は異常発生
毎回ボートのペラに巻き込んで、ナイフで切らないと船が出せないので、重機で引き上げる作業開始
P5040488


5/3(水) 小潮 曇 水温23-24℃ 透明度20-25m
1本目 エボシの離れ
2本目 平瀬No1
3本目 丸瀬


半分の方が初トカラだったので、チェックダイブを兼ねてラビリンスへ
定番のハマクマノミを見て
P5040446


沖の隠れ根を見ると、隠れ根の上でマダラトビエイがホバリング中
IMG_2584

その下にはホワイトチップが3匹ほど定番位置で泳いでました。

何より嬉しかったのが、白化して壊滅状態だったサンゴが完全復活
P5040195


ただ、大きな南からの波浪を受けたんでしょうね。
イソバナがかなり折れてました。。。

チェックダイブも無事終了し、2本目は平瀬へ。
No2から先がかなり時化ていたので、今回はNo1限定。

中層のハンマーコースからNo1のマダラトビエイエリアのコース取ったけど、ノーハンマー・・・

No1につくと激流・・・
マダラトビエイのホバリングはほどよい流れがいいみたいで、激流時は他のエリアに逃げてるみたい。
ということで、4-5枚いたけど一瞬で終了((+_+))

午後も平瀬エリアはぶん流れ。。。
ゲストの皆さんに3本目のポイントアンケート
提案1「透明度抜群の砂地にピカピカのサンゴ」
提案2「丸瀬の隠れ根で回遊魚待ち」
下を向いて、目をつぶって手を挙げてもらうと・・・
意見は2:8
どっちが8かって
まあ、想像の通り隠れ根で回遊魚待ち(笑)
綺麗なサンゴや砂地もご案内したいんですが、リクエスト少ないですね。

結果論、これが当たり

隠れ根や隠れ根の先でマダラトビエイが数枚泳いでる。
IMG_2558

イソマグロも10-20本単位で見れましたね。
IMG_2555


イソマグロの確率は今までのデータで予想してたけど、平瀬ぶん流れの時はどうもマダラトビエイはNo2や丸瀬に移動するのではという予測がついてきた!
実はこのデータが明日のダイビングに生きるのでした。

5/4(水) 小潮 曇 水温23-24℃ 透明度20-25m
1本目 平瀬No1⇒No2
2本目 平瀬No1
3本目 平瀬
4本目 丸瀬⇒平瀬No1


昨日の強い東風も弱くなってきたので、気合で平瀬王道コースを含め3本平瀬。

相変わらず激流
IMG_0046


ギンガメアジ
IMG_2620

IMG_2592


イソマグロ
IMG_2568

IMG_2561


マダラトビエイ
P5050529


カマスサワラ
IMG_2656

サワラは安全停止中はほぼ毎回見れましたね!

お昼のフェリーで3名鹿児島へ。
20170505_122848


水面休息を4時間以上取ったので、今日はリクエストで午後2ダイブ、1日4ダイブのSPコース。
4本目は丸瀬へ。
相変わらず平瀬激流なので、
丸瀬の隠れ根⇒丸瀬コーナー⇒安全停止しながらサワラや平瀬No1の上からギンガメを見る
というコース取り。

これ大当たり!

丸瀬の隠れ根にはウメイロモドキわんさか
IMG_2636

P5050598

IMG_0106


マダラトビエイもちらほら
IMG_2643


流れに乗って丸瀬に来る個体を狙って、コーナー沿いを流すと、ビンゴ!!
IMG_0119

マダラトビエイが10枚弱、一列に並んで編隊飛行で丸瀬に向かってコーナー沿いを泳いでました。

これも前日のデータのお陰。
狙い通り当たるとガイド冥利につきますね。
思わず水中でガッツポーズしちゃいました。

No1の真上からギンガメ見ると、特大のGTも数匹NO1の裏にいましたよ。

明日は後半戦の〆、5/6(土)&7(日)のログUPしますね。
楽しみにお待ちくださいね。

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

5/2(火)&3(水)ログ

こんにちは。
現地から高木です。
GW中盤戦のスタート!

ごうちゃんを筆頭にM大学スキンダイビング部出身の若手と東京、千葉、福岡のシニアという両極端なチーム編成。
P5020014


僕は若手の仲間入り!
部屋も若手チームでした(笑)
P5020013


5/2(火) 小潮 曇 水温23℃ 透明度15-25m
1本目 エボシの離れ
2本目 平瀬No1
3本目 芽瀬・北ウィング


トカラ初めてという方が半分いたので、チェックダイビングはエボシの離れ

皆さん綺麗に潜降

水底でウメイロモドキにまかれ
P5020106


定番のハナビラクマノミキンギョハナダイ&ハナゴイのカーペット
P5020063

P5020115

P5020114


キンギョハナダイのカーペットの中悠然と泳ぐアオウミガメ
P5020077


チェックダイブも無事終了し、平瀬へ。
小潮ですが、今シーズンは流れの早い時が多いので、No1限定

流れが早くNo1全体をギンガメが占拠
P5020132

P5020133


リクエストのマダラトビエイ編隊飛行は見れなかったけど、ギンガメわんさかなのでよしとしよう!

凪になったので、午後から芽瀬遠征

潜降直後から、ツムブリ&テングハギモドキの壁
P5020094

P5020099


テングハギモドキ・・・あまり人気ないけど、これだけ群れると圧巻

中層でハンマーやカマスサワラ見れたけど、濁った水だったので写真に撮れず・・・
平瀬では水温23℃だったのに、なんと芽瀬は20℃。
濁った冷たい潮でした。。。

口之島初めての方はプチ観光

フリイ岳展望台行ってきました
P5020016

P5020209


5/3(水)小潮 雨 水温23℃ 透明度25m
1本目 丸瀬
2本目 ロストワールド
3本目 エレファントノーズ


相変わらず平瀬激流れ・・・
これだとNo2に行けないし、マダラトビエイも見れない確率高い・・・

とうことで丸瀬を選択。
これ大当たり!!

丸瀬の沈み瀬にはいつも通りホワイトチップやアカヒメジの群れ
P5030447

P5030456


平瀬が激流れの時は当然丸瀬も流れてる。
ただ、平瀬より流れは緩い時が多い。。。

予想通り・・・
ここでマダラトビエイ編隊飛行
P5030125

P5030143

P5030118

P5030127


ごうちゃんからのリクエストに応えられて、僕もごうちゃんも水中ガッツポーズ
イソマグロも数本見れて、丸瀬選択した僕の低い鼻がピノキオに(笑)

午後のフェリーで鹿児島に戻る方はこれでラストダイブ。
メリハリつけて、サンゴと砂地のロストワールドへ。

サンゴがメインなのですが、昨年の白化現象でがればになってるかと思いきや・・
P5030147

P5030173


うぉーーー、サンゴ復活!!
トカラの自然の力ってやっぱりすごいね。

あちこちにある特大のハマサンゴも元気!
P5030160


砂地まで行けば透明度50m
ここで本日の記念撮影
P5030157


M大スキンダイビング部OBのヤングチームをはじめ、今日帰路に戻る方を見送って・・・
P5030025


延泊の2名で午後からエレファントノーズへ
P5030028


ここはハナダイと宮古にも負けない地形。
ここのサンゴも復活!

メインの地形で疲れた体が癒されました
P5030522

P5030534


本日夜出港のフェリーで9名到着予定。
GW後半戦は大賑わいになりそうです。

あとひと踏ん張り!
頑張りまーす

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

4/30(日)ログ

GW長期戦2日目。
西風が弱くなったので、早朝から平瀬2本。
流れチェックすると、MAX速い・・・
No1&No2の裏は渦巻いてる(*_*;
まあ、流れの逃げ場は分かってるので、そこに確実に誘導するのがコツ。

4/30(日) 中潮 晴 水温23℃ 透明度25m
1本目 ハンマーコース⇒平瀬No1
2本目 ハンマーコース⇒平瀬No1


丸瀬の沖から流して、No1へ。
水底が車窓からの風景のようにガンガン流れてる。。。

流されながら・・・
ロウニンアジ
P4300084


カスミアジ
P4300021


写真には取れなかったけど、カマスサワラ2本やマダラトビエイ3枚も

流れ強すぎてハンマーいない・・・

No1のマダラトビエイ編隊飛行も流れ強すぎ・・・

その分No1の根全体にギンガメいっぱい。
P4300028

P4301163


満さんからのリクエストはハンマー・・・

激流だし、心折れかかったところ、いそちゃんからベルの音。
必死のリアクションの指す方向を見ると

ハンマーさま~
P4301197

スナップショット 2 (2017-04-30 13-50)


ナイスアシスタント!!
いそちゃん曰く
激しくベル鳴らすと逃げちゃったらいけないので、必死にリアクション芸(笑)
あのリアクション、出川超えてたね!

ほとんどのお客様と僕はいったんフェリーで鹿児島へ。

過去最年少のごうちゃんは島に残って、島になじむトレーニング(笑)
20170430_121244


25才で400本は凄いぞ。
人当たりもいいし、ダイビングも上手い。
サラリーマン辞めて、こっちの業界来ないかい!

僕はいったん鹿児島に戻って、また本日のフェリーでお客様と一緒に口之島へ。
スタッフTシャツ作って、フェリーに乗り込むからごうちゃん待っててね(笑)

高木

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook

4/29(土)ログ

こんにちは。
高木です。

GWの長期滞在始まりました。
出来る限り現地から最新ログUPしますね。

4/29(土)は九州&東京からお越しのこのメンバー
P4290001

なんと25才というKDS始まって以来の若手もご参加。
でも400本以上潜っている兵でした!!

4/29(土)中潮 晴 水温21℃ 透明度15-20m
1本目 スパワールド
2本目 赤瀬
PM 島内観光


西風が強いので、西側のポイントには潜れず。。。
時化の中、船を回して東側のポイントへ。

東側は黒潮が当たらないので、2-3℃位水温が低い。。。

久しぶりのスパワールド。
P4290002 (2)

P4290004

噴気孔には硫黄成分が冷やされてできた湯の花もいっぱいついてました。

口之島最北のハナビラクマノミ
※多分日本で最北かも?
P4290007


今日は水面近くにやたらいっぱいたアオウミガメ
P4290010 (2)


2本目はマンタ狙いで赤瀬に入るが、マンタ見当たらず。
今シーズンは船で移動中もマンタは見れないね。。。
ハンマーなどサメの当たり年だからかな?

水深25mの砂地にガーデンイールも復活してきたけど、遠いので写真撮れず。。。
多分、シンジュアナゴだと思うけど・・・
ほんとここのガーデンイールはめっちゃシャイですね。

ホシテンスの幼魚も砂地にいっぱい。

瀬に戻ると久しぶりのナポレオン。
ここのナポはあまり寄れないけど、珍しく近くで写真撮れました!!
P4290017


午後からは港から船出すのも大変な位西風が強くなってきた。
ということで、希望者で島内観光。

平瀬海水浴場
P4290002


北緯30度線
P4290003


フリイ岳
P4290005

野生牛エリア
P4290006


セランマ温泉
P4290010


温泉(露天風呂)&ビールは最高でした!!

明日は凪予報。
早朝から平瀬2本の予定。
明日のログもお楽しみに!!

口之島ダイビングサービスHP
口之島ダイビングサービスYOUTUBE
口之島ダイビングサービスfacebook
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ