九段新報

犯罪学オタク、新橋九段によるブログです。 日常の出来事から世間を騒がすニュースまで犯罪学のフィルターを通してみていきます。 (筆者は素人なのであまり内容は信用しないでください) 皆さんに少しでも話題を提供できたら幸い。

えーき様の3分犯罪解説R第1講を投稿しました。

 タイトル通りです。
 本当ならば、この事件に関連する多種多様な人物を取り上げるつもりだったのですが、事件を説明するだけで3分行ってしまいました。社会派ミステリかくやという複雑な事件でしたから。

 あとなんかタイトルが変わっていますが、これはパソコンが壊れたせいで編集ソフトも吹っ飛び、設定を一からやり直したので気分を変えてということです。実質ほとんど変わってませんが、まぁいいんじゃないでしょうか。


籠池夫妻逮捕に必要性はあるか?

 タイミングは外しましたが、この件です。
 学校法人「森友学園」(大阪市)が国や大阪府などの補助金を不正受給したとされる事件で、大阪地検特捜部は31日、前理事長の籠池(かごいけ)泰典容疑者(64)を逮捕した。
 「森友学園」前理事長の籠池泰典容疑者を逮捕-Yahoo!ニュース
 そもそも人はなぜ逮捕される?
 実のところあまり考える機会もないのですが、そもそも人はなぜ逮捕されるのでしょうか。一番目に付く流れであるが故に勘違いしがちですが、別段犯人を逮捕しなければその犯人を起訴できないわけではありません(在宅起訴という言葉あるように、逮捕せずに起訴することも可能です。刑事訴訟は専門じゃないのであまり詳しくは知りませんが)。
 逮捕というのは基本的に、その容疑者が逃亡あるいは証拠隠滅の恐れがあるために行われるものです。そのことは刑事訴訟規則にも明確に描かれています。
(明らかに逮捕の必要がない場合)
 第百四十三条の三 逮捕状の請求を受けた裁判官は、逮捕の理由があると認める場合においても、被疑者の年齢及び境遇並びに犯罪の軽重及び態様その他諸般の事情に照らし、被疑者が逃亡する虞がなく、かつ、罪証を隠滅する虞がない等明らかに逮捕の必要がないと認めるときは、逮捕状の請求を却下しなければならない。
 今回の場合はどうか
 では今回の場合はどうでしょうか。
 まず証拠隠滅の恐れですが、これはまずありえないと言えます。というのも大阪地検特捜部は逮捕に先立って家宅捜索を行い証拠となりうる物件はすべて回収しているはずで、現段階ではそもそも容疑者が証拠隠滅を試みようとしてもできない状況にあります。
 また逃亡の恐れに関してもあり得ないと断じてしまっていいでしょう。ここまで顔の割れた人間が逃亡するのは難しいですし、本人に逃げる気があるなら暢気に構えていないでさっさと逃げるはずですが、籠池氏が証言するように弁護士から姿を隠せと言われてもそれを無視する始末です。
 大阪地検も証拠隠滅や逃亡の恐れがないことはしっかりとわかっていたでしょう。わかっているからこそ、告訴を受けても今まで逮捕せず、このタイミングでようやく逮捕に乗り出したわけです。本当に逃亡や証拠隠滅の恐れがあるのであれば、地検としてもここまでのんびり待たずに早々に逮捕しているはずです。

 本当に証拠隠滅した人間はどうなったか
 森友学園問題に関して、当時の理財局長の佐川氏が「財務省のパソコンは定期的にデータが抹消される」などと言って「どんなパソコンだよ」と物議をかもしました。財務省なり理財局なりの仕事の記録を勝手に抹消すれば公文書を破棄した罪とかに問われそうですが、それをさておいても氏の発言を鑑みるに森友学園問題に関わる証拠を破棄したのでは?と疑われても仕方がないような状態です。
 本来こういう人物に証拠を消されないために逮捕があるのですが、しかし特捜部は放置を決め込んでいます。どこかで聞いた風な表現を使うのであれば、捜査しない自由を謳歌しているというところでしょうか。

ファンティアにファンクラブを作りました&欲しいものリストを公開しました

 作りましたというか、作ってましたという感じなんですが。

 九段新報友の会-ファンティア

 ファンティアは無料のファンクラブに加え、有料のファンクラブを作ることで閲覧者から一定のお金を受け取れるシステムです。まぁね、あんだけ閲覧数も伸びたりしたのでちょっとくらい甘い汁を吸いたいと思うのが人間の性というわけですよ。
 今のところカクヨムや小説家になろうに投稿した小説作品ばかりが並んでますが、一応有料用のコンテンツも作りましたし、これから増やしていこうと思うので月額100円程度なら損はしない感じにはします。

 いや、お前の小説になんざ興味ねぇよという人向けに、アマゾンの欲しいものリストも公開しました。内容的には「干上がってるブロガーに昼飯をおごろう!」って感じですが、昼飯を奢ってくれたらうれしいです。

 欲しいものリストはこちら 

 あと欲しいものリストにない商品も、Amazon.jpが販売する商品なら送れるので試してみてください。
 この本を新橋九段に読ませて、レビューさせてみたい!という奇特な方がいらっしゃいましたら、この機能を使って私に送り付けてみてください(重要)。犯罪や心理学に関わる本ならば必ずこのブログでレビューすることをお約束します。

 そういうわけで、これからも新橋九段と九段新報をどうぞよろしく。
「え―き様の3分犯罪解説」「えーき様と罪人どものCoC」シリーズ投稿中です。http://t.co/5M9KbypdQP 自称アマチュア犯罪学者。ブログで犯罪学についてあれこれ書いております。TRPGだけやってる垢だと思ってると痛い目にあう。
E-mailアドレス
kudan9newbridge@gmail.com
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ