少女をレイプしたとして罪に問われていた男性の裁判で、少女が着用していた下着が引き合いに出されたのを受け、アイルランドで抗議運動が広がっている。
 裁判中、被告側のエリザベス・オコンネル弁護士は、法廷で17歳の女性の下着を持ち上げて聞いた。
「彼女が何を身につけていたか見てください。前の部分がレースになったTバックを履いていたのです」
 その後、被告である27歳の男性は無罪の判決を受けた。
 オコンネル氏のコメントは、Irish Examinerなどの地元メディアで報道された直後に物議を醸した。ダブリンの強姦救援センター「Dublin Rape Crisis Centre」は発言を受けて法改正を求めている。ただし、Rape Crisisは事件の判決を疑問視しているわけではないとしている。
「『性交渉は同意に基づいていた』というのがレイプに対する弁護のため、レイプにまつわるこの種の通説やステレオタイプは再三訴訟で登場します」と、Rape Crisisの最高責任者を務めるノエリン・ブラックウェルはIrish Independent紙に語っている。
「そのため、被告側が同意があったことを示唆できるようなことはすべて利用されます」
 11月14日、アイルランド中で女性がデモに集まり、訴訟の扱いに抗議した。
 女性たちが下着を掲げて猛抗議 性暴力事件の裁判に怒りの声-Buzz Feed
 この事件に関してです。現在アイルランドをはじめとして巻き起こっている運動の主眼は、裁判で女性の下着が合意の類推に使用されたことに対する不満と反対を主張することです。
 いうまでもなく、下着の種類はセックスの合意を類推するものではありません。よしんばそういう、セクシーな下着をつけることがセックスへの欲求をある程度なり反映していたとしても、それはあくまで下着をつけた時点での思惑であって気が変わった可能性を否定するものではありませんし、いま問題になっている被告との同意であるというわけでももちろんありません。

 裁判ではどのように下着が言及されたか
 この後行われた最終弁論で弁護人のエリザベス・オコンネル氏は、陪審員に対して告訴人の少女が事件当夜着用していた下着に注意を喚起して次のように述べました。これが後々、大問題になりました。

 彼女(被害者の少女)が被告人に惹かれていた、誰でもいいから出会いを求め、関係を持つことにオープンであったという可能性が、提出された証拠によって完全に排除されたでしょうか。事件当時の彼女の服装をよく思い出して下さい。表がレース素材のTバックをはいていたのです。

 これに対して検察は最終弁論で陪審員に対して次のように訴えています。「皆さんは、二人の間で性交が行われたか、二人の間に合意があったかを判断して下さい。お聞きの通り、被害者少女は合意していないと証言し、被告人は少女は合意したと証言しました。皆さんが考慮する主要な論点は、被害者少女が性交に合意したかどうかです。彼女が合意したか否か、この二者択一です。もし彼女が合意しておらず、被告人もそのことを知っていたと皆さんが思われるのでしたら、有罪になります。被害者少女は合意しなかったと明言しています。彼女はこれまで性体験はないと言っています。被告人はたくさんキスをしたと言っていますが、公判でキスをしているの目撃したという証人は一人もいませんでした。」
 この後、男性8名女性4名からなる陪審員は1時間半の協議の後、全員一致で無罪の評決を下したとのことです。様々な手続きの時間を考慮すると、実質的な協議はほとんど行われなかったと思われます。
 さてこの「アイリッシュ・イグザミナー」の記事を読んだ限りでは、少女のはいていた下着が決定的要因となって評決が下されたようには思えません。
 アイルランド 17歳少女レイプ事件無罪判決 「被害者がレースの下着を身につけていた」 アイルランド女性が猛抗議-The Zero Hour
 そもそも、どのような文脈で下着が裁判で言及されたかを確認しておきましょう。今回の事件では多くの性犯罪がそうであるように、合意の有無を決定的に証明する証拠が不足した状態で裁判に至ったようです。
 そういう状況の中で、下着の種類というのは被害者の女性に合意があったことを仄めかす証拠であるかのように扱われました。もっとも、弁護士の言うように被害者が「誰でもいいから出会いを求め、関係を持つことにオープンであった」としても、被告とのセックスに合意していた証拠には全くならないはずで、論理的には崩壊しているのですが。
 無罪判決の決定的な理由は証拠の不十分でしょうが、しかしこの弁護が影響しなかったとも思えません。

 日本も他人事ではない
 さて、このようなある種一般的な論理構造から逸脱するような理屈によって性犯罪を解釈するという司法のありようは、当然日本においても他人事でなく、理解に苦しむ判決というのは往々にして見られます。
 このような判決がみられるのは、言うまでもなく司法にかかわる人々、男性も女性もが性犯罪についてあまりにも知らないためでしょう。そのようなことを示唆するツイートがTLに回ってきました。
 この弁護士氏の主張は、「下着も合意の推認材料になりうる」ということですが、具体的にどのような状況ならそう言えるのかがさっぱりわかりません。ツイートを読む限り、例えば知っている男性とデートの時ならば合意を推認するというらしいのですが、しかし上述のように、いざセックスをしようという時に気が変わってやっぱり嫌だということになる場合も往々にして想定し得るので、やはり下着が推認材料になるというのは無理のある議論でしょう。

 もしかすると司法関係者の界隈では、いったんそれっぽく仄めかした性的な合意は後でどうあっても撤回できない契約書のように思われているのかもしれませんが。
 そういえばかつて、被害者が処女かどうかが証言の信頼性に関係すると主張してはばからなかった元検事もいましたし(『「強姦被害者が処女かどうかは捜査に必要な情報」という主張』参照)、司法では一般社会の常識が通じないのかもしれません。怖いですね。