見た瞬間叫びました。Fuck!と。

 この問題点は、Twitter JapanというSNS運営にかかわる組織が、日本青年会議所(JC)という、
 1. 反社会的な側面の強い
 2.ネトウヨ・極右的な思想を持つ
 3.実質的な特定政党の支持母体であり
 かつ
 4.メディアリテラシーの素人集団
 を公認して「メディアリテラシーを広める」という、見当違いの間抜けなふるまいです。順にみていきましょう。

 1.JCは反社会的な側面の強い組織である
 これはもう言い切ってもいいのではないかと思います。根拠は数多ありますが、ここでは彼らが起こした事件を2件挙げておきましょう。

 1つは、Wikipediaなどでは旭川女体盛事件と呼称されている事件です。この事件では98年2月に、未成年の女性コンパニオンを使って女体盛を行い、関係者が逮捕されています。
 昔の事件であると言われるかもしれませんが、ネット上で告発されている振る舞いを見ると、改善されてはいないのでしょう。

 もう1つは八尾JC傷害致死事件と呼ばれる事件です。06年10月に八尾JCで発生した事件で、端的にまとめると「悪ふざけで寝ていた新入会員にウォッカをかけて火をつけ殺した」というものです。こう書くと「あくまで極端な事例ではないか」と思われるかもしれませんが、裁判では弁護側が「ライターで体毛を焦がす行為は以前から座興として行われていた」旨の主張をしており、組織としての野蛮さは否定できません。また事件当時、八尾JCの幹事は証拠隠滅を指示して逮捕されていますから、組織の体質が引き起こした事件と言うべきでしょう。

 つまり、これらの事件からわかる通り、JCは性差別的で野蛮な集団であるといえます。このような集団を公認するということが、SNSの運営の振る舞いとして適当とは思えません。どんなSNSだって、暴力団のアカウントに公認マークはつけないでしょう。

 2.JCはネトウヨ・極右的な思想を持つ
 私は保守や右翼とネトウヨ・極右との区別はつけません。まったく同じものだと考えているからです。ですがそれをさておき、一般的な用法で理解するとしても、JCの思想信条はネトウヨ・極右と表現するのがふさわしいでしょう。

 このことを端的に示しているのが、JCが示したという改憲草案です。これは自民党の改憲草案と似たところが多く、権利を公共の福祉ではなく「公共の利益及び秩序を保つためにこれを利用する責務を負う」などと書いています。

 また、後述する「宇予くん」のつぶやきや活動意図などからも、このことがわかるでしょう。
 このような組織と提携することは、在特会と提携することと大差ありません。

 3.JCは実質的な特定政党(自民党)の支持母体である
 すでに広く知られているところですし、改憲草案の中身を見れば論じるまでもないのですが、JCは実質的に自民党の支持母体、下部組織です。

 朝日新聞が『「宇予くん」で投稿のJCとは 元会頭に麻生氏や鴻池氏』と記事で報じるように、自民党で中心的な役割を果たす議員が会頭を務めたことも少なくありません。そもそも、JCを中心的に構成する「日本人・男性・経営者のドラ息子」という性質は、若年版自民党というべきものでしょう。
 ニューヨーク(CNN Business)  米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は30日、政治広告の掲載を停止すると明らかにした。ドーシーCEOはツイッターへの投稿で、「我々は、全世界で、ツイッターへの政治広告を停止する決断を下した」と述べた。政治広告は獲得されるもので、買われるものではないとしている。
 ツイッター、政治広告を全世界で禁止へ-CNN
 CNNが報じるように、Twitterは「全世界で」政治広告を停止するという方針を示しています。自民党の支持母体であるJCと提携することは、この方針に真っ向から背くことになるでしょう。

 4.メディアリテラシーの素人集団である
 まえ3つの問題が大きすぎてかすんでいますが、JCはそもそもメディアリテラシーの素人であるという問題があります。
 というか、素人以下です。

 まず前述した「宇予くん」ですが、これはもともとJCの運営であることは明かされておらず、いわゆるステマでした。しかし、差別発言や反対の立場の人々への攻撃等見るに堪えない振る舞いから内部告発を招き、そこからJC運営であることが明らかになりました。

 稚拙な「戦略」によって味方からも後ろ弾を打たれて炎上という、リテラシーもへったくれもない結末でした。

 また、Twitter Japanがフォローしてくださいとほざいていた「メディアリテラシー確立委員会」とやらも、当初コロナウイルスに関してデマをばらまいていた高須克弥をRTし、さらに津田大介氏を個人攻撃するツイートもRTしており、公式アカウントとしての振る舞いとは思えません。挙句、炎上したらRTを取り消しフォローも消して取り繕う有様です。メディアリテラシーについて「知らない」以下の愚行でしょう。

 ここまで、主要な問題点をまとめました。しかし、さらに問題なのは、こうした問題あるチンピラまがいを利用して行われることが「正しい情報を見極めよう!」であるということです。次の記事でこの点を論じようと思います。