先日、カジノを一部解禁するIR法案が衆議院を通過し、問題となっています。
 カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」が6日午後の衆院本会議で、自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。慎重論が根強い公明党は自主投票とし、与党内の対応が割れる異例の展開になった。
 カジノ法案、衆院通過 民進など退席、公明自主投票-朝日新聞
 ところで、賭博というのは元来刑法に規定のある犯罪なんですよね。しかし今まで、このブログでは触れたことがありませんでした。なので、今回はその辺をまとめておこうと思います。

 IR法案の問題点
 賭博そのものの話に移る前に、今回通過した法案の問題点をまとめておこうと思います。
 十分に時間をかけて議論すべきものであるにもかかわらず、与野党合意のないなか、わずか6時間の審議で強行採決です。議員立法をこのようなやり方で可決させることは、私の知る限り今までにないことです。いろいろと経緯のあるものを、これだけ数の力で押し切っていくということを強く懸念するものです。
 しかも、法案の中身は極めて問題のあるものだと思っています。
 本来であれば、カジノは刑法の「賭博罪」に該当します。懲役刑です。その賭博罪にあたらない、つまり違法性が阻却(そきゃく)されるということが、どういう中身で違法性が阻却されることが可能になるのかということの議論が全くなされていません。
(中略)
 どうやって違法性を阻却するだけの公益性を担保するか、その本質的な議論もないまま、つまり、違法ではないカジノがあり得るということについて、法案の中に何の担保もせずに、中身の詰めを政府に丸投げしたまま、カジノ法案を出すというのは、極めておかしな話だと思います。
  カジノ法案─これで賭博罪の例外を認めれば、立法府として禍根を残す-岡田かつや  TALK-ABOUT
 とは言っても、その問題点は民進党の岡田氏が簡潔にまとめています。要するに、拙速な委員会・議会運営と中身のなさの2点が問題となっているのです。
 賭博は本来、刑法185条から187条「賭博及び富くじに関する罪」に違反する犯罪です。競馬や宝くじは掛け金の多くが公共事業に使われるという公益性から、ゲームセンターやパチンコは得られる景品が金銭ではないという面からそれぞれ違法性を阻却されているにすぎません。しかし今回の法案では、なぜ違法性が阻却されるか明らかになっていません(6時間で明らかにしろというのが無理な話だけど)。

 ちなみに、カジノ法案への批判に対し、いつものように反論が沸いていますが
・対案がない→法律の体をなしていない法案に反対するのに対案は不要。そもそも「観光立国のためになんか観光地を作らないと」という問題意識を共有しているとも限らない。
・ギャンブル依存症対策が進む→カジノを作らないと進まないというものではない。
・ IR議連を作ったのは民進党→目的が同じだとしても拙速な成立に反対することは論理的に矛盾しない。
・パチンコこそ問題→今はカジノの話をしてるんじゃ。
 と、論の体をなしていません。
 もっとも、カジノを作ったところでそれが観光資源になるとは到底思えません。今更マカオに勝てるわけがないので。

 パチンコはどうなの
 さて、カジノ法案の話題になるとバカの1つ覚えのように「パチンコが云々」と言いたてる人が湧いて出てきます。パチンコが景品を現金にしないために違法性を阻却しているという話は先に述べましたが、現実としてはその景品を換金する店が近くにあり、結局現金を景品としているのと変わりがないという問題があるようです(私はパチンコをやらないのでよくわかりませんが)。
 そういえば昔、パチンコ経験のない某漫画家が毎週パチンコを打ってそれを漫画にするという、パチンコ業界らしきサイト主催の連載企画を読んでいたことがあるのですが、その際も勝ち負けの結果は「〇円」というような表し方をしていました。それを考えると、もはや隠す気がないと言えるのでしょう。
 レイシストに人気のある陰謀論の1つが、在日コリアンがパチンコ業界に多く、故にこのような不正が見逃されるというものです。現在のパチンコ業界に在日コリアンがどの程度関わっているかは不明ですが、歴史的な経緯を見る限り関係があるのは少なからず事実のようです。
 しかし、どのようなメカニズムによるものであれ、パチンコにおける不正が見逃されていることを「在日特権」であるかのように表現するのは少々無理があります。というのも、このような不正がまかり通るためには、司法や行政といった機関がそれを何らかの形で見逃す必要があり、そしてそれらの機関に務める公務員には、原則として日本国籍を有する日本国民しかなれないからです。つまりこれらの問題は、在日コリアンの問題というよりは、概して日本人自身の問題であると表現するほうがより正確なのです。