九段新報

犯罪学オタク、新橋九段によるブログです。 日常の出来事から世間を騒がすニュースまで犯罪学のフィルターを通してみていきます。

NHK

欲しいものリストを公開しています。
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/1CJYO87ZW0UPM?&sort=default
ブログへのカンパも受け付けています。
https://kampa.me/t/qjr
詳しくは以下の記事をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/kudan9/archives/55214570.html

質問箱で匿名の質問を受け付けています。
https://peing.net/ja/kudan9?event=1

【クローズアップ現代+ なぜ起きた?弁護士への大量懲戒請求】差別扇動を「対立を煽る」と表現していいのか

 昨日放送されたクローズアップ現代+『なぜ起きた?弁護士への大量懲戒請求』を録画で見ました。今回はその感想です。

 反省はだれのために
 番組が取り上げたのは、ネットで話題になっていた弁護士への大量懲戒請求です。朝鮮学校への補助金を求める声明を日弁連が出したことに反応しての動きですが、実際には名前から在日コリアンと推定されるだけで声明には関わっていない弁護士、あるいは単に従来からネット右翼に批判的だったというだけの無関係な弁護士へ懲戒請求が扇動されました。
 弁護士の懲戒請求は逐一弁明をしなければならないものであり、大量に送付されればいい加減なものでも対処に時間がとられ損害が発生します。そういう事情もあって、懲戒請求をされた弁護士が逆に請求をした人に和解を求める、さもなくば訴えるという事態になっていました。

 番組ではこのような請求をした人を取材し、その声を聴いていました。中には請求によって数十万円の和解金を払うこととなり、請求をしたことを後悔しているという声もありました。

 しかし、これは番組の取り上げ方の問題でもあるのですが、彼らの「反省」や「後悔」は一様に軽く、せいぜい大金を払う羽目になったことを後悔している程度で、自分の行為が人種差別に加担しているという認識が見られませんでした。

 そもそも、この騒動の発端となった日弁連の声明は、数ある外国人学校のうち朝鮮学校のみが法的根拠もなく補助金の対象から外されているという差別的政策を背景としています。そのような背景の説明なしにこの問題を報じれば「言いたいことはわかるけどやりすぎたよね」程度の認識しかされないでしょう。やり方の程度以前に、主張そのものが差別的であり、懲戒請求者はその差別的な主張が実際の言動として現れたのだと認識しなければいけません。

 ネットの仕組みも一因だけど
 番組では、このような現象が起こる原因として「フィルターバブル」や「エコーチェンバー」といったネットの技術的背景、「脱抑制」や「集団極性」といった心理学的な概念も挙げています。もちろんそのようなものが一因となっていることは間違いありませんが、そのような技術を原因ととらえ、今回の問題をある種価値中立な現象、つまりどんなところにも噴出する現象の一類型とみなすことは妥当でしょうか。

 前述のとおり、今回の問題は差別と密接に関係しています。今回の問題は集団によって意見が過激になったとか抑制が働かなかったというよりは、過激になった先に差別があったとか、抑制が効かなくなる原因が差別だったと考えるべきものです。このような現象が価値中立な現象であれば、理屈の上ではこの現象で傷つく可能性はどんな人にもありますが、実際には傷ついているのは専らマイノリティです。
 先日放送されたNHKドラマ『フェイクニュース』でも、炎上の果てに待っていたのは「反日暴力女記者」という烙印でした。

 煽られているのは「対立」なのか
 またこの番組に限らず、この手の問題を「対立を煽る」と表現する向きがありますが、そのような姿勢にも疑問があります。ここで煽られているのは対立なのでしょうか?

 例えば、ある選挙で候補が二人いて、その勢力の争いにネットが絡んで激化していくという状態ならば「対立を煽る」と表現できるでしょう。しかし実際は、一方の候補が人権を軽視しデマをばらまくという態度をとっていて、もう一方がそれに反発するという状態です。あるいは今回の問題では、人種差別を背景とした運動を起こす側と、それに反対する側という対立構造がありました。

 このような場合、「対立を煽る」といった双方がイデオロギー的に違えど価値的に同等であるかのような表現は適当ではありません。明らかに煽られているのは対立などではなく、差別です。もちろん、差別に反対する側も煽られる中で穏当ではない域に達することはあるでしょうが、しかしその背景にはそもそも差別が煽られているということがあり、それさえなければ対立などというものは起きていないのです。

 今回の番組は、弁護士への大量懲戒という問題を取り上げた点には意義がありましたが、その内容は尻切れトンボともいうべきものでした。公共放送であれば明確に差別を否定する態度を貫いてほしいのですが、今のNHKには過大な望みでしょうか。

『ママたちが非常事態!?』への批判的考察

 TLをさんざん賑わしていたNHKスペシャル『ママたちが非常事態!?』を録画で見てきたので、問題点を洗いざらい列挙しておきたいと思います。

 アフリカ部族を「太古の子育て」と表現する軽率さ
 番組では、アフリカに住む部族の母親たちが互いに子供を預け預かる共同保育という子育てを「太古の子育て」と表現していました。しかしこれには問題があります。
 自分たちの文化を先進的とし、他の文化を遅れているとみなす姿勢は近代の文化人類学によく見られたものです。かつての「未開の民族」「後進国」という表現もそのことをよく示していますが、このような姿勢は文化人類学の中では既に批判しつくされ、今ではみられないものとなっています。
 そもそも自身の文化が進んでいるという根拠はどこにもなく、彼らのような民族が我々と同時に現代を生きているという視点を欠いているからです。彼らは様々な選択の中で我々とは違う道を歩んだだけであり、それは進んでいるとか遅れていると表現できるものではありません。
 また、共同保育が昔ながらの育児であり現代は失われつつあるような主張にも疑わしいものがあります。現に番組ではベビーシッターの利用率を取り上げています。日本では根付いていない文化ですが、欧米では40%近くが利用する国もあるほど一般的なものです。また、受け入れが苛烈な競争になるほどの保育園のようなものは共同保育の典型例だと思えるのですが、一切触れられていません。

 生物的要因を重視する意味
 番組では、育児の不安がエストロゲンの減少にあるであるとか、夫へ暴力的になることをオキシトシンが原因であると述べていました。確かに生物学的な原因も背景にあるのでしょうが、この番組では社会科学的な視点が完全に欠落してしまっています。
 人間の行動における生物学的な要因は、多くの場合環境要因との相互作用ではたらきます。例えば若年男性の攻撃性を説明するテストステロンも、単に多いというだけではなく、面子や名誉を重んじる文化的文脈に置かれることで初めてその効力を発揮します(【書評】女性のいない世界参照)。
 番組でも、授乳しエストロゲンが増加した母親がより攻撃的に振る舞う実験結果や、イライラの強い母親でも状況によってはリラックスする場面があることを示していました。このように、一定の傾向を導く生物学的な要因があったとしても、状況によって反応は変わります。
 社会科学の視点抜きに生物学的な要因を見ることは、それに対して宿命論的な意味づけをしてしまうことに繋がります。つまり、環境を工夫すれば苦痛を軽減できるにも関わらず、母親の体はそういうもので変えようがないんだという理由で改善がなされなくなり、問題解決の足かせになってしまうということが起こり得るのです。
 社会心理学でも、DNAを人々は宿命的で変更不可能な影響をもたらすものと考えていることが示されています。
 母親が苦痛を感じるのは、単に生物学的な要因に留まらず、社会の考え方にあるという指摘は古くからフェミニズムの視点からなされてきました。ベビーシッターが子供を殺害した事件でも、母親をバッシングする人々は大量に出てきましたし、母親にあらゆる責任を押し付ける風潮が母親の苦痛を増大させ、「私って、母親失格?」などと思わせていることは間違いないでしょう(埼玉ベビーシッター事件に思う産経は「新聞」の看板を降ろすべき参照)。
 母親への負担を押し付ける社会保障、思想などへの批判的考察と提案なしに生物学的な要因だけを強調しても、母親は救われません。「エストロゲンを血管にぶち込んだらいいの?」となるのが関の山です。

 それは母性なの?
 番組では、女子大生が育児を一定期間経験すると赤ちゃんの泣く映像を見た時に脳がより活発に動きより赤ちゃんに親しみなどを感じるようになるという研究を示していました。そしてそれを、育児に参加することで母性が目覚めるというように解釈していましたが、これにも問題があります。
 まず、その脳の活性化が「母性」と呼称すべきなのかという問題です。
 母性とは心理学では、子供を無条件に受け入れる愛情の形態とされています。脳に詳しくないので何とも言えないのですが、あの脳の活性化は「子供を無条件に受け入れる愛情」なのでしょうか?単に赤ちゃんへの好感度であるとも考えられますし、それと母性はどのように区別するのかという問題もあります。
 また、その変化が「育児に参加した」ということで導かれたかも不明です。赤ちゃんを多く見たという単純接触効果であるとか、赤ちゃんについて詳しく知ったために不安や恐れが取り除かれたと結果という解釈もあり得ます。
 医学部の先生であれば当然その程度の可能性は考慮に入れ、まさか万が一にも心理学の知見を軽視し対照群を設けていないなどということはあり得ないとは思いますが、少なくとも番組ではそのことはわかりません。
 最後に、それが女性特有であるかのような取り上げ方でしたが、男性でも同じことが起こるという可能性を排除できるものではありません。母性は上述のように愛情の形態であり、母親に限らず誰でも発揮できるものです。であれば、父親にも同様の現象が起こるだろうと予想するのは自然なことですし、種々の「母性愛以外の可能性」も考慮に入れればなおさらです。
 にも関わらず、育児は母親の神聖な仕事であり母親の脳はそのようにできているかのように番組全体で取り上げるのには問題があります。

 結局、全体的にこの番組は「育児は母親がすべき」という信念の強化に都合のいいだけの、あまり問題の解決に役立たないものでした。ママさんプロデューサーが作ったという言い訳がTwitterに流れていましたが、無論そんなものが免罪符になるわけはありません。
 共同保育という育児形態を肯定的に取り上げているにもかかわらずそのように番組の論旨を導けるのはかなり異様なことですが、社会的な視点が欠落していれば当然の結果かもしれません。彼らの考える共同はあくまで母親同士の互助であり、社会が仕組みを整えて育児するという発想はないのかもしれません。

「郵便局の転居届の裏にNHKの加入用紙」に見るデマの話

 なんで騙されるんだよ、が第一印象でした。これの話です。  今回はこれがデマであるということの証明から、デマに騙されないためのコツ。さらにデマ打消しの大変さの話です。

 転居届の下にはNHKの転居届
 私がこんなところで記事を書くはるか前にこのデマを取り上げたまとめがありました。

 郵便局の転居届に隠されたカーボン仕掛けのNHK加入用紙!? -togetter

 しかしこの内容では不十分という方にソースたりうるサイトを見つけてきました。

 郵便物の転送のため郵便局に転居届を出す(転送届NHK質問回答)

 個人がまとめたサイトのようですが、ページの最後の方に写真が載っているので証拠としては充分でしょう。要するに郵便局へ出す転居届を書くついでにNHKへの転居届も出せちゃうという便利アイテムだったわけです。前掲のツイートにあるような加入用紙じゃない上に投函しないと意味がないです。あとまとめでも指摘されていましたがカーボン紙は厚みがあるので気づかないはずはないです。ていうか画像ちゃんと見たら転居届って書いてあんじゃん。

 デマッターにならないための4つのコツ
 ①ツイートしたアカウントを確認
   こんなツイートに騙されないためにすることの第一歩はツイートしたアカウントをよく見てみることです。NHKの件のアカウントをよく見てみるとアイコンに日の丸、プロフには「反日勢力大嫌い」の一文。そして過去のツイートを見た限り完全にネトウヨです。この時点で臭すぎてスピードワゴン状態にならない人は私とは一生話が合わないでしょう。きちんと信頼できるアカウントかどうか確認するべきです。もっとも学者や有名人のアカウントだからといって正しい情報を流すとは限らないというのがやっかいなのですが。
 ②「もし本当だったらどうなるか」 を考える
   例えばこんな不意打ち的な方法で契約が成立するなら詐欺のトレンドになっていないとおかしいはずです。今頃振り込め詐欺対策と同じテンションで「契約書がカーボン紙になってないか確認しましょう!」と呼び掛けられるはずです。いやマジで。
 ③自分の主義主張に都合がいいか考える
   自分に都合がいい情報というのは無批判に受け入れやすくなる傾向があります。ネトウヨのなかではNHKは反日勢力ということになっているらしいですし、あのツイートをRTやふぁぼった人の中にはそんな感じの人もいました(どっちかというとそんな感じじゃない人の方が目立ちますし、そのことの方がよっぽど危惧されるべきだと思いますが)。
 ④もうネットは信じない
   最終的にはこれに尽きると思います。ネットに書いてあることは全部うそくらいの心構えでかかった方がいいでしょう。無論このブログもですよ。いやちゃんと事実を書いてますがね。

 デマの打消しは大変
 例のツイートはこの記事を書いている時点でRT数23000、一方私のデマ否定ツイはRT数100少し。当然フォロワー数に大きな差があり単純に比較できないので、試しにフォロワー数とRT数が正比例すると無理やり仮定します。私のフォロワー数は例のアカウントの10分の1なので私のツイートのRT数を10倍してバランスをとってみたところ1000ちょっと。まだ22000も足りないです。私みたいなツイートをした人があと22人くらいいてようやく互角です。RT数に補正をかける前で考えれば230人…….
 ちなみに先程紹介したまとめはお気に入り数85。ツイートボタンには1473とあったので拡散されてもその程度だということです。 
 こうなるのは当然の結果です。デマの方が刺激があって心地いい情報なので。しかし打ち消す方が苦労して周知してもデマに気づく人はわずか20分の1ちょっと……せめて自身がデマを拡散する醜態をさらさないように気をつけたいものです。
犯罪心理学者(途上)、アマ小説家。カクヨム『アラフォー刑事と犯罪学者』『生徒会の相談役』『車椅子探偵とデスゲームな高校』犯罪学ブログ『九段新報』など。質問はhttps://t.co/jBpEHGhrd9へ
E-mailアドレス
kudan9newbridge@gmail.com
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
アクセスカウンター
  • 累計: