2017年04月29日

3200なら シュヴァルグラン-天皇賞(春)

京都11R 天皇賞(春)
好枠を引き当てたものの、一番人気に支持されそうなキタサンブラック。春天には、「一番人気馬は勝てない」というジンクスがあるんですよね。2強以外の伏兵陣にも役者が揃った感じがしますし、一筋縄では治まりそうにない春天になりそうです。という事で、いつものように予想の切り口からですが、ここは素直に地力重視した予想とさせて頂きました。能力を評価する以下4騎からの軸馬の選択です。キタサンブラック、シュヴァルグラン、ゴールドアクター、サトノダイヤモンド 本命はシュヴァルグランです。3200mの適性なら、この馬が一番じゃないかなと思い評価してみました。昨年春天の敗戦が余程悔しかったのか、前哨戦から今週の攻め馬まで、完全に春天を意識したアクションでしたしね。今年はやってやるという意気込みを強く感じています。これならばキタサンさえ交わすことが出来れば、後続は完封できるんじゃないでしょうか。ハードトレの成果が楽しみです。相手は、そのキタサンブラックです。サブちゃん突然の「キタサンブラック引退撤回宣言」は、単なるオーナーの気まぐれではなく、この馬がまだまだ成長途上にあることの表れなんだと思います。その証拠に、今年に入ってからのスキルアップが凄いですからね。私的には1歳年下ぐらいの感覚でいます。ここもこの馬を交わすのは容易ではないでしょうが、過去のレース内容から、適性距離は2000~2400ぐらいかなとも思えますので、評価は一段下げてみました。以下、逆転候補として横典に乗り替わったゴールドアクター。穴馬はシュヴァルグランが走る流れになった時のアルバート。同馬の突込みは警戒しておきたいですね。

シュヴァルグラン=今年こそ。
キタサンブラック=まだまだ強くなりそう。
▲ゴールドアクター=長距離戦の横典は不気味。

△ラブラドライト、アルバート、アドマイヤデウス、サトノダイヤモンド



◇あなたは、日刊スポーツ新聞社運営の
競馬情報サイトがあるのをご存知ですか?


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」
極ウマ
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツが満載!
⇒池江泰寿調教師が管理馬を中心に競馬を語る「今週の池江厩舎」
⇒レース動画分析「次は馬かせろ」「穴は馬かせろ」
⇒人気のコンピ指数がレース前夜に読める!
⇒東西メーンレースのパドック速報を掲載中!
⇒南関競馬出走表、コンピ指数も掲載中です

レース前日の午後7時から新聞掲載と同じ記者の予想印入り出馬表をPDFで見ることができ、 人気のコンピ指数も同時間帯に掲載しています。

もちろん、サイト1番の人気コンテンツは「コンピ指数」です!
これは、日刊スポーツの競馬データベースの過去データと、追い切り結果、レースの格、 レースのメンバー、騎手などの要素を組み合わせ数値化したもので、得点が多いほど能力が高い馬だという証になります。

このコンピ指数を元にした投機的な目的で馬券を買う方が多数いますので、まさに、このサイトのキラーコンテンツという訳なんですね。

他にも、前走動画を元に予想するコーナーやG1や新馬戦など注目される レースの過去動画をまとめたページもあり、このサイトの一つの特徴となっています。



「"勝ち組"になれる最短距離データ」を是非ご体験頂ければ・・・

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
新聞掲載と同じ出走表などコンテンツ満載!



依って件の如し
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
週末の幸運をお祈り致します

kudannogotoshi at 11:01│TrackBack(0)G1 | 今週の見解

トラックバックURL