※前回の項を参照下さい

相手の伏せがミラーフォースだと解かれば
フォトン・スラッシャーとアナザーネオスでキングレムリンエクシーズ、カメンレオンサーチ、アタックはせず次のターン爬虫類サーチetc...

このように最大限の得をする事が出来ます
ただ伏せが置かれただけの1ターン目では推測のしようがありませんが
いくつかの情報を得て、不明なカードの予測を付ける事が出来ます。


1T 相手が伏せを2枚置く
2T こちらがフォトン・スラッシャーを召喚。これに相手が奈落の落とし穴を発動
3T 相手がイエロー・ガジェットを召喚しグリーン・ガジェットを回収。伏せを1枚追加
4T こちらがE・HEROエアーマンを召喚。これに相手が新しくセットした激流葬を発動
5T 相手がグリーンガジェットを召喚し二重召喚を発動。ギアギガントXをエクシーズ。ブリキンギョをサーチ、伏せを1枚追加
6T サイクロンでこれを破壊してみると強制脱出装置

ここまでの相手の行動を踏まえ、最初のターンに伏せられた不明な1枚。
これを推理する為の要素を考えてみましょう。

3Tに相手は二重召喚でのエクシーズ召喚を行っています。
このアクションを2Tに行わなかった事から、このターンに二重召喚をドローした。という予測が建てられます。
つまり二重召喚を引くまでの1,2Tは相手の手札にこちらのモンスターを処理する方法が無く、
ガジェットを守ってエクシーズを狙う必要があった。

Bの視点に立ってみましょう
1T 奈落の落とし穴+Xをセット 
2T フォトンスラッシャーが召喚された。これを奈落で処理
3T ガジェットを召喚し激流葬をセット。脱出装置は伏せず
4T エアーマンが召喚された。Xでは無く激流葬を発動
5T 二重召喚を引いたのでエクシーズし脱出装置をセット。。。

可能性の低い伏せを消去法で考えます。

リビングデットの呼び声→3Tに発動しエクシーズを狙う事や、エアーマンをエクシーズで処理すれば激流葬を使わずに済む為、そのタイミングで発動されている可能性が高い

次元幽閉・ミラーフォース→4T、自分のガジェットを巻き込む激流葬より攻撃反応罠で守った方がエクシーズに繋がる為、優先して発動すべき。

神の警告、2枚目の奈落→エアーマンに発動されている可能性が高い

このようにいくつかの予測がつきますね。 考えられる伏せカードは サイクロン、神の宣告、2枚目の激流葬、強制脱出装置…etc

昨今はブレイクスルースキルや禁じられた系等、伏せられるカードの種類も多く、
完全に伏せを読むことは難しいですが

破壊耐性持ちのモンスターや召喚時誘発のヴェルズビュート等
ある程度の罠を無視出来る展開も多いので、急所となる汎用罠の目処をつけるだけでも有利になる場面が多いでしょう。

前項のおさらい
アドバンテージとは=枚数有利
アドバンテージで有利になる=ゲーム進行のあらゆる面で有利になる


今回のテーマは 「同じ1-1交換でも展開によって意味は異なる」

プレイヤーAのフォトン・スラッシャーがプレイヤーBの聖なるバリアーミラーフォースで破壊される

プレイヤーAのフォトン・スラッシャーとE-HEROアナザーネオスでキング・グレムリンをエクシーズ召喚し、カメンレオンをサーチ、その後攻撃しプレイヤーBの聖なるバリアーミラーフォースで破壊される

この二例はどちらも結果から見れば1-1交換ですが、仮にプレイヤーAのアクションが妨害を受けずに通った場合。

のリターン
フォトン・スラッシャー1枚で2100ダメージを与える

のリターン
2枚のカードを1枚に変換しカメンレオンをサーチ、2300ダメージを与え、次のターン爬虫類をサーチ

使うカードが多い分の展開の方が得られるリターンは大きいですが、プレイヤーBの伏せがミラーフォースでは無く強制脱出装置や奈落の落とし穴、激流葬だった場合は2-1交換となるリスクも抱えています。

次のターンカメンレオン1枚からエクシーズ・シンクロを狙う事が出来るので、同じ1-1交換でもの展開の方が得をしているようにも見えますね。

のように2-1交換の損をしないようにアタックを試みるか
のようにアドバンテージの獲得を狙うか、

正しい選択をする事が出来ればゲームが有利になります。
ここまでが基本となるアドバンテージ概念です。

ゲームの基本は損をしない事。アドバンテージ概念

「アドバンテージ」とは解りやすく言えば枚数有利です。

自分の手札と場のカード合わせて5枚。
相手の手札と場のカード6枚。
アドバンテージは5対6。アド差は1となります。

アドバンテージで勝っている側
使えるカード枚数が多い側が
ゲーム進行のあらゆる面で有利となります。

※「ライフアドバンテージ」「情報アドバンテージ」「テンポアドバンテージ」といった言葉もありますが、当ブログのアドバンテージ概念ではこれらは含めず、別の項として解説させて頂きます。

①フォトン・スラッシャーとE-HEROアナザーネオスでエクシーズ召喚したNo39.希望皇ホープが聖なるバリアーミラーフォースで破壊される

②フォトン・スラッシャーとE-HEROアナザーネオスの2体が聖なるバリアーミラーフォースで破壊される

これはどちらも2枚のカードを1枚の罠で失っていますね。
解りやすく損をしていると言えます。

①フォトン・スラッシャーが聖なるバリアーミラーフォースで破壊される

②フォトン・スラッシャーとE-HEROアナザーネオスでキング・グレムリンをエクシーズ召喚し、カメンレオンをサーチ、その後攻撃し聖なるバリアーミラーフォースで破壊される

この2例はどちらも1-1交換です。お互いに1枚のカードを失っています。

しかし、結果的には同じ1-1交換ではあっても
展開によって意味は異なります。

具体的にどのように異なるのか?
アドバンテージ得をする展開とはなにか?

次の項で解説していきます。

↑このページのトップヘ