60代女性の患者さんが腰痛で来院されました。

病院で検査をしたところ「骨がすり減って背骨の間隔が狭くなっている」と言われたそうです。
他に膝痛もあるようで、こちらも病院で「軟骨がすり減っている。O脚が原因です」と言われていました。

で、実際に膝を見ると・・・・・

全くO脚じゃないんですけど
むしろまっすぐキレイです。

「お医者さんにはズボンを上げて膝を見せなかったけどね~」
う~む。何を見てO脚と言ったのか謎です。

きっと教科書的に膝痛=O脚と単純に考えたのでしょう。確かにO脚は将来的に膝痛に繋がる可能性は高いですが、他にも原因は様々です。

膝自体を確認もしないでO脚と決めつけるなんていい加減ですな。



ところでO脚は治るのでしょうか?

O脚は先天的なものでなければ治ります(頑張って時間をかければ先天的でも治ると思います)。
そもそも何でO脚になるかと言うと、O脚になるような生活習慣をしているからです。女の子がよくするトンビ座りなどは、自ら‘O脚になるように矯正している’ようなものです。

逆に言うと、生活習慣を改善し姿勢や立ち方を見直し必要なエクササイズを行うとO脚は治っていきます。
カイロプラクティックや整体での施術は、クセがついている筋肉や関節を緩め矯正し、個々に応じたエクササイズやストレッチを見極め指導する事です。

施術だけでO脚は治りません。エクササイズやストレッチが重要になります。患者さん自身に努力していただかないといけないのです。


O脚は見た目を気にする方が多いですが、それだけではなく将来的に膝痛の原因になります。
年配の方の腫れあがった膝を見た事があるでしょうか?。街で杖を突いて歩いている方の多くは膝か股関節が痛い為です。

普通に歩くだけで痛い。膝の曲げ伸ばしもできない。
これは相当辛い事です。

そうならない為にも、早めに治しておくことが大切です。


秦野市の整体院・工藤カイロプラクティック